びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

<   2005年 12月 ( 55 )   > この月の画像一覧

【1点】

●本広克行監督、織田裕二主演作品。
いかりや長介ががんで亡くなったため、和久さんの勇姿を見られる最後の作品となってしまった。
コレは、単に「キャストが一人欠けた」という以上に大きな意味を持つ。
「この作品の構成要素の大きな一部が失われてしまった」と言っても過言ではない。
●TVドラマの場合、テーマ音楽も重要な要素の一つだが…
映画版1作目は、登場人物の「眼」のアップが次々に写されていくモノで、非常にカッコ良かったのだが(特に、恩田すみれの「眼」のどアップはカッコ良かった!)、今回は「手」かよ!?
カ、カッコ悪ゥ~!!
そりゃ~、「鼻」とか「耳」じゃあヘンだとは思うけど…「手」のアップってのも、相当シマらないんですけど…。
コレじゃ、まるでパロディだよ~。
●「すいません。勝っちゃいました~」って、冒頭の客船を使った「演習」のエピソードは小気味良く、面白かった。
青島がなぜ一人だけ照明弾が効かなかったのか?という説明を引っ張って、
(実は、冒頭のシーンで、街頭で配られていた「耳栓」の試供品を使った、とゆーオチだったんだけど…)
ラストで犯人グループに使用した際には、さすがに耳栓をしてなかったので、キーン…!って耳が聞こえなくなってたのが笑えた!
●全体として、楽しく鑑賞出来るものの…映画としての完成度は1作目よりも、更に低くなった。
「洋梨」の駄ジャレはともかく、今回のストーリーのメインである女性キャリアのエピソードが中途半端で終わっているからだ。
おそらく、時間的な制約もあったのだろうが…フツーならば、あの女性がなぜ、あんな人になってしまったのかを描かねば、ドラマとしては完結しないハズなのである。
古いファンは、その後の青島や柳場の活躍を見て満足してしまうかも知れないが…
それ以外の人は、この時点で置いて行かれてしまうだろう。
それにしても、1作目のキョンキョンに比べて、岡村の吸血鬼はショボ過ぎだ!
実際は、犯行グループが今回のメインの敵で岡村はいわゆるカメオ出演に過ぎないのだが、彼らには、強烈な個性がないので、ど~しても、岡村の方に目が行ってしまうのである。
やっぱ、ある程度、敵は強くないと…
d0012442_17415931.jpg
d0012442_17421783.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-12-31 09:42 | 地獄行き(それ以下)
●遠くに小さく見えているどうぶつたちをスタイラスでつつくと、こっちを向いて、挨拶してくれる!
親密度によって、挨拶の仕方も違うみたいで、丁寧だったりそっけなかったり…。
コレって、ケッコー楽しいかも~
[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-12-31 09:25 | どうぶつの森

踊る大捜査線 THE MOVIE

【2点】

●本広克行監督、織田裕二主演作品。
良くも悪くも、その後のTVドラマ→映画化という流れを作った伝説的作品。
織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、水野美紀…この作品のメインキャストは全員、主演クラスの俳優に成長している。
『リング』もそうだったが、ヒット作品に出演した役者には、それなりの仕事が来るものらしい。
●キョンキョンがコワい!
俺はTVシリーズを見たコトがなかったので、よくわからなかったが…
少なくとも、1本の映画として見た場合、決して出来のいい作品ではないと思う。
従来の「刑事もの」とは、明らかに一線を画し、「刑事vs犯人」を「正義vs悪」という図式を踏襲して描いていない。
むしろ、「キャリア(エリート)vsノンキャリア」(「本店(警視庁)vs県警(所轄)」)をメインテーマに据えており、犯罪自体はさほど重要な要素ではないように思う。
●独特の「日常生活のかったるさ」を、ユーモアを交えて語る語り口は絶妙だ。
ごく日常的に、「犯罪のある生活」を淡々と描いてゆく手法で、この感覚は『機動警察パトレイバー』という作品の世界観に酷似している。
警察という巨大な組織を「蟻の生態」のように描いたような作品でもある。
そして、見る者にとっては、「警察=会社」として、感情移入出来る仕掛けになっている。
警官や刑事を、「官と民」のはざまにいる人々、という設定で人間群像を描き出している。
TVドラマを映画化する場合、ストーリーよりも、作品の持つ世界観やキャラクターが最も重要である、というコトを実証して見せた作品だ。
d0012442_2148039.jpg
d0012442_21492541.jpg
d0012442_21501567.jpg
d0012442_21503510.jpg
d0012442_2151054.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-12-30 11:36 | 地獄行き(それ以下)
●たぬき商店が改装してコンビニたぬきになった。
やっと斧が買えたので、家の近くの木を斬って、妻にもらった洋ナシを植えた。
(こーすると、枯れたりせず、確実に育つらしい)
ずっと前にもらったんだけど、斧がなかったから植えかえられなくて、家の前の地面に置きっぱなしだった。
ウチの村の特産はオレンジだから、コレでオレンジと洋ナシの2種類になった!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-12-30 11:16 | どうぶつの森

