びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

おぞましい二人

エドワード・ゴーリーの絵本『おぞましい二人』を読んだ。

コ、コレはっ………………
ホントにおぞましかった!!
ちょっと、コレは…子供には見せらんねーと思う。
カンペキに大人のための絵本だ。
黒い絵本だ。

連続幼児殺人犯の話。
しかも、コレは実話らしい。
と言っても、むごたらしいシーンや過激な描写は一切なく、
2人の殺人鬼が生まれ、出会い、犯行を犯し、逮捕され、死ぬまでを淡々と描いている。
まるで、「トカゲの一生」みたいなカンジで。
「理解出来ないおぞましい生き物の生態」みたいなカンジで。

この事件を知った時、ゴーリーは「何をおいても、この話を本にしなければならない!」と思ったと言う。
一体、何を伝えたくて、ゴーリーとゆー人がこの本を描いたのか?俺にはよくわからない。
ゴーリーとゆー作家は、風変わりな作家だ。
好んで、人の不幸ばかりを描いている。
まるで、執拗に、月の裏側ばかりを描いているよーな…
描かれている内容は、理解も共感もしがたいが、
それ以上に、この作家自身が理解しがたい。

「理解しがたいもの」を、そのまま「理解しがたいもの」として本にして、
「この世には、こんな理解しがたいものがあるんだ…」
「何もかも、理解出来るコトばかりではないんだ…」
と知らしめる役割りを果たしている、ってコトなんだろーか?
d0012442_2023479.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-05-04 09:00 | 文学