びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

未来講師めぐる

4、5回を見た。
・「大親切アカデミー(仮)」→「大本気アカデミー」→「大先輩アカデミー」→「太先輩アカデミー」→「太陽光アカデミー」→「太田光アカデミー」→「前達アカデミナール」に!
「おおたひかり」って、誰だよ!?
「アカデミナール」って、何だよ!?
「大」のハズが…すでに「太」ですらなく、「お」になっちゃてるし~!
やっと、看板が赤になった。
俺の予想では、塾長が自発的にどんどん変えて行くんじゃなくて…
いたずら書きとか、鳥のフンとか、不可抗力的に変わって行き、
見た目は、板を釘で打ちつけて足したり、ネオンになったり、床屋さんのグルグル回るヤツになっちゃったり…
するハズだったんだけどなー。
・「江口ヒデオ」→「エロビデオ」→「裏ビデオ」→「AV」→「AV男優」に!
・黒板消しがカステラ→チョークがかりんとう→腕時計がベーグル→黒板消しがバッテラ(コレは、教室に行く前に阻止された)→辞書がチョコに!(コレも、生徒に見つかって、みんなにあげて、食べられなかった)
・ついに、めぐる母(榊原郁恵)が登場!
・塾長(武田真治)のヅラネタがなくなって、かわりにユーキ(勝地涼)とのジャレ合いになっちまった…ザンネン!
いや~、モンスター(ジャガー横田)スゴ過ぎ!
どんどん、怪獣化してるし~!!
5回は、めぐる父(船越英一郎)が全く出なくて、ガッカリした。
知らない内に、もう、一通り、全てのネタを見ないと納得出来なくなっちまったよーだ。
ヘ~イヘイヘイヘイ、ヘ…!
フィクション!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-22 23:42 | テレビ