びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

死霊伝説

【0.1点】

スティーヴン・キング原作作品。
原題は『セイラムズ・ロット』…
キングが創造した、呪われた架空の町の名前だ。
原作小説の邦題は…まんま、『呪われた町』となっている。
この作品は、TVドラマを再編集したモノで、様々な長さのバージョンが存在するらしい。
いずれにしても、非常にダラダラした、コワくない作品であるコトに変わりはない。
しかも、笑える。
突然、がばッと棺から起き上がった吸血鬼を、「キャアアア~!!」とか叫びながら、女の子がグーパンチで殴り倒すシーンは、衝撃的だった!
殴られた吸血鬼は、そのまま棺の中にブッ倒れてしまうのだ。
もっっっのスゲーーーーーーーー、間抜けだ!
後にも先にも、こんなホラー作品は見たコトがねぇ~!
吸血鬼のキャラクターデザインは、もろ、ノスフェラトゥのパクリだし!
この作品に関しては、キングの作品には珍しく、小説の方が絶対的に面白いと思う。
神父と吸血鬼の対決シーンなど、極めて視覚的な名場面だったが、全く生かされていない。
にしても…
一体、何で、この吸血鬼はこんなに青いんスか~!?
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-10-02 21:54 | 地獄行き(それ以下)