びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

<   2005年 09月 ( 42 )   > この月の画像一覧

ストレイト・ストーリー

【5点】

●デヴィッド・リンチ監督作品。
俺にとって、コレは主演のリチャード・フォンズワースっつー「じーちゃんを見る映画」だ。
このじーちゃんは、あの『赤毛のアン』でマシューをやった、あのじーちゃんだ!
…なに?ストーリー?
あるかよ、そんなモン!
コレは、「じーちゃんを心ゆくまで堪能するためだけの作品」なのだ。
てか、「頑固ジジイが、絶縁状態だった兄貴と仲直りするために、500キロもの道のりをトラクターで旅した」とゆー実話なんで…それ以上のストーリーなんてモノはないのである。
「会いに行った。終わり」…コレがこの作品の「あらすじ」っつーか、ストーリーの全てである。
●この作品のキモは、じーちゃんと同じ「目線」で世界を再認識するコトが出来る…という一点
に尽きる。
道では、ビュンビュン他のクルマに抜かされて、超ノロノロのトラクターで、気の遠くなるよーな距離を、トコトコと進んでゆく内に、「じーちゃんの目で見た世界」が見えて来る。
あたかも超高速度カメラのとらえた映像が、日常とは別世界に見えるよーに、じーちゃんの「超ロースピード」の世界も、我々が日常生活で気にもとめずに、すぐ横を足早に通り過ぎてしまう「小さな出来事」がいっぱいだ。
よく、コレを「のんびりした旅」と言う人がいるが…
ソレはちょっと違うと思う。
ソレは、あくまで我々の目から見た「じーちゃんの世界」であって、当のじーちゃん的には、「心はいつもトップギア」なのである!
『F』じゃねーけど、「どけどけどけィ~!何人たりとも、オレ様の前を走るコトは許さん!!」ってカンジなんじゃねーだろーか?
●この作品の主題は、「人生、のんびり行くのもいいモンだ…」などというモノではなく、
「大切なのは、結果ではなく、過程である」というコトではないだろーか…。
実際、この作品は、やっとじーちゃんが兄の家に到着したところでブツッと終わる。
この作品は、じーちゃんが兄に会いに行く旅の「過程」を描いたモノで、
その後のコトなんて、ど~だってイイのだ。
「目的」を持って行動するのが悪いとは言わないが、あくまで「目的」は「結果」であって、本当は、「過程」こそが大切なのである。
●ま、映画を見て高倉健やブルース・リーになり切っちゃうみたいに、たまにはじーちゃんになってみるのも悪くねーんじゃね~か?と思う…。
世界は多面体の宝石みたいなモンなのだ。
たまに、いつもと違った角度から眺めてみると、世界はガラッと様変わりして見えるかも知れない…。
ちなみに、じーちゃんはこの作品が公開された翌年、自殺した。
ご冥福を祈る…。
じーちゃんの姿は、映画ファンの心に、永遠に残るコトだろう…!
d0012442_21533478.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-09-30 23:59 | 地獄行き(それ以下)

フォレスト・ガンプ

【2点】

●ロバート・ゼメキス監督、トム・ハンクス主演作品。
邦題の『一期一会』はスキになれねぇ~。
てか、「作品に合わね~」と思う。
ハッキリ言って、「蛇足」だろ?
トム・ハンクスはキライじゃね~けど、
「あっちを見てもトム・ハンクス!こっちを見てもトム・ハンクス!!」とゆー状況には、さすがにも~ウンザリだ。
アクションやコメディならばともかく、フツーの映画で同じ俳優の作品を立て続けに見たいとは思わない。
●…ガンプの純粋さに心打たれはするものの、あまりの「ご都合主義」の展開に興ざめしてしまう。
このよーな「リアリティ皆無」の話なら、せめてコメディ仕立てにするべきだった。
オモチャ箱をひっくり返したよーな作品だ。
さまざまなテーマ性を含んでいるものの、その一つ一つを深く掘り下げるコトなく、駆け足で語られる物語は、まるで『ほら吹き男爵』のよーだ。
深く考えず、語られるままをそのまま信じて、この「軽さ」を楽しむべき作品なんだろーが…
「深み」はない。
深く感動するよーな作品ではなく、むしろガンプのキャラクターに「元気をもらう」映画なんだと思う。
d0012442_21104568.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-09-29 20:36 | 地獄行き(それ以下)

