びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

2007年度「犬神賞」発表!!

コレは、俺が2007年に観た作品の中で、最も面白かった作品に敬意を表して、勝手に贈るささやかな賞である。
だから、製作年度も公開年度もバラバラで、中には、スッゲー古いモノも混じっている。
ってコトで…

【作品賞】 ●該当作品なし

【監督賞】 ●なし

【主演女優賞】 ●なし

【主演男優賞】 ●なし

【最低映画賞】 ●なし

【新人女優賞】 ●北川景子…実際には、もう新人ではないと思うが、個人的に、今まで見ていたにも関わらず、全く認知していなかった。が、『モップガール』を見て、非凡なモノを感じた。『TRICK』の仲間由紀恵、『時効警察』の麻生久美子、『のだめカンタービレ』の上野樹里に匹敵する、と言っても過言ではないのだ!

【新人男優賞】 ●生田斗真…おそらく、彼も、もう新人ではないのだろーと思うのだが、『花ざかりの君たちへ』は、生田主演と言っても良いほど、素晴らしかった。

…よーするに、2007年度は、新人賞以外は、何もなかった!(しかも、ドラマだ!)つーコトに。
でも、まぁ、ソレじゃあ、ミもフタもね~んで…

【最も個人的にハマった作品】 ●ゴッド・ディーバ…作品の評価としては、低かったが、何度も観た。エンキ・ビラルとゆー伝説的な人の作品に初めて触れた。詩的で、神話的で…不思議な魅力を感じた。決して完成度の高い作品ではないので、他人には薦められないが。

【主演だろーが、助演だろーが、映画もテレビも、カンケーね~ぞ女優賞】 ●真矢みき…『ヒミツの花園』で、ド肝を抜くよ~な怪演をしていて、キョーレツに印象に残っていたが、「たまたま、そーゆう演出だったのかな~?」と考えていた。が、その後、見る作品見る作品…どれも役作りや目線・挙措に至るまで、非常に素晴らしく、『ガリレオ』を見る頃には、ど~しても、真矢みき主演で見てみたくなって来てしまって困った。マジで、この人は、助演じゃ勿体ねぇ~です。

【総括】
前年の2006年は、たしか邦画の興行成績が洋画を抜き、その結果、幅広い作品が製作されるよーになった。
そして、実際、俺の見る作品も、邦画の比率が高くなって来た。
が、話題になった作品、売れた作品が良かったか?というと…
ハッキリ言って、ロクなのはなかったよーに思う。
むしろ、大作、話題作ではない作品の方が良かった。
ちなみに、俺が2007年につけた最高得点は…
邦画は水田伸生監督の『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』の80点、
洋画は『ハービー/機械じかけのキューピッド』の85点だった。
日米を問わず、映画よりもドラマの方が作品は充実していた。
『LOST』や『デスパレートな妻たち』、『セクシーボイス アンド ロボ』『帰ってきた時効警察』『花ざかりの君たちへ』『モップガール』…
これらのドラマは、文法こそ映画とは異なるものの、非常に完成度の高い作品だった。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-12-31 23:59 | 日々のうたかた