びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

<   2006年 04月 ( 64 )   > この月の画像一覧

ファム・ファタール

【2点】

ブライアン・デ・パルマ監督、レベッカ・ローミン=ステイモス(当時。今は『フルハウス』のジェシー役=ジョン・ステイモスとは離婚したので、レベッカ・ローミンに戻っている。あれっ?そーいえば、ちょうど結婚記念日に「当てつけ再婚」をして話題になってたよな~?今回は、改名しなかったのかな…?)、アントニオ・バンデラス主演作品。
音楽は坂本龍一だし、映像も昔の作品と比べると、格段に美しくなってるし、スーパーモデルのレベッカはさすがに綺麗だし…なんてゴージャスな作品なんだ!?と思ってたら…
『ミッション:インポッシブル』風の冒頭は、すっげー面白そ~なんだけど、な~んか、坂本教授の音楽、この画像とは合わなくねーか?
んでもって…
エロい!
ほぼ全編、エロエロだ~!!
デ・パルマ監督…あんた、レズシーンとレベッカの裸が撮りたかっただけだろ!?
タイトルの「ファム・ファタール」は、フランス語で「運命の女」の意。
いわゆる「悪女もの」の作品だが、悪女自身も運命に翻弄されているため、「魔性の女」とゆー印象はかなり希釈されてしまっている。
バンデラス、弱っ!
汚ならしいし、ちっちゃいし、役に立たねーし…カ、カッコ悪ぅ~!!
作品としては、つまらなかった。
ラストのオチには、笑った。
コレって、何つーか…壮大なギャグ?
何だよ!コレのために、今まで、2時間近くも見て来たのかよ!?みたいな。
脚本の段階で、すでにこーなるコトはわかっていたハズだから…
デ・パルマ監督は「自分を見失ってる」としか思えねぇ~
もっと深みのある作風だったら、このストーリーでも名作になっていたかも知れないが…
こんな薄っぺらい演出じゃあ、安っぽいギャグにしか見えねぇ~。
何もかもがかみ合っていない、「いびつな家」みたいな作品だ。
「とりあえず、家のカタチには仕上げときましたケド~?」…みたいな。
まぁ、ごく単純に、「レベッカ・ローミン=ステイモスを見る」とゆー意味では、いい作品なのかも知れない。
『X-メン』のミスティーク役じゃあ、全身、特殊メイクで、素顔なんてわかんないからな~…
ちなみに、あの「蛇のビスチェ」は、デ・パルマ監督が自らデザインしたモノらしい。
また、レベッカの紹介で、友人のモデル=リー・ラスムッセンが女優デビューした作品でもある。
d0012442_845045.jpg
d0012442_845936.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-04-30 08:43 | 地獄行き(それ以下)

悪魔の棲む家?

うちの近所に、『悪魔の棲む家』そっくりの家がある。
前を通りかかるたびに、気になって仕方がねーんだが…
いまだに、惨劇のウワサは聞かない。
あの映画の家には実在のモデルがある。
そう。アドルフ・ヒトラーが最後に自殺したと言われる山荘だ。
シンメトリーになっており、遠くから見るとドクロの顔に見えるのが特徴だ。
俺だったら、絶対、あんな家には住みたくねぇケドなぁ~…
d0012442_11485356.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-04-30 07:34 | 日々のうたかた

ウォッチメン…!?

ああ、『Vフォー・ヴェンデッタ』の興行ランキングが、どんどん落ちてゆく…
正直、こんなに健闘するとは思っていなかった作品だが、どーせなら、もっとヒットして欲しかった。
とゆーのは、この作品の原作者アラン・ムーアの代表作『ウォッチメン』が見てぇ~のだ、俺は!
それも…出来れば、テリー・ギリアム監督で!!
そして、ついでに言うと…
絶版になっている『ウォッチメン』が読みたいのだ!!!
つまり、『Vフォー・ヴェンデッタ』が興行的に成功すれば、『ウォッチメン』の映画化にGOサインが出て、更に、芋づる式に『ウォッチメン』の再版も決まる…とゆー計算だったんだが。
ビミョ~だ。ビミョ~すぎる…
d0012442_12333432.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-04-29 23:00 | ゴシップ/新作情報

ピストルオペラ

【-1点】

ジッチャン(鈴木清順)監督、江角マキコ主演作品。
山口小夜子、永瀬正敏、樹木希林、沢田研二、平幹二朗も出ている。
『夢二』以来、実に10年振りの清順節炸裂!!
…ん?
でも、久しぶりのせいか…な~んか、いつものキレがねーなぁ~!?みたいな。
ひょっとして…ジッチャンだけが、あまりにも長生きし過ぎて、いつものスタッフがみんな死んじゃった、とか~?
マジで、あり得るからコワいよな…。
実は、この作品…
かつてジッチャンが「ワケわからねーモン作りやがって~!」とゆー理由で日活をクビになった原因となった、初のオリジナル脚本作品=『殺しの烙印』とその幻の続編をベースにして作られたシロモノらしい。
この作品…やりたいコトは何となくわかるものの…
残念ながら、失敗作だろーなぁ~、やっぱ。
おそらく、じーちゃんのアタマん中にあった構想がそのまま映像化出来ていれば、スゴい傑作となっていたと思うんだが。
江角マキコ…キライじゃないけど、この作品には合わなかったよーな気がする。
この作品のテーマである「死とエロス」を演じるには、もー少し「色気」のある女優を起用するべきだった。
つーか、「全く猫に見えない野良猫」はマズかったと思う。
江角マキコは、絵としては、凄くカッコ良くキマってたんだけどなぁ~。
ホントに残念だ!
EGO-WRAPPINの主題歌もカッコいい。
タラちゃん(クエンティン・タランティーノ)の『キル・ビル』の原型のよーな作品だが、『キル・ビル』よりも、ずっとブッ飛んでいるし、方向性としては、どっちかと言うと、好みなんだけど…。
ザ・ブライドvs野良猫なんて、見てみたかったよな~…
でもやっぱ、俺は、鉄砲お百合がイイなぁ~
d0012442_914858.jpg
d0012442_9142018.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-04-29 09:14 | 煉獄行き(0点以下)
プレゼントでメガネをもらった。
直接、もらったので、一応、かけてみた。
…やっぱ、ヘンだ!
あ~、でも、めんどくせぇから、このままでイイや~…
(天使の輪、メガネ、ゼブラな服…我ながら、すげーファッションだ!)
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-04-29 08:53 | どうぶつの森