フォーガットン

【5点】

●ジュリアン・ムーア主演作品。
『X-ファイル』みたいな話だ!
随分、世間の評価は低いけど…少なくとも、俺は『X-ファイル』や一連のM・ナイト・シャマラン作品なんかよりは、ずっと面白かった。
やっぱり、こーいった作品の満足度というモノは、後半の「謎解き」の部分で、視聴者をどこまで納得させるだけの「絵」を見せられるか?の一点に尽きると思う。
よーするに、予告編を見た人が期待する以上のモノを提供出来るかどーか?である。
「バヒューン!」の部分は面白かった。
でも、ソレが最大の見せ場になってしまったのは、あまりにも映画として寂しかった。
●基本的なストーリーは、コレで充分だったと思うが、見せ方がちょっと…
前半のサスペンスタッチの部分までは悪くない。
問題は、後半、ネタバレしてからの展開だ。
ヤツラが犯人だったら…前半の、壁紙のシーンとかは何だったんだ!?
記憶を消したり、ビデオや写真、新聞記事まで改竄出来るなら、何でも出来るハズなのに、なぜに壁紙~?
敢えてUFOや宇宙人を出さなかったのは、作品を安っぽくしたくなかったからなのかも知れないが…
●ラストは、果たして強引にハッピーエンドにする必要があったのだろ~か?
子供は帰って来て良かったけど…ご主人は?
それに、「実験が終わった」で元に戻るんだったら、そもそも最初から何もしなくても一緒だったんじゃねーのか?
「バヒューン!」の一発芸だけで作るなら、中途半端に綺麗な話にせず、意図的に破綻させてしまえば良かったのに!!


d0012442_2075288.jpg
d0012442_208467.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-12-29 15:00 | 地獄行き(それ以下)
●ずーっとやり方がわからなかった「雪だるま」がやっと作れた!
…と思ったら、「ゴミと間違われそうだ…」とか、ぶつぶつグチばっか言ってるよー。
せっかく、作ってやったのに~!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-12-29 13:37 | どうぶつの森

「大帝の剣」映画化!?

●夢枕獏の「大帝の剣」が阿部寛主演、ヒロイン長谷川京子で映画化されるらしい。
ってヨロコんでたら…堤幸彦監督かよ!?
堤監督はキライじゃないけど、正直、獏の作品には合わないと思うんだが…
ホントに大丈夫なんだろ~か?
スゲー心配だー
[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-12-29 01:42 | ゴシップ/新作情報
【15点】

●直木賞作家・京極夏彦原作、実相寺昭雄監督作品。
いしだあゆみの「ウギャウ~!」がスゴかった。
「世の中には、不思議な事などないのだよ…!」とゆータンカは悪くない。
こーゆうキメ科白って、大切だと思う。
「お前たちのやってるコトは、全部、お見通しだ~!」とか、「あの~、犯人、わかっちゃったんですけど~?」とか…。
●映画そのものの評判は、あんまり芳しくないよーだが、映像はさすがに素晴らしい!
独特の映像は『箪笥』を想い出した。
コレ…スゲー風景だけど、一体、どこなんだ!?
ホントに日本なんだろ~か?
建物も変わってるし、墓地の中の一本道(眩暈坂)も、とても日本とは思えないよーなマカ不思議な映像だった。
加えて、とても変わったカメラワークにクラクラしてしまった。
●俺は推理ファンではないので、原作は未読だが…
ウンベルト・エーコの『薔薇の名前』のよーな衒学的な作品なのだろーか?
たかだか123分の作品なのに、メチャメチャ長く感じた。
前半は、かなりゆっくり語られるのに対し、後半はバタバタと駆け足で収束してしまったよーな印象が強く、非常にわかりづらい。
●原田知世の一人二役の双子は、少なくとも、この映画を見る限りでは、双子である必要を感じなかった。
せっかく「夫が行方不明で、妻が異常に妊娠期間が長い」=「妻が夫を殺害して、自分の子宮に死体を隠しているのではないか?」という見世物小屋的な設定があるのに、ソレをバーンと提示しないのは、非常に勿体なかった。
姑獲鳥のイメージ映像や、眩暈坂のスポットライトなど、意味不明かつ不要と思われるシーンも多かった。
金田一シリーズに出て来た「クスリを飲みながら、「ヨシッ、わかった!犯人はアイツだ!!」と言って、必ず間違った推理を披露する警部のよーな、物語の「説明役」がいた方が良かったのかも知れない。
田中麗奈と阿部寛の役割が、今ひとつよくわからなかった。
中禅寺敦子(田中麗奈)は「物語の説明役」っぽいけど、大して説明してくれないし…
榎木津礼二郎(阿部寛)は、それなりに面白いキャラクターなのに、ストーリーには全く生かされていないし…。
それに、京極堂=中禅寺秋彦(堤真一)のよーな人物が、無条件で榎木津の超能力を信じているのも、不思議だった。
登場人物のほぼ全員が知り合い…とゆーのも、ヘンな話だ。
しつこく月齢をカウントダウンしていたが…
一体、何のイミがあったのか、よくわからなかった。
豪華キャストと言っていい顔ぶれだが、あまりにもよく見かける役者ばかりで…ちょっと安っぽくなってしまったのは非常に残念だった。
●ちなみに、京極堂シリーズは、
1)姑獲鳥の夏 (うぶめのなつ)
2)魍魎の匣 (もうりょうのはこ)
3)狂骨の夢 (きょうこつのゆめ)
4)鉄鼠の檻 (てっそのおり)
5)絡新婦の理 (じょろうぐものことわり)
6)塗仏の宴 (ぬりぼとけのうたげ)
7)陰摩羅鬼の瑕 (おんもらきのきず)
そして、8)邪魅の雫(じゃみのしずく)…と続いているので、続編に期待したい。
d0012442_053993.jpg
d0012442_0533181.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-12-28 19:17 | 地獄行き(それ以下)
●たぬき商店に行けなくて、ジョウロが買えないから、村の花が、どんどん枯れてゆく~!
なんか…枯葉みたいな、超ヤバそ~な色になって来ちまった!!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-12-28 17:34 | どうぶつの森
●星座をデザインしてみたい。
1回、やってみたけど…
ケッコー難しくて、時間がなかったので、断念してしまった~!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-12-27 22:21 | どうぶつの森