びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

はじめの一歩

一歩に続いて鷹村までも!!
1発KO決着かよ?
にしても…
短か過ぎるぜー。
あ゛~~~、もっとじっくり試合が読みてぇよ~。
ンなコトより…
鷹村の目が!
いつの間にか、オッドアイみてーになってんじゃねーかよ!?
試合後も、ミョ~にサングラスとかしちゃってるし…
やっぱ、網膜剥離なのか?
もう始まっちまったのか?
今回の鷹村のブサイクな試合は、コミカルに描かれてはいたものの…
パンチが当たらなかったのは、やはり視力のせいなのだろう。
鷹村の引退へのカウントダウンが始まった。

飛蚊症…
鷹村の目から見た世界が、その内、描かれるだろーが…
かなりスゴそーだな~。
蚊の嵐みてーなカンジだろーか?
しかも片目!
人間は、2つの目があるからこそ立体視が可能なワケで、
片目の場合、「距離感がつかめなくなる」とゆーのが通説だが…
やっぱ、片目とゆーハンデは、ボクサーにとっては、致命的だよな~。
歴史上の人物では、柳生十兵衛とか、伊達政宗とか、森の石松とか…
隻眼の戦士が散見されるが、実際はどーだったのか?
特に、隻眼での剣術なんてのは、ちょっと想像を超えてるんだが…
単に「距離感がない」だけでなく、
見えない方の目の側が、完全な「死角」となってしまうからだ。
鷹村は、「独眼竜」ならぬ「独眼鷹」となり得るのだろーか?
いずれにせよ、悲壮な道となるコトだけは、間違いねぇ~。
見届けねば…
最後まで。
鷹村の生きざまを。

[PR]
by inugami_kyousuke | 2011-07-16 03:03 | コミック