ミッドナイトクロス

【25点】

ブライアン・デ・パルマ監督、ジョン・トラボルタ主演作品。
個人的には、代表作と言われている『殺しのドレス』よりも、コッチの方が、ずっと好きだ。
なぜ?って聞かれても困るんだが…
トラボルタが高感度の集音マイクで色んな効果音を集めるシーンが異常に好きだ!
何つーか…気持ちイイ。
感覚的にハマる。
デ・パルマ名物の「360度ブン回しカメラ」も、単なる「分身魔球」とか「回転魔球」レベルではなく、「分身回転エビ反りハイジャンプ魔球」みたいな高度な「合わせ技」に進化していて、面白い。
ラストはベタなオチだけど、アレが正しいと思う。
「ストーリーがいまいち」と言う人もいるが、コレはストーリーを楽しむ作品じゃねーから。
ふだん、何気なく見ているくだらない3流映画も、舞台裏では、実は、ものスゴいドラマがあったのかも知れない…とゆー、なかばファンタジーみたいなお話だと思う。
ちなみに、原題の「ブロウ・アウト」は、「(タイヤの)パンク」とゆー意味らしい。
そ、そのまんまだな~!
d0012442_23453996.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-04-28 23:45 | 地獄行き(それ以下)

NANA(アニメ版)

最初は、「な~んだ、やっぱ、映画と同じなんだ…」と思ってたら、
2話、3話…と見て行く内に、ストーリーどころか、キャラクターまで、全然違うとゆーコトがわかって来た。
もしも、アニメ版の方が原作に近いのなら、映画版は単なる学芸会だ。マジで!
特に、ハチのキャラクターは「犯罪的」と言っても過言ではないくらい違う。
まるで別人だ!
アニメ版では、土屋アンナの歌も、よく馴染んでいて、イイ感じだ。
浮いたり、スベったりしていないし、自然だ。
しつこいよーだが、実写版も土屋アンナがやるべきだった、と改めて思う。
そーいえば、ちょっと前に「『NANA2』は、宮崎あおい降板か!?」とか騒がれてたが…
てか、だったら、いっそキャストもスタッフも「総とっかえ」でパート1から作り直せよ!
…チェンジだ、チェンジ~!!
もっとも、今回のアニメ版にしても、1、2話が大幅に改竄されて放送されるはずだったのが、原作者=矢沢あいの逆鱗にふれ、一時は放送も危ぶまれた…とゆーから、
単純に「アニメの方が原作に忠実」とかゆー問題でもないと思うが。
アニメ版のDVD発売は7月7日、77日間限定で異例の低価格707円で売り出すらしい。
こーゆう「遊び心」はイイと思う。
コミックの7巻と8巻の間に「7.8巻」というファンブックが発売されていたり…。
(そーいえば、『ハチミツとクローバー』のファンブックは「0巻」だったな~)
d0012442_1035847.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-04-28 20:52 | テレビ
妻の話によると、のみを取ってやると…
どうぶつたちは「カユイなんて言ってないよ?のみ?何のコト?」ってシラをきるらしい。
か、可愛いじゃねぇか~…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-04-28 20:45 | どうぶつの森

殺しのドレス

【18点】

ブライアン・デ・パルマ監督作品。
言わずと知れた、デ・パルマ監督の代表作だが…
個人的には、あまり好きではない。
プロット自体に面白さも新鮮さも感じない。
絵的に洗練されているとも思えない。
ちょっとした「ビックリ映画」とゆーカンジだ。
「ヒッチコック大好き!」ってのはわかるけど、ファンは、別に、デ・パルマ監督にヒッチコックになって欲しいワケじゃねーから!
B級テイストの、独特の「胡散臭さ」がイイのであって…決して、ヒッチコックそのものになろーとしてはいけないのである。
d0012442_22225819.jpg
d0012442_23465091.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-04-27 22:23 | 地獄行き(それ以下)
たぬきちの店に入って、しばらくDSから離れて、また続きをやろーとしたら、「こんなコトは言いたくないけど…」閉店の時間だから、帰ってくれ…と言って、追い出された。
11時を過ぎてたらしい。
別の日に、スイッチを入れて、クスリを買いに、ダッシュで店に走って行ったら、目の前でパッと店の電気が消えたコトもある…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-04-27 20:44 | どうぶつの森