びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

あなたの人生の物語

テッド・チャンの『あなたの人生の物語』を読んだ。

テッド・チャンとゆー人は、非常に寡作な作家で、この本に収録された8つの短編が、発表された作品の全てらしい。
しかも!
デヴュー作で、いきなりネビュラ賞を最年少記録で受賞し、
さらに、そのわずか8作で…
ネビュラ賞を3回、
ヒューゴー賞を5回、
ローカス賞を6回、
スタージョン賞を1回、
星雲賞を1回も受賞しているのだ!!

非常にクレバーで技巧的な作家だ。
「物理学の定理を文学に変換する」とゆー離れ業を行なっている。
ボルヘスとか、カルヴィーノを連想させる。
まぁ、たしかにスゴいとは思うんだが…
こーゆうのは、イマイチ、俺の好みじゃね~かも?
サルトルに触発された作品もあるみてーだが…
コレだったら、サルトルの方がイイし。
何つーか…カタイのだ。
ガチガチにカタイ。
俺は、もっとヤワラカい方が好きだ。
個人的には、
ラファティじーさんとか、
ヴォネガットとかの方がイイぜぇ~。
「アタマで書く」タイプの作家より、
語り部タイプの作家の方が好きなのだ。
ま、カンゼンに好みの話だが。

が…
「七十二文字」と「地獄とは神の不在なり」は、かなり面白かった。
世界観を構築するのが非常に上手い作家だ。
惜しい。
マジで、惜しい!
もっとふくらませて、ばっちりテーマを組み込んで、長編として仕上げれば、間違いなく不朽の名作になっていただろーに…!!
このままじゃ、何つーか…
「習作止まり」っつーか、
「アイデア」止まりっつーか、
「作品以前」っつーか…
この本を読んでると…まるで偉大な画家の素描を眺めているよーな気分にさせられる。
あー勿体ねぇ~。
d0012442_16102674.jpg
あなたの人生の物語

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-12-05 10:19 | 文学