びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

<   2007年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

フラガール

【4点】

松雪泰子主演作品。
確かに良い作品ではあると思うが…
個人的には、心の琴線に触れる作品ではなかった。
基本的には、時代遅れとなった炭坑の町が、ハワイアンセンターを建設することで、観光客を誘致し、再生をはかるとゆー話。
『花とアリス』のバレエ以来、久々に見る蒼井優の踊りが素晴らしい。
ほぼ松雪泰子と蒼井優のエピソードのみに集中して描かれているため、よくある「ダメチームを優勝に導く」テーマの作品に見られる爽快感はない。
「親の死に目に会えない」とゆーエピソードは、今ひとつ描き切れていないよーに思えたが…
今はなき全日本女子プロレスを思い出した。
たしか、アジャ・コングや豊田真奈美は、やはり巡業中で、親の死に目に会えなかったハズだ。
彼女たちが、泣きながら試合をしていたのを、おそらく俺は一生忘れないだろう。
俺の記憶が正しければ、神取忍はたしか、親が危篤の時に、「人間として、コッチの方が大切だ」と言って、試合をやめて帰ってしまったハズだ。
エンターテイメント…
他人から金をとって芸を見せて生きるというコト…
更に、芸を見せるコトによって、他人に力を与えるというコトの意味を深く考えさせられた。
エンドロールで、山崎静代(南海キャンディーズのしずちゃん)となっていたのには笑った。
d0012442_9404163.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-03-31 09:35 | 地獄行き(それ以下)

やっぱり猫が好き2007

今回は、なぜか時代劇スペシャルだった。
「新しい家族が我家にやってくるの巻」「ウラハラ病の巻」の2本立て。
時代劇だったので、なんか落語みたいだったけど。
やっぱ、イイなぁ~。
もたいまさこ、室井滋、小林聡美の恩田三姉妹に匹敵するユニットは、この世に存在しねーんじゃね~か?と思うくらい、ピッタリ息が合ってる。
ヘタなお笑いやコメディなんかより、はるかに面白ェ~!
相変わらず、ドコまで台本で、ドコからアドリブなのか、よくわかんね~し!
ザンネンながら、三谷幸喜はもう書いてくんねーみたいだけど。
三毛猫のサチコは、なんか、ご機嫌ナナメっぽかったな~。
今回は、いきなり時代劇だったが…
ひょっとして、スポンサーの船橋屋のお菓子を出すために、わざわざ時代劇にしたんだろーか!?
別にいーけど。
んじゃ、次は宇宙船が舞台のSFとか…?
「とぐろ族」とか「元をただせばニンゲンだった」には笑った!
素晴らしいっス~!!
それにしても…なぜこの作品は、こんな時期にこんな時間帯にひっそりと放送するんだろーか?
個人的には、三谷幸喜は一生、この作品の専属で構わねーし、
『サザエさん』『ドラえもん』『水戸黄門』『渡る世間は鬼ばかり』並みに続けてもらいたいくらいなんだが…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-03-31 09:04 | テレビ
鳥肌実のライブか何かかと思ったら…
オムニバスのホラー作品だった。
7作の超短編を集めたモノで、モロに『新耳袋』のパクリっぽかったが、本家よりコッチの方がまだマシだった。
「投げ捨て」「投げ放し」とゆーコンセプトは変わらないが。
『新耳袋』は「バカらしい」とか「くだらない」とか感じてしまうコトが多かったのに対し、
都会的な日常の恐怖に的をしぼって描いていた分、コッチの方が統一感があった。
殺人鬼とかストーカーとか…
ホラー的な恐怖とゆーよりは、むしろサスペンス的な恐怖だった。
もしもパート2、3…と続けるのならば、次はテーマを変えて欲しい。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-03-31 08:38 | テレビ
げっ!
こ…これが俺!?
いつの間にか、髪型が真ん中分けになってやがる。
オマケに、赤茶色じゃねーかよ!
しかも、何となく村にも異変が…!
ゴリラとキツネが走り寄って来て、楽しそーに目の前で揺れてるし!
たぬきちからメールが来て、「ご注文のうさぎな服をお届けします」なんて、服まで取り寄せてるし~!!
お金も、メチャメチャ増えてるし!!!
まるで、パラレルワールドに迷い込んだ気分だ。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-03-31 08:24 | どうぶつの森
ウチの村と違って、妻の村は動物たちがほとんど引越したがらないので…
回収が成功したのかどうか、なかなかハッキリわからね~。
無事、順番待ちをしてくれてればいいんだが…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-03-29 22:36 | どうぶつの森
まきばって名前の牛が引越して来た。
マキバオーのまきばか?
でも、なぜかメスみたいだが…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-03-28 23:21 | どうぶつの森
最近、ホメる日がそんなに苦痛じゃなくなった。
が、ホメたかったヤツらがとっくに引越していなくなってるのが哀しい。
今回は、特にマーサをホメてやりたかったのに、風邪をひいてて、ホメさせてもらえなかった…
ザンネン!
次は、しっかりホメてやるからなー…
ってか、次までいるよな~!?
いてくれ~!!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-03-27 22:14 | どうぶつの森
2008年夏公開予定の宮崎駿監督の新作=『崖の上のポニョ』の画像を見たが…
この静物画のよーな構図…
クリス・ヴァン・オールズバーグそっくりだ!
しかも、この企画…
設定自体も盗作疑惑が浮上しているらしい。
名倉靖博とゆーアニメーターの「金魚姫の銀魚姫なココロ」という作品と設定が類似している、とゆーモノだ。
もともと、宮崎駿とゆー人は、職人的な人で、独創的なクリエイターではない。
もっと言うと、他人のイメージを借りて、物語を構築する手腕に長けた人だ。
それでも、今までは、今回のよーに、最初からケチがついたりはしなかった。
大丈夫なのか、宮崎駿~…!?
d0012442_20382361.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-03-25 20:38 | ゴシップ/新作情報
【1点】

ジョニー・デップ主演作品。
オーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイも出ている。
非常に人気のある作品だが、個人的には、とてもタイクツだった。
もっとテキパキ作れねぇ~んだろーか?
一言で言うと…お子様ランチみてーな作品だった。
ディズニーが「カリブの海賊」を映画化!」…って聞いた時には、もっとはるかにショボ~い作品を予想していたんだが…
思ったよりかなりマシだったとは言え、それでもやっぱ、面白くはねぇ~。
俺の中では、『チャーリーとチョコレート工場』に続くジョニデのコスプレシリーズ第2弾…ってカンジだ。
事実、通常は続編に出たがらないジョニデが、この作品に限って「もっと演じたい」と言い、更に「子供たちが喜ぶから…」と言って、ジャック・スパロウの(歯にかぶせた)金歯を撮影終了後も、ずっと外さなかった。
ジョニー・デップのジャック・スパロウ船長の役づくりがディズニーのトップの怒りを買い、「そのゲイか酔払いみたいな演技は何だ!?セリフも何と言