びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

人食いバラ

西條八十著『人食いバラ』を読んだ。
「少女小説傑作選カラサワ・コレクション1」だそーだ。
よく知んねーけど。

まぁ、『女妖記』の方が面白くなかったから、読まなきゃ良かったんだけど…
コレも、このタイトルが気になっちまって、気になっちまって。
だって、『人食いバラ』だぜぇぇぇ~~~?
一体、どんなバラなんだ!?
ひょっとして、ビオランテみてーなヤツとか~?
こーゆうB級映画みてーなノリに弱ぇ~んだよなー。

もーワクワクして読んだ。
…が!
おかしなコトに、いつまで経っても、出て来ねーじゃねーか。肝心のバラが。
さては!きっと、ラストでいきなり出て来るんだなー?
やるじゃねーか、西條八十~。
えええ~っ、もう、ホントに終わっちまうけど…
まさか、ラスト1行で、「人食いバラ」が主人公をパクッと食べて、衝撃のエンディングになるんじゃねーか~?
………………………なんて思ってたら、ごくごくフツーーーに終わりやがった。
俺のこめかみのあたりで、何かがプチッと切れる音がした。
う゛おおおおお~~~~~っ、やってらんねぇ~~~~~~~!!!
ザケんじゃねーーーーよ!!!
『人食いバラ』に、「人食いバラ」が出て来なくてど~すんだ!?って話だよ。
もしも、『ゴジラ』にゴジラが出て来なかったら、怒るよな?
バラ出せよ、バラ~!!今すぐ!!
意味不明のタイトルつけやがって…ムカつくぜ~。
ってか、詐欺なんじゃねーのか、コレ?
「ダイヤって名前の石ころを売ってる」みたいな。
「犬って名前の猫を売ってる」みたいな。
読み終わって、かなりガッッックリ来た。

しかも…
巻末に結構な量の脚注が付いていて、
コイツがまた、フツーの脚注じゃねーのだ。
てか、脚注じゃなくて、ツッコミなのだ。
西條八十の小説本文に、この本の監修のカラサワって人が、細かくツッコミを書き込んでるワケだ。
ヒマなヤツだな~~~。
んなモン、読んでられっかよー。
ツッコミは、読者にやらせろよ~。
こんなに大量に書き込みを入れなきゃ、面白く読めねーんだったら、ハッキリ言って、出版する価値なんかねーんじゃね~のか?

さらに…
巻末付録の「ソルボンヌK子の貸本少女漫画劇場」ってマンガも、面白くなかった。
コレも、余白にツッコミを書き込んでんだよな~。
中学生が歴史の教科書にイタズラ描きをしてるみたいなモンだ。
つまり、この本は、本編も付録も、素材をそのまま鑑賞するのではなく、
ツッコミを書き込まれた状態で、いわば2次加工されたモノとして鑑賞するのが目的らしい。
もっと言うと…
作品自体は、何だってイイのだ。たぶん。
ツッコミの方ががメインなんだから。
非常にマニアックな愉しみ方だ。
俺にはムリ。
っつーか、俺は作品の方を楽しみたいんで…。
結局、「バラ」ってのは、よーするに、「女性」の比喩的な表現だったらしい。
「人食いバラ」=「他人を利用して成功する女」。
つ…つまらねぇ~~~!!

d0012442_18503686.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-04-26 01:09 | 文学