びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

百日紅

面白かった。

葛飾北斎とその娘、と居候(弟子)の話。
怪談あり、人情譚あり…と、非常にバラエティに富んだ内容だ。
ストーリーを楽しむとゆーよりは、江戸情緒とか、粋とか、人情とか…
そーいった雰囲気を堪能するよーな作品だと思う。

セリフが、落語のよーな江戸ことばなので、最初、ちょっと読みづらかったが、すぐに慣れた。
キャラクターが立っていて、何だか、ずっと読んでいたいカンジだ。
蒼井優主演でドラマ化してくんねーかな~?

作者の杉浦日向子って人は、漫画家と引退して、その後は江戸風俗研究家として活動した人らしい。
金庸みてーだな~。
理由は、闘病のためだったみたいだが(死後、明らかになった)。
わずか半年足らずだけど、荒俣宏と結婚していたコトもあるらしい。
やっぱ、只者じゃねぇ~なー。
おめえは頭ん中が極楽だから世話ァねえよ
d0012442_16433858.jpg
d0012442_16435590.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-06-20 08:48 | コミック