びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

蟻の時代

ウェルベル・コレクション2『蟻の時代』を読んだ。

「蟻3部作」の2作目だ。
1作目は、397ページだった。
今回は、増量して、503ページになっている。

面白かった。
でも、1作目ほどの衝撃はない。
良くも悪くも、続編っつーか…
後日譚だ。
例によって、
・ナゾの連続殺人事件
・地下生活者たちのその後
・蟻の世界
の3つの話が、交錯しながら語られる。

蟻(103号)と人間との対話は面白かった。
ちなみに、「指」とゆーのは、蟻から見た人間の呼び名だ。

受信“頭に、長い毛のあるものは、病気なのか?”
発信「ある雌たちは、雄を上手に魅惑するために毛を伸ばしている」
受信“雌に羽がなくてどうするの?”
発信「羽のある指などいない」
受信“有性のものでもか?”
発信「ないのだ」
103号は画面を注意深く見る。指の雌はまったく醜いと思う。
受信“甲殻の色をカメレオンのように変えるのか?”
発信「甲殻はもっていない。肌はバラ色で何も着けていない。あらゆる色や模様の服で保護している」
受信“服?捕食動物から逃れるためのカモフラージュなの?”
発信「と言うよりは、寒さから身を守ったり、個性を見せるためのもの。植物の繊維を編んだものだ」
受信“あっ、そうか。チョウの求愛と同じだね?”
発信「そういうところだ。しばしば、われわれの雌は、雄の注意をより引くように着飾るのだ」


恒例の『相対的かつ絶対的知の百科事典(エンサイクロペディア)』の引用も、今回は第2巻からの引用となっている。
芸が細けぇ~っスねー。
クイズも健在だ。

<さて、この下にくる数字は何でしょう?>
    1
    11
    21
   1211
  111221
  312211
 13112221

1113213211

<頭がよければよいほど答えは見つけにくい。そして知っていることを忘れなくてはいけない。この謎の元は、絶対的な簡潔さにあります>
d0012442_23424017.jpg
蟻の時代 ウェルベル・コレクション〈2〉

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-03-01 23:08 | 文学