びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

<   2006年 09月 ( 78 )   > この月の画像一覧

やったー!
ついに、番傘ゲット~!!
オトコはやっぱ、番傘だよね~!!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-09-30 21:57 | どうぶつの森

リサとガスパール

妻の話によると…
コイツらは、「犬でもウサギでもない、架空の生き物」らしい。
俺の目には、犬にしか見えねぇ~けどなぁ…。
しかも、「人間に混ざって、フツーに生活している」とゆー設定らしい。
変わってんなー?
フツーは逆なんだが…。
d0012442_15391515.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-09-30 12:10 | 日々のうたかた

ホーム・アローン3

【0.5点】

いちおー正式なパート3ではあるみたいだが…
監督も違うし(『スクービー・ドゥー』の人だった)、
第一、マコーレー・カルキンのいない『ホーム・アローン』なんて…
アンコの入ってないタイヤキみてーなモンだろ?
かわりに、ジャムでも詰めとけ~!、みたいな作り方だ。
超・過激なトラップの数々は、相変わらず、アニメのりだ。
「コレ、ホントにやったら、死ぬだろうな~…?」みたいなのばっかだ。
俺は、こーゆうアニメで育たなかったんで、どーしても、心から笑えねぇ~。
アメリカでは、ホントにコレの真似をして怪我人が出たりしなかったんだろーか?
コンセプトは同じだが、「出来の悪い贋作」みたいな作品だった。
ヤラレ役が4人に増えているが…
こーして見ると、『2』までの2人組は、今更ながら、上手かったんだなぁ~と実感する。
プロレスもそーだが、ヤラレ役が上手くねーと、試合はスイングしねぇ~んだよな~。
もしもこの作品に見所があるとすれば、おねーさん役でスカーレット・ヨハンソンが出てる、とゆートコだけだ。
…えっ、なに?
『4』もあるんスか~!?マジで!?
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-09-30 11:23 | 地獄行き(それ以下)

ホーム・アローン2

【1点】

クリス・コロンバス監督、マコーレー・カルキン主演作品。
良くも悪くも変わらない。
子ザル=カルキン坊やのクリスマスの受難を描いた作品。
子供版の『ダイ・ハード』みたいなモノだ。
が…さすがに2本目ともなると、ずっと「お留守番」とゆーワケにも行かないらしい。
外に出てしまった時点で、『ホーム・アローン』ではなくなり、当初のコンセプトからは外れてしまった。
ニューヨークへ行って、高級ホテルに泊まり、オモチャ屋さんへ行き…
子供の夢をそのまま映画にしたよーな作品だ。
たぶん、子供の時に観ていたら、すごく面白かったんじゃねーかと思う。
1作目のお隣のじーちゃん同様、公園のホームレスのハトおばさんが、いい味を出している。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-09-30 10:59 | 地獄行き(それ以下)

ホーム・アローン

【1点】

今では、すっかりハリー・ポッターシリーズの顔となったクリス・コロンバス監督、マコーレー・カルキン主演作品。
大ヒットした作品だが、ハッキリ言って、この作品の何がそんなに良かったのか…
俺にはサッパリわからねぇ~。
どちらかと言えば、むしろ、ありきたりの話だし!
まぁ、王道と言えば、王道なのかも知れないが…
たまに、後から考えると「ど~してこんな作品が!?」とゆーよーな作品が大ヒットするコトがある。
俺にとっては、まさにこの作品がソレだ。
別に、駄作とゆーワケでもないが、コメディとして傑作だとも思わない。
アメリカのアニメでよくある「悪ふざけで、死にそうな目に遭うが、ケロッと立ち直る。とーぜん、必然的に、何度となくヒドい目に遭う…」とゆーお約束なのは知ってるけど、文化圏が違うから、アタマでは理解出来ても、感覚的にはハマれない。
ど~せ不死身ネタなら…
いっそトレイ・パーカーの『サウスパーク』のケニーみたいに、毎回、死ぬくらいに振り切っちゃった方が、個人的には好みだ。
「可愛い」と言われるカルキン坊やは、子ザルみて~にしか見えねーし…!
『ネバーエンディング・ストーリー』の女王に似てる、と思った。
世間的には、非常に評価の高い作品だが、残念ながら、ちょっと、俺にはツボをハズした指圧のよーな…
「楽しみどころ」を見つけにくい作品だった。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-09-30 10:40 | 地獄行き(それ以下)

ホット・ショット2

【5点】

チャーリー・シーン主演作品。
個人的には、チャーリー・シーンて役者は特にスキでもキライでもない。
だから、俺にとっては、こーゆうコメディの方が、親しみが持てるよーな気がする。
この人は、いっつも、無表情だ。
でも、コメディだと、その無表情が、そのまま、いいキャラクターになるのだ。
とは言っても、ソレはあくまで、演技力に由来するワケではなく、老獪な監督の技量に負うところが大きいと思うのだが。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-09-30 01:26 | 地獄行き(それ以下)
ある日、起動してみると…
リーゼントになっていた。
白髪の氣志團みて~だ!
妻に「プレゼントだ」と言われた。
いや~、リーゼントはちょっと…。
それに、俺、四つ葉のクローバーつけなきゃなんないし…
それにしても、白髪のリーゼントって、初めて見たなぁ~。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-09-30 01:21 | どうぶつの森
どうぶつたちが「競争しよう」と言うのがイヤだ!
「1、2の3!」とかで、必ず赤くなって怒るから…
たまに怒らないヤツもいて、そーゆうヤツの方が好きだ。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-09-28 23:02 | どうぶつの森

ホット・ショット

【5点】

チャーリー・シーン主演作品。
全く期待してなかったせいか…
わりと楽しめた。
それにしても、この人は、何でこんなに無表情なんだろ!?
コメディアン=芸人さんのコメディではない。
あくまでも、役者さんのコメディ挑戦とゆーカンジだ。
よく、アクションスターが芸域を広げるために、やるよーなヤツだ。
「シリアスな役者がくそ真面目な顔してコメディをやる」とゆーコンセプトだったんだろーけど…
かなりノリノリでやってるよーに見える。
それも、大真面目に。
でも、なんか、ちょっとズレてるよーな…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-09-27 23:28 | 地獄行き(それ以下)
2006年12月2日に発売される任天堂の次世代機=レボリューション(仮称)=Wiiでも、『どうぶつの森』がラインナップされてるらしい…!
ヤ、ヤバい!
欲しくなっちゃうかも!?
今現在、俺の人生には、「ゲームをやる」などとゆう優雅な時間は存在しない。
キライじゃないし、興味はあるけど…
そんな時間はどこにもね~んだから、しょーがね~のだ。
従って、俺は、プレステ3やブルーレイには、一切、キョーミがない。
DSの『どうぶつの森』は別として…。
夜、寝ると…『どうぶつの森』のキャラクターとして、目が醒めるのだ。
いや…逆か!?
いずれにしても、今のDS版に不満があるワケではない。
が、タンスにもっと物がしまえたら…とか、
桜がもーちょっとマシだったら…とか、
花火がもっと豪華だったら…とか、
クリスマスがもっとリッチだったら(サンタつきで!)…とか、
思うコトはある。
と~ぜん、コミュニケーション機能は強化されてそーな気はするけど…
一体、どんなモノになるんだろう?
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-09-27 23:20 | どうぶつの森