びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

はじめの一歩

げ!!!!!

とんでもねー長ぇ~前振りが終わり、よーやく試合が始まった。
…が!!
いきなりカウンターかよ!?
しかも、あの角度はヤバいって~。
マジで、リアルならあの一発で、試合終了だぜっ。
アレは、ぜっっってぇ~立てねぇ~~~。

でも…
たぶん、立つんだろーな~。一歩は。
マンガだから。
「この日ために、首を鍛えて来た!」とか言って。
たしかに、ヒットしたのも顎じゃねぇ~し。
あるいは、一歩の首がねじキレそーになってるのも、
結果的に、脳の揺れを最小限に抑えてんのかも知れねー。
伊達がやってた首ひねりみてーなカンジで。
でもなー、この作品…
いつか、どっかで「転調」しなきゃなんねーんだよな~。
俺の頭ン中では、もーずっと先までストーリーは進んでいるのだ。
基本的に、この話は「一歩が世界チャンピオンになる」とゆー物語だ。
つまり、最終的には、と~ぜん世界チャンピオンに挑戦し、勝ってベルトを巻くワケだ。
最後のヤマ場は、ソレでキマリだが、
問題はそれまでの過程だ。
当初の設定では、一歩のライバルは宮田くんだった。
が…
ストーリーは、微妙にズレつつある。
もう、ひょっとすると一歩は、宮田くんと対戦するコトは、永遠にないかも知れねー。
板垣くんが宮田くんと対戦してしまい、勝って、さらに一歩への挑戦者となる可能性が高い。
それと同時に、鷹村の網膜剥離が作品に暗い影を投げかけるだろう。
ボクサーの理想と現実。
ヒーローの光と影。
栄光と挫折。
もしかすると、鷹村は、死んでしまうかも知れねぇ~。
良くても失明、再起不能。
そして一歩は、宮田くんへの思いと鷹村の夢を背負って戦い続けるのだ…!!

[PR]
by inugami_kyousuke | 2011-06-02 23:21 | コミック