びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

ウエズレーの国

ポール・フライシュマン作
ケビン・ホークス絵
『ウエズレーの国』を読んだ。

いつも仲間はずれの少年が、夏休みの自由研究で自分の畑を作り、収穫し、加工し、販売し…
ついには自分の国を作ってしまう、とゆー話。
わりと評価の高い作品なんだが…
コレはちょっと、共感出来ねーな~。
だって、コイツ…
『LOST』のベンそっくりじゃねーかよ!?
自分一人で研究して、成果を上げるトコまでは素晴らしいんだが、
ソレを利用して、他人を支配しよーとするのは、邪悪だよな~?

非常に、後味の悪い作品だった。
d0012442_1743287.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-05-06 00:02 | 文学