びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

<   2005年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

LOVERS

【82点】

●…美しい!とにかく、美しい!!
『マトリックス』以降、ハリウッドがワイヤーアクションやカンフーを取り込み、なおかつCGと融合してアクション映画は新時代を迎えた感があるが、ホンモノとニセモノの違いを「これでもか!」というくらい、見せつけてくれる作品だ。「美しい」と言っても、ただ「綺麗だ」というのではない。「凄絶な美」なのである。そして、チャン・ツィイーのワイヤーアクションは、『マトリックス』以降、腐るほど見せられたあまたのなんちゃってワイヤーアクションとは、明らかに一線を画するものだ。もはや「殺陣」などという無骨なシロモノではなく、「芸術」の域に達した至芸の極みである。
●俺が見た映画の中で、最も美しかった映像は『バロン』でテリー・ギリアムが描いたユマ・サーマンの「貝殻の上のヴィーナス」のシーンである。が、この作品のチャン・ツィイーもまた、女神のように美しい。はっきり言って、優にこの映像美だけでも一見の価値がある。
●ストーリーも、手放しで「好きだ」とは言えないものの、『HERO』や『グリーンデスティニー』よりは良かったと思う。
d0012442_2275654.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-03-22 20:58 | 地獄行き(それ以下)

リディック

【3点】

●あのー…ど~しても、ヴィン・ディーゼルとかっつーオッサンが好きになれねーんですけど…
あの、ハードボイルドっぽいのに甘ったるいニヤケっぷりが、どーにもキモチ悪くて仕方がねーんです。生理的に受け付けねぇらしい。子供の頃、口に入れただけでオエッとなっちゃう野菜みたいなモンである。結局『XXX』の時も、そのおかげで、最後まで感情移入出来なかった。
●主人公は悪人、という設定なのに、見てるとちっとも悪くないのはなぜなんだ?「オレってこう見えて、けっこーワルなんだぜぇ~!」とかエバってるヤツみたいで、カッコ悪っ!!
●たしか3部作の第1作目として製作されたはずだが…興行的には失敗だったから、2作目が作られる事はないのだろーか?原題は『THE CHRONICLES OF RIDDICK』だから、リディックの年代記じゃなきゃいけないんだけど…。壮大な一大叙事詩にしたかったらしいけど、毎回、登場人物が全員死亡して、リディックだけが生き残る、ってワンパターン&御都合主義が確立してしまっているから、どんな危機に遭遇しようが、どんなに仲間が増えようが、ラストは毎回同じワケなんで、いくらなんでも、コレじゃ途中でストーリーへの興味を失ってしまいそうだ…!『スターウォーズ』や『デューン』のようなものを作りたかったのかも知れないが、ごくフツーのSFヒーローものの域を出ていない。ピカレスクにもなっていない。
●そして、誰もが言うように、前作『ピッチブラック』の方がはるかに面白い。って、ボロクソじゃん…!?
d0012442_8461148.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-03-22 10:06 | 地獄行き(それ以下)
【5点】

正直、かなり迷ったが、結局、また最後まで見てしまった…。
毎回、ダマされるとわかっていて、結局、全部見てしまうのである。マジでキング原作の映画って、ほとんど見ている気がする…。昔、TVでやっていたUFO番組や、川口探検隊や、徳川埋蔵金や、超能力で行方不明者を探す番組と似ているかも知れない。否、ひょっとすると、俺自身がダマされたいのかも知れない…!?
d0012442_958837.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-03-20 22:28 | 地獄行き(それ以下)

稀人

【10点】

清水崇監督なので、見てみたが…地底都市、飼育、吸血鬼、といったモチーフをごった煮にしたような作品。力作なのかも知れないが、面白くはない。カスパー・ハウザーやラヴクラフトを想わせるようなシーンもあり、マニア受けを狙ったようにも思えるが、深みはない。10年後には、カンペキに忘れていると思う。
d0012442_8531794.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-03-20 09:58 | 地獄行き(それ以下)

怪談 新耳袋 劇場版

【1点】

●TV版と同様、何も残らない作品。
『怪奇大家族』(TV)のような1本目のみ、印象に残る。ラストの1本は、後味が悪過ぎ。映画にする必要があったのか?全然、コワくね~し…
●コレだったら、TVで『世にも奇妙な物語』のスペシャルでも見た方がずっとマシじゃねーかと。
●「オチのない話を聞かされると、日本人は、とてもソンをしたような気分になる」と『タイガー&ドラゴン』(TV)で言っていたが…ホントにその通りである。それを1本で、何回も何回も、イヤって言う程、実感させてくれる作品。そして、「ソンした気分」だけが、永遠に心に残る…
d0012442_854444.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-03-19 09:48 | 地獄行き(それ以下)