びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

詩集 孔雀のパイ

ウォルター・デ・ラ・メア著『詩集 孔雀のパイ』を読んだ。

カラーインクで印刷してあったり、
挿絵も多く、非常に凝った作りの本なんだが…
ザンネンながら、俺にはよくわからなかった。
ど~も、こーゆう、マザーグースみてーな牧歌的なのは、理解出来ねぇ~。
たぶん、趣味のいい本なんだろーけど。
やっぱ、俺には、デ・ラ・メアは小説の方がイイや~。
d0012442_9481820.jpg
孔雀のパイ

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-06-13 01:15 | 文学