びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記

おーなり由子絵と文
『ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記』を読めなかった。

パス!
パスパスパス!!
無理無理無理無理!!!!
「今日は何の日…」とか、
「何があった」とか、
「どう思った」とか…
ソレが1年分。
よーするに、「1年日記」だ。

おーなり由子って人は、マジメな人なんだろーなぁ、たぶん。
俺みてーないーかげんなヤツじゃなく、マジメな人だったら、
「毎日、その日の分を読んでます」とか言っちゃって、1年かけて読んだりするんだろーけど、
俺には無理だから!
他人の日記を読むくらいなら、自分の日記を書くっつーの。

にしても…
この人の本は、「善意の結晶」みてーなのばっかだよなー。
不純物が一切、ねぇ~。
「純度100パーセントの善意」。
こーゆうのって…
俺みてーな邪悪な人間にゃ~、逆に「純度100パーセントの毒」みてーなモンなんだよな~。
こんなの読まされたら、死んじゃうぜ~。
イチコロだー。
d0012442_753125.jpg
ひらがな暦 三六六日の絵ことば歳時記

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-05-19 21:55 | 文学