びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

『ハウルの動く城』、ニューヨーク映画批評家協会賞を受賞!!

宮崎駿の『ハウルの動く城』がニューヨーク映画批評家協会賞を受賞した。
同賞の受賞作品は、過去、非常に高い確率でアカデミー賞を受賞しているので、『ハウルの動く城』がアカデミー賞を受賞する可能性は高い。
このニュースを聞いた時は、耳を疑った。
が、よくよく考えてみると、対抗馬があまりいなかったようだ。
『チキン・リトル』『マダガスカル』『ウォレスとグルミット』『コープス・ブライド』…
ちょうど同時期にピクサー作品が公開されていなかったのはラッキーだった。
少なくとも『ハウル』では、ピクサーには勝てないだろう。
それにしても…一体、ドコをどう評価して受賞に至ったのか…摩訶不思議としか言えない。
唯一、考えられるのは、「キャラクターが評価された」とゆーコトだが…
ストーリー的に非常に問題をかかえたこの作品に賞を与えるのは、正直、どーかと思う。
他にいい作品がなかったんなら、「該当作品なし」でいいと思うんだが…。
まぁ、「受賞した」コト自体は喜ばしいコトだとは思うんだが…。
それに、アカデミー賞を受賞しても、宮崎翁は、また受賞式をサボるんだろーな~…?
欲しくないなら、辞退すればいーのに~!
「もらうだけもらって欠席」ってのもなぁ~。
今回は2回目だし…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-12-15 00:32 | ゴシップ/新作情報