びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

男の星座

●梶原一騎と言えば、一般的には『あしたのジョー』や『巨人の星』なのだろう…
が、しかし、作者である梶原一騎本人の人生の方が、その100倍も面白い。日本プロレスの祖・力道山とフルコンタクト空手の雄・大山倍達との間で、梶原一騎が時代を創り、自らがモンスターとなってゆく様が克明に描かれている。
●『空手バカ一代』が表の極真史だとしたら、この作品は、言わば裏・極真史であろう。空手を、格闘技を、そして時代を創った男たちの群像がここにある…!!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-05-16 20:05 | コミック