びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

ノディエ幻想短篇集

シャルル・ノディエ著『ノディエ幻想短篇集』を読んだ。

実をゆーと、炉辺話ってコトで…かなり期待してたんだが…
想像と違って、ちょっとザンネンだった。
あまりにも文体が独特で、異常に修飾の多い語り口に苦しめられた。
『マルドロールの歌』を思い出しちまったぜぇ~。

「ベアトリックス尼伝説」は、比較的、読みやすかった。
何だか、『アデルの恋の物語』みてーなカンジだったが。
キリスト教の教訓話?って気もするが。

ハイクラウンチョコみてーな挿絵が、なかなかいいカンジだった。
トニー・ジョアノとゆー人らしい。
d0012442_10583565.jpg
ノディエ幻想短篇集

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-12-13 11:02 | 文学