びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

ロンパーちゃんとふうせん

酒井駒子さく・え
の絵本『ロンパーちゃんとふうせん』を読んだ。

「写実的ないわさきちひろ」みたいなタッチで描かれた、おそらく幼児用の絵本。
「ロンパーちゃんのある1日」みたいな。
特に面白くはない。

どーでもいいけど、
「ロンパーちゃん」って…
一体、どこの国の人なんだか?
ロンパールームのロンパーか~?
ちなみに、ロンパールームは「子供の遊戯室」とゆー意味で、
ロンパーは「跳ねまわる人」って意味だそーだ。

d0012442_1842162.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-05-17 09:11 | 文学