びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

キングダム・ホスピタル1~3(TVドラマ)

【5点】

●デンマークのTV作品(こっちの監督は、なんとあの『ダンサー・イン・ ザ・ダーク』『ドッグヴィル』のラース・フォン・トリアーである!)のパクリかと思ったら、フツーにリメイクだった。やっぱ、いつも通りスティーヴン・キング作品は、、ホラーなのにちっともコワくない。ごくフツー。…って、キングはソレでいいのだ。つーか、たぶん、ソコがいいのだ。毎回、文句を言いながら、また次も見てしまうのである。4~6巻が出たら、結局全部、見てしまうんだるなぁ~と思う。フシギだ…
●デンマーク作品のどろどろした不気味さは一掃され、逆に透明感のあるハイセンスな映像に生まれ変わっている。(特に、冒頭のテーマ曲のビデオクリップのような映像は秀逸!)が、オリジナルは特にストーリーもなく、その不気味さだけがウリだったので、それを失くしてしまうと、この作品には何も残らない。ソコを上手く、しゃべるアリクイと一見するだけでギョッとする扮装の謎の少女というキャラクターだけで引っ張ってゆくのは見事、というか流石である。
●何か、最初の主題歌の部分がなぜかムショ~に好きなのである。自分でも理由はわからないが、クライヴ・バーカーの『ダムネーション・ゲーム』を想い出すのである。コレって、本編とは何の関係もないのだが、映像も音楽も美しく、クセになりそうだ!そーいえばツインピークスの時も、あのネットリとした麻薬的なテーマ曲にヤラレたんだったっけ…。TVシリーズにとっては、コレもまた、大切な要素の一つなんじゃないかと思う。(ちなみに、メインテーマはIVYの「Worry About You」という曲らしい)
d0012442_9591768.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-01-03 19:58 | 地獄行き(それ以下)