ガープの世界

【2点】

●『ホテル・ニューハンプシャー』と同じ、ジョン・アーヴィング原作作品。
何だろう?
悪い作品ではないのだろうが…俺には合わない。
テーマの掘り下げ方もそーだし、ガープの見るイマジネーションの世界にしても、全てに於いて中途半端に感じてしまう。
ヌルい。ヌル過ぎる!
全て「寸止め」で、しかも、ソコに作り手の「作為」を感じてしまうので、非常に「あざとく」思えてしまう。
●映画を先に見てしまったので、ちょっと原作を読む気にはなれない。
残念だ。
原作を先に読むべきだった…!
●上手く説明するのは非常に難しーんだが…、
手塚治虫や芥川龍之介の作品のよーなモノを感じてしまう。
もちろん、この2人はどちらも天才だ。
それに異論はない。
が、2人に共通しているのは、作品が「カンペキである」とゆー点だ。
余分な要素は、一切ない。
それは、まるでスーパーの棚に並んだ、ピカピカの野菜のよーだ。
短編や他のジャンルならばともかく、「人生」をテーマに据えた長編やいわゆる「大河もの」には向かないよーな気がする。
「人生」は、そんなにキチッとパズルのよーに割り切れるモノではない。
もっと煩雑で、混沌としたモノだ。
「余分なモノ」として切り捨てられた、一見「無意味な出来事」の中にこそ、「神」が宿っているのかも知れない。
逆説的な話だが、「キズのない玉」は、その存在自体が「キズ」となってしまう。
あまりにもカンペキであるがゆえに、逆にカンペキではなくなってしまうのである。
無論、この作品は、そんな高みには達していない。
つまるところ…俺にとっては、コレは、言わば「純度の低い宝石」のよーな作品なのである。
d0012442_21134833.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-09-28 19:47 | 地獄行き(それ以下)
【5点】

●ジョン・アーヴィング原作、ジョディ・フォスター主演作品。
様々な苦難に遭遇しながらも、懸命に生きてゆく人々の姿を描いた作品。
おそらく、俺の評価は、「不当に低い評価」なのだろうが…
否定はしないが、個人的には、この手の作品は好きではない。
「どーしようもない不幸」や「哀しみ」「苦しみ」は、現実だけで充分だ!
わざわざ、映画という方法を使ってまで、積極的にバーチャル体験したいとは思わない。
別に、「不幸」に限らない。
映画は、様々な「問題提起」をするモノだが、「提起」するだけならば、何ら「日常」と変わらない。
ソレではタダの「投げ捨て」である。
描き手の考えた「問題解決」があって、初めて、問題は昇華されるのである。
「問題は提起しといたから。後は勝手にやっといて!」とゆーのは、言わば「やり逃げ」だろう。
それは、自分でも解けない問題を、他人に押し付ける行為に等しい。
「語り手」としての「責任放棄」である。
ご都合主義でも、予定調和でも、何でもいい。
語り手は、聞き手に対して、何らかの方向性を示すべきである。
それが出来ないのであれば、そもそも、語るべきではない。
少なくとも、俺はそう思う。
だが、個人的には、『フォレスト・ガンプ』よりは好きな作品だ。
d0012442_20461745.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-09-27 19:40 | 地獄行き(それ以下)

白い家の少女

【30点】

●ジョディ・フォスター主演作品。
作品としては、特にどーというコトもない、ごくフツーのサスペンスだが、ジョディ・フォスターの作品中、最も彼女が美しく映っている作品ではないだろーか?
あたかもそれは…儚くも美しい、繊細なガラスの彫刻を見ているかのよーである…!
d0012442_2219174.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-09-26 20:25 | 地獄行き(それ以下)

