びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

ツレがうつになりまして。

細川貂々の『ツレがうつになりまして。』を読んだ。

妻が読んでいたので、ついでに俺も読んでみた。
あんまりキョーミはなかったんだが。
思っていたほど暗い内容ではなく、楽しく読めた。
何度か、俺が声に出して笑っていたら、妻に「えっ?ソレって、笑える本!?」と訊かれた。

内容はタイトル通り…
作者=細川貂々のご主人が鬱病になり、夫婦2人の闘病生活が綴られている。

よく、お笑いの人たちは、自身の不幸や悲惨な体験をネタにして、
「マイナスをプラスに昇華する」と言うが…
細川貂々が、常に自分を見失うコトなく、作家としての客観的な眼で闘病生活を観察し、
笑いに昇華してゆく姿が素晴らしいと思った。
宇宙カゼ……
おそるべし
d0012442_2295584.jpg
ツレがうつになりまして。

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-08-09 09:58 | コミック