びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

新編 中原中也全集 第3巻 翻訳

いや…
ホントは、こんな全集なんて大袈裟なモンを引張り出す気はなかったんだが、
カンタンに入手出来る中原中也の詩集には、肝心のランボオの翻訳詩が載っていなかったんで、仕方なく、こんな分厚い本をひもとくハメになっちまった。
正直、中原中也は、俺の好きな詩人の1人だ。
でも、今回は翻訳詩だし、
も~いいかげん、小林秀雄、堀口大學、金子光晴…と3人も読んで来て、
小林訳と堀口訳が、両極端を描き尽くしている感があり、「これ以上、何人読んでもこの結果が揺らぐコトは決してあるまい」と思っていた。
でも、一応、中原中也が訳しているんなら、読んでおくべきだろう…とゆー、軽~い気持ちで手に取った。
だがっ!!
俺は、根本的に間違っていたよーだ。

マジで、中原中也は天才だ。
「小林秀雄、堀口大學、金子光晴組」との3対1の変則マッチでも、楽勝~!ってカンジだ。
3人の必死の攻撃は、カスリもしね~。
「才能のある人」と「ない人」の差が…
これ程までに違うとは、夢にも思わなかった!
『のだめカンタービレ』で、千秋やジャンにオーラが見えたよーに、
中原訳の詩の1音1音が、文字通り、光輝いて見える。
「努力では決して辿り着くコトの出来ない世界」が、ここにある。
まさに、「雲泥の差」とは、この事だ。
そして、おそらく…
中原中也の翻訳は、ランボオの原文をも超えている。
少なくとも、俺はそう思う。


金子光晴訳 『恥辱

 一思いに、あの脳味噌を、
刃物でえぐり取ってしまわぬかぎり、
妙に脂ぎって、精力的な、生っ白いあのお荷物野郎は、
いつになったって、気分があたらしくなりやしない……。

 (ああ、あいつの鼻、あいつの唇、耳、
それから腹も切りこまざかなくては。
両方の脚も、切って捨てるんだ!
どうだ。そうしたらすばらしいぜ!)

 だがな。嘘いつわりなしに、僕は、
あいつの首をちょん切り、
あいつの腹へ小石をつめこみ、
臓腑を焔であぶりたいと思いこんでる。

 それを断行しないかぎり、あの厄介な餓鬼めら、
おろかなけだものは、
むほん気と、たくらみを、
一瞬だった止めやしない。そして、

 モンロッシューの臭猫(においねこ)のように
そこらいちめん、臭気をまきちらす!
―――神さま! 奴が死ぬときには、
どんな感謝のお祈りをあげたもんでしょうかなあ……。



中原中也訳 『

刃(は)が脳漿を切らないかぎり、
白くて緑(あを)くて脂ぎったる
このムツとするお荷物の
さつぱり致さう筈もない……

(あゝ、奴は切らなけあなるまいに、
その鼻、その脣、その耳を
その腹も! すばらしや、
脚も棄てなけあなるまいに!

だが、いや、確かに
頭に刃、
脇に砂礫(こいし)を、
腸に火を

加へぬかぎりは、寸時たりと、
五月蝿(うるさ)い子供の此ン畜生が、
ちよこまかと
謀反気やめることもない

モン・ロシウの猫のやう、
何処も彼処も臭くする!
―――だが死の時には、神様よ、
なんとか祈りも出ますやう……


詩でも、小説でも、映画でも、ドラマでも、音楽でも、絵画でも、漫画でも…
およそ媒体は何であれ、最終的には受け手の好みだと思うのだ。
価値観とは、純粋かつ、絶対的なモノであり、
他人に押し付けたり、また他人から押し付けられたりする類いのモノではない。
「人それぞれ」であり、「好き好き」で良いのだ。

従って、ここで、俺は中原中也の芸術性を肯定し、小林秀雄、堀口大學、金子光晴らのそれを否定する気はない。
どの1人をとっても、それぞれに素晴らしい文学者だと思う。
が!
こと「訳詩」とゆー作業に関しては、中原中也の作業が、他者とは比較にならぬ程、圧倒的に抜きん出ているよーに思える。

上に挙げた2つの詩は、いずれも同じ、アルチュール・ランボオ『イリュミナシオン』中の1篇を訳したモノだ。
両者を比較すると…
中原中也の選ぶ言葉の1つ1つが、おそろしいまでに的確であるコトが良くわかる。
まるで、ナイフのよーに研ぎすまされた言葉たち。
射的のまとにたとえるならば…
中原中也の作品は、全弾、ド真ん中に命中しているのに対し、
金子光晴の作品は、まとのあちこちにバラついているよーに思える。
ココで行なわれている作業は、
フランス語(ランボオの原文)を日本語に置換する作業だ。
原文→日本語。
だが、詩の翻訳の場合…小説と違って、単語を対比させて意味を伝えればソレで良い、とゆーワケではない。
原文→日本語、では充分ではないのだ。
原文→日本語→詩。
でなくては、ソレはすでに詩ではない。
ただ翻訳しただけではダメなのだ。
意味を伝え、なおかつ、その言葉が、詩の高みに達していなくてはならないのだ。
おそるべし!中原中也…
d0012442_23363559.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-05-14 23:49 | 文学