びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

ジョジョリオン

俺「そーいえばよー、『ジョジョ(の奇妙な冒険)』がさ~」(←珍しく、スゲー興奮中)
友人「ん゛~?」(←生返事。あからさまにキョーミなし)
俺「第7部の『スティール・ボール・ラン』が完結したと思ったら、いきなり次の号から第8部『ジョジョリオン』が連載開始してんだよー」(←もーノリノリ。相手が興味あろーが無かろーがカンケーなし)
友人「ふーん。それがー?」(←全くキョーミなし。いちおー義理だけで聞いてやってるカンジ)
俺「第4部の舞台だったS市杜王町…つまり、宮城県仙台市の架空都市=杜王町が第8部の舞台になるらしいぜ~」
友人「へー」
俺「しかもだ!2011年の、震災後の世界を描くらしい!!」
友人「えっ?何それ?ひょっとして、ネタですか~!?みたいな」
俺「ネタだと?そんなんじゃねぇ~よ!!」
友人「話題になって、ちょうどいい宣伝になる、って計算なんじゃないのー?」
俺「ちげーよ!ぜっっってぇ~、そんなんじゃねぇ~って!!荒木は、断じてそんなあさましい人物じゃあねえ!!」
友人「わかんないだろ?貧すれば鈍す…って言うからなー。、売れなくなれば、人間なんて、何でもやるからなー」
俺「それはない。荒木に限って、それはぜってぇ~、ないね!」
友人「だから、そんなのわかんないだろ?って…」
俺「ないんだよ。わかってんだよ。なぜなら!仙台は荒木の故郷だから!!実は、『広瀬川ホームページ』っつーサイトで公開さえてる2010年11月の荒木のインタビューを読んだんだが…第4部で仙台を舞台にするにあたって、なぜ杜王町とゆー架空都市にしたか?ってゆーと…『絶対に仙台にご迷惑をかけたくなかったから』って答えてんだよ。『自分が描く話は、人殺しをテーマにしたような物語だから』って。そんな男が!震災を食い物にするよーな、そんな下劣な作品を描くハズがねぇ~~~!!それに、ついでに言っとくと、荒木は売れなくなってもいねーし!!」
友人「そっ、そっか…」(←かなり引き気味。今やヤバいものでも見るよーな目で俺を見てる)
俺「だからよー、今回の『ジョジョ』第8部は、ある意味、荒木からの被災地へのエールだと思うんだよー。元々、『ジョジョ』って物語は、『人間賛歌』がテーマだから」
友人「………」(←ヘタに反論して、これ以上刺激しない方が良い、と判断したらしい)

ちなみに…
『広瀬川インタビュー』は、個人的には非常に面白かった。
杜王町の地理的なイメージは「宮城県の松島の北、東松島市のあたり」、
また、ベッドタウンとしての街のイメージは「泉市=仙台市泉区、宮城野区鶴ヶ谷ニュータウン」だったそーだ。
もー1コ、
かなりショックだったのは、
広瀬康一のネーミングは、俺は、てっきり広瀬香美だとばっか思ってたんだが、
広瀬川とゆー川の名前に由来してた、っつーのを初めて知った。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2011-06-05 12:09 | 日々のうたかた