びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

『インディ・ジョーンズ5』!?

えっ!?
まだやる気なんスか~?
スリーアミーゴス…
じゃなかった、ジョージ・ルーカス+スティーヴン・スピルバーグ+ハリソン・フォードのジジイ3人衆。
懲りねぇヤツらだな~。

『4』は、マジでヒドかったよなー。
とんでもなく、陳腐だった。
こんなの考えんのに、何年もかけてんじゃね~よ!みたいな。
1秒で充分…てか、「こんなの、考えなくても書けるだろ!?」って程度だった。
ま、『3』はもっとつまんなかったけど!

また『5』をやるってコトは、
『4』を失敗だったって思ってねーってコトか?
『4』は、興行的には失敗したワケじゃなかったからなー。

今回は、バミューダトライアングルを題材にするってウワサだが…
古っ!!
そのテーマ…
コケ生えてますけど~?
逆に、熟成されて食べ頃だ、とか~?

ルーカス、クビ!
スピルバーグ、クビ!
ハリソン・フォードもクビ!
で、J・J・エイブラムスにリメイクしてもらえよ。
それが正解だと思う。
つーか、すでに『フリンジ』で充分かも!?

もー充分、蛇足は見させてもらったから!
これ以上、蛇に足つけたら、ムカデみてーになっちゃうぜ~。
シャイア・ラブーフは、「『4』は駄作」と公言してたから、降板かなー?
降板の方がイイなー。ウザいから。
『インディ・ジョーンズ』は、インディの映画でいーんだから。
ジジイもガキも不要なのだ。
それよか、キャリスタ出せよ。今度こそ!

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-06-12 11:04 | ゴシップ/新作情報