びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

グラン・ヴァカンス

飛浩隆著『廃園の天使 1 グラン・ヴァカンス』を読んだ。

3部作の1作目らしーけど…
作者曰く「おそらく三つの長編といくつかの中短編で構成されることになるような気が、なんとなくしないでもない(笑)」とゆーコトなので、最終的に何冊になるか?は、現時点では不明だ。
つまり、便宜的に「3部作」と称しているだけのよーだ。
ちなみに、バラードの『ヴァーミリオン・サンズ』とゆー作品に類似しているらしい。
俺は読んだコトねーけど。


飛浩隆とゆー人は、非常に遅筆家で…
ナント、150枚の中編の執筆に4年の月日を要し、
更に、この作品の完成までに10年もかかっているので…
この「3部作」の完結は、果たしていつになるのか?よくわかんねーし。

1000年の夏休み…
夏の区界…
数値海岸(コスタ・デル・ヌメロ)…
ヴァーチャルリアリティの仮想リゾートに住むAIたちの物語。
登場人物は、全員AIだ。
「滅びゆく世界を描いた美しい作品」とゆー評判を聞いて、読んでみたんだが…

よーするに…
この作品は、「美しい砂の城を作って、壊す」行為に等しい。
確かに「美しい砂の城」の部分は良かったんだが…
中盤~ラストにかけての「破壊」の部分の描き方が、ちょっと…
ヘンタイっぽい、っつーか、
SMっぽいっつーか…
好きになれねぇ~。
「残酷」でも、別に構わねーと思う。
が、あえてソコに性的な要素を入れる必要があるんだろーか?
ごく単純に、「暴力」だけで充分だったんじゃねーのか?
「苦痛」と「快楽」とゆー概念を持ち込んだために、何だか、すっげぇ~アブノーマルな世界になっちまってる。
ハッキリ言って、キモチ悪いっス。
そーゆうのがやりたいんだったら、もっと、そーゆう風に特化すれば良いと思うし。
バーカーみたいに。
何か…
やってるコトが中途半端で、何がやりてーのか?よくわかんねー作品だった。
百曲を聴きながら百冊を読み、同時に百皿の料理と一匹の蜘蛛(うええ)を味わう。
d0012442_23483276.jpg
グラン・ヴァカンス 廃園の天使〈1〉

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-01-04 21:33 | 文学