びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

虹伝説

ウル・デ・リコの絵本『虹伝説』を読んだ。
7匹の虹食いゴブリンの話。

生頼範義をやや軽くしたよーな絵柄だ。
重厚な風景を貫いてかかる虹が、鮮烈な印象を残す。
美しい虹(自然)を食い荒らす醜悪なゴブリンたちは、明らかに人類をモチーフにしている。
「環境を破壊する鬼どもは、この世から絶滅せよ!」とゆーメッセージだ。
物語としては、あまりにもストレート過ぎて、面白味がない。
もーちょっと、遊びがあると、良かったのに。

虹の生まれる谷のシーンは、幻想的で良かったんだけど…
d0012442_21432111.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-07-27 01:47 | 文学