びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

アメコミ原作映画の今後!?

『スパイダーマン3』、『X‐メン3』、『バットマン』、『スーパーマン』…といった定番シリーズの続編はもちろん、
『ハルク2』、『パニッシャー2』、『シン・シティ2』、『ファンタスティックフォー2』もラインナップされており、アメコミ原作映画流行りは当分続きそうだ。
ニコラス・ケイジの『ゴースト・ライダー』はストップしてしまったみたいだが、
『X‐メン』からのスピンオフ=『ウルヴァリン』、『フラッシュ・ゴードン』のリメイク、『ウィッチブレイド』、ナタリー・ポートマン主演の『Vフォー・ヴェンデッタ』(ポートマンがシンニード・オコーナーみたいなハゲになってたのは、この作品の為だったのか!?)、
更には、かのヒューゴー賞を受賞した唯一のコミックであり、「コミックを芸術の域にまで高めた」という『ウォッチメン』の企画も…
また『X‐メン』には、「エイジ・オブ・アポカリプス」というクロスオーバー・イベントが控えている。
バットマンには、アメコミの金字塔とも言える『バットマン/ダークナイトリターンズ』が手付かずのままだし…!
『スーパーマンの最期』や、『スーパーマンvsバットマン』なんてのもある!!
かなりのハイペースでそれぞれの作品が映画化されているので、極めて近い将来、飽和状態になるコトは目に見えている。
…とすると、当然、その次に来るのはクロスオーバーイベントしかあるまい。
楽しみだな~
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-02-11 14:03 | ゴシップ/新作情報