びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

はじめの一歩

●宮田くん…やっぱ、引退なのか…
寂しいなぁ~。
よそ見して油断したのが原因で骨折→引退、ってのも、アホっぽい話だけど…
「宿命のライバル」を、あえて戦わせないコトによって、2人の戦いを永遠のものとする…
とゆーのは、狩撫麻礼+谷口ジローの『ナックルウォーズ』や『青の戦士』で採った手法だが、『ロミオとジュリエット』が、死によって2人の愛を永遠としたのと同じ方法論である。
それにしても、宮田くんは、ボクサーになることだけを考えて生きて来た人だ。
この先、何を目標に生きてゆくのだろうか?
一歩戦はともかく、板垣戦は見られると思って、楽しみにしていたのに…
残念でならない。
とは言っても、宮田くんがあっさりボクシングから手を引けるとも思えないから、おそらくコーチとして、板垣くんに付いたりするんじゃないだろうか?
宮田パパもいるコトだし…「チーム板垣」の誕生か?
今後、ドラマ的には、板垣が鴨川ジムを離れ、青木や木村の引退もありそうだし、
何よりも、鷹村の身に何か起こりそうな予感がする。
リアルさも大切だと思うけど、この作品の(とゆーより、むしろ一歩のキャラクターの)持ち味である「明るさ」が、あまり損なわれないといいが…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-02-18 17:43 | コミック