びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

『セックス・アンド・ザ・シティ』映画化!?

企画自体はずっと以前からあったものの、永らく契約問題のもつれから「実現不可能」と言われてい来た『セックス・アンド・ザ・シティ』の映画化が、にわかに現実味を帯びて来たらしい。
公には、サマンサ役のキム・キャトラルがギャラ問題で出演を拒絶し、プロジェクトは消滅したコトになっていた。
サラ・ジェシカ・パーカー(キャリー)、クリスティン・デイヴィス(シャーロット)、シンシア・ニクソン(ミランダ)の3人は映画化に乗り気で、「サマンサは死んだコトにして作ってしまえ!」とゆー話まで出ていた。
でも、サマンサのいない『セックス・アンド・ザ・シティ』なんて意味ないし、ましてや代役なんて論外だ。
本当に映画化する意志があるのなら、契約問題は必ずクリヤ出来るハズだ。
キチンと4人そろって、映画化してもらいたい、と思う。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-11-04 08:27 | ゴシップ/新作情報