びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

毎日かあさん1~4

西原理恵子の『毎日かあさん』1~4巻を読んだ。

やっぱ、サイバラはすげー!
少なくとも、このジャンルでは、他の追随を許さねぇ~。

ことに、離婚した元夫・鴨志田穣との生活は、まさに壮絶を極める。
サイバラとゆー人生は、俺の人生の10倍以上の濃度があるよーに思える。
上昇も下降も、喜怒哀楽も、愛憎恩怨も…
何もかも、フツーの何十倍も経験して来たよーに思える。

俺はただ、黙って彼女の作品を読むだけだ。
サイバラの作品の前には、ただ絶句するしかない。

が…
俺はサイバラのファンではない。
この作品も、妻が読めってゆーから読んだだけだ。
俺一人だったら、おそらく、読むコトはなかったと思う。
あくまでも、サイバラの才能も作品も認めた上で言うんだが…
コレは、俺の求めるモノじゃねーのだ。
d0012442_0104030.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-05-04 23:53 | コミック