コンタクト

【1点】

●カール・セーガン原作、ロバート・ゼメキス監督、ジョディ・フォスター主演作品。
セーガン+フォスターの名前で「見てみよう!」と思った。
が、巷では、けっこー評価の高い作品だが…
ゴメン、俺はついて行けねーです!
感動しなきゃならねーラストで、爆笑&脱力しちまったもんで。
●監督がゼメキスじゃなかったら、もー少しマシだったかも…?
今は、CGで何でも出来るんだから、あまりにもベタな「宇宙人」をわざわざ出さなくても…!
コレって、いきなり「ドラえもん」とか「ちびまる子ちゃん」がCGで、フツーに登場人物として出て来るよーなモンだろ?
カンベンしてくれよー
コレじゃ~、コメディだろ!?
カンペキに「オチ」になっちゃってるんですけど!!
テーマが深遠であればあるほど、「オチ」との落差が大きくなって、面白くなっちまうんですけど!?
だって、今の今まで、「科学的事実」をコツコツ積み重ねて、やっとココまで来たと思ったら、出て来たのは、オカルト雑誌そのまんまの「宇宙人」だぞ!?
この時点で、ひょっとして、この作品のテーマは「科学」と「えせ科学」が、結局は「同じコトだった」と言いたかっただけなのか…?と思ってしまう。
●別に、俺は「宇宙人なんかいない」なんて言うつもりはない。
わざわざ、アヤシさ大爆発の「胡散臭いデザイン」にする必要はね~だろ!?と言っているのである。
この「宇宙人」のデザインを、もっとシュールなものにしていれば、かなり説得力のある作品になっていたと思う。
少なくとも、『アビス』以上くらいにはなっていたハズだ。
d0012442_2010511.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-09-25 08:59 | 地獄行き(それ以下)
●レイ・セフォーvsガオグライ・ゲーンノラシン戦。
いや~、決してスイングした試合ではなかったんだけど、個人的には、メッチャ面白かった!!
試合前の予想をしていたら、誰もが「いや~…セフォー、ヤバいでしょう~?負けちゃうんじゃない?」という意見で、俺は哀しかったぜぇ~。
セフォーもゲーンノラシンも、大好きな選手なので、それが2人で潰し合って、どっちか1人しかドームで見られないと思うと…ちょっとフクザツだった。
でも、フタを開けてみれば、お話にならない位に2人の「差」は歴然としていたので、俺はホッとしたよ~。
やっぱ、イイよなぁ~、セフォー!
セフォー、サイコー!!
あのねぇ~、「無冠の帝王」つーのは、こーゆう人のコトを言うんだよ。
決して、バンナみたいな人を指す言葉じゃねーんだよな~。
みんな、忘れてるみたいだけど、セフォーはバンナをKOで倒してるんですけど!?
ホント…チェとか武蔵なんかドームで見たくねぇっつーの!
かわりに、セフォーとゲーンノラシンを2人とも残して欲しかったぜぇぇぇ~
●ピーター・アーツvsマイティ・モー戦。
素晴らしかった。
やっぱり、アーツは天才だ!!
思えば、K-1の歴史とは、すなわちアーツとホーストの歴史そのものであった。
決して、モーが弱いワケではない。
アーツが神なのだ。
この一戦は、「ピーター・アーツvsマイティ・モー」ではなかった。
「ピーター・アーツvsピーター・アーツ」だったのだ。
肉体の衰えは、誰にも平等に訪れる。アーツのような天才の身体にも…
今後は、誰と戦うにせよ、アーツの真の対戦相手は自分自身だ。
今回は、アーツが勝った。
コレは、そういう戦いだ。
神=アーツは、ついにそーゆう領域に足を踏み入れてしまったのだ…
●フェイトーザは、かなり善戦していた、と思う。
サップvsホンマンみたいなイロモノじゃなく、俺は、シュルトvsホンマンが見たかった。
2回戦では、是非、この組合せでお願いします。
●イグナショフは…悪い選手ではないと思うんだが…
彼の「時」は過ぎてしまったようだ。
●ボタは凄い!
こんなにK-1に適応したボクサーは初めて見た。
ハッキリ言って、武蔵がドームに行くより、ボタの方が良かったなぁ~
●恒例のグランプリ開幕戦だが…
い~かげん、ちゃんとトーナメント表を発表してくんねーかなぁ~?
9月に1回戦、12月に決勝戦…って、間があき過ぎだし、トーナメント表もないんだったら、ワンマッチと変わらねーし、ただ単に、世界予選が1回増えただけじゃねーのかよ!?
●せっかく、PCで人気投票とかできるんだから、来年からは、ドーム出場権は、インターネットのファン投票で決めたらどーだ?
その方が、確実にファンのニーズには合うんじゃねーかと思うんだが。
●ホーストがグランプリ引退を表明したのは、非常に残念だった。
「潔い人だな」と思った。
大抵、選手というモノは、自分の肉体の衰えを認めたがらないモノだから…
今後はワンマッチ参戦のみらしいが…
ありがとう、ホースト。
あなたは偉大だった!!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-09-24 13:24 | バトル

