びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

シークレット・ウインドウ

【1.1点】

スティーヴン・キング原作、ジョニー・デップ主演作品。
原作のタイトルは『秘密の窓、秘密の庭』。
ジョニデのおかげでクソ映画にはなっていないが…
ストーリーには何のひねりもなく、ごくありふれた話なので、面白くも何ともない。
せっかく、シークレット・ウィンドウとゆー伏線を張ったのに、効果的に使われなかったのは残念だった。
50年前ならば、あるいは名作として評価されたかも知れないが…
現代では、ちょっと、さすがに通用しないだろう。
仮に、ストーリーはアレで良しとしても…
もーちょっとヒネりようがあっただろ~に…!
ちなみに、俺のアタマの中では、最初から、奥さんは殺されてシークレット・ウィンドウの下の花壇に埋められていた。
全ては、主人公の妄想だったのだ…!とゆーオチだ。
ハッキリ言って、ありがちだが、オリジナルよりはずっとマシだろう。
しかし、「ジョニデを見るための映画」と割り切って考えれば、コレはコレで、ある意味、とても貴重な作品なのかも知れないが…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-11-12 01:37 | 地獄行き(それ以下)