告発の行方

【3点】

●ジョディ・フォスター出演作品。
ジョディ・フォスターは、また「ヨゴレ役」だ。
彼女は、「不幸の似合う女優」なのかも知れない。
●ジョディ・フォスターがアカデミー主演女優賞を受賞した作品だが…正直な話、どこがそんなにいいのか、よくわからない。
物語としては、特に面白いワケではない。
てか、くそマジメな作品だ。
「レイプ」という犯罪を社会問題として描いたセミドキュメンタリー・タッチの作品だ。
「レイプ」は「親告罪」であるため、刑事事件と違い、被害者が自ら「告発」しないと事件として「立件」されるコトはない。
事件によって、既に被害者は肉体的にも精神的にも傷ついており、その上、「訴訟」というコトになると、更に社会的にも傷つく覚悟が必要となるため、多くの場合、被害者の「泣き寝入
り」となってしまう。
つまり、加害者は罪に問われない。
「唾棄すべき犯罪」だ。
このような、あたかも犯罪者を庇護するかのような現実に一石を投じる試みである。
●もちろん、全ての映画がエンターテイメントである必要はないし、このような「社会問題を告発する」よーな問題提起型の作品もアリだとは思う。
でも…個人的には、あまり好きじゃねぇなぁ~。
d0012442_18324377.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-09-24 11:32 | 地獄行き(それ以下)
●ブラッド・ピットが、元妻ジェニファー・アニストンと共に経営していた製作会社「プランB」の役員クリスティン・ハーンを解雇した。
彼女が雑誌「ヴァニティ・フェア」に「ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが子供たちと一緒にいる所をジェニファー・アニストンが目にするのは、想像を絶する苦痛だろう」と語ったのに対してブラピが激昂し、怒鳴りつけた上、解雇したらしい。
「許可なく自分のことを語るのは契約違反だ」という理由だそーだ。
ちなみに、彼女は妊娠中だった…
一方で、アンジェリーナ・ジョリーがブラピの留守中にレイ フ・ファインズと密会したのを知り、ブラッド・ピットはあわてて撮影の合間に一時帰宅し、子守をした…などという報道もあった。
ホント、ブラピって………!!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-09-23 18:25 | ゴシップ/新作情報
●ハッキリ言って、「少年ジャンプ」から「ウルトラジャンプ」に連載が移ってからとゆーもの、俺は、荒木飛呂彦の『スティール・ボール・ラン(以下、『SBR』)』を見失っていた。
まぁ…『SBR』自体、かなり「だらだらモード」入っていたので、いーかげんウンザリしてもいたんだが…!
知らない間に、『SBR』は「『ジョジョ』第7部」とゆーコトになっていたらしい。
なんだよ~!「違う」って言ってたじゃん!?
ってコトは…ヤバい!買わなきゃ…!!
「ジョジョじゃねーなら、買わなくてもいーや。とりあえず、様子を見よう…」と思って、買っていなかったのである。
●すっげー行く末に不安を感じる作品だが…
『ジョジョ』だと言うのならば、買わざるを得ないだろう…。
それくらい、この作品は、俺にとって、「特別な作品」なのである。
てか、いまだにコミックスを買い続けてる作品て、唯一、コレだけだし…
d0012442_19145566.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-09-23 09:29 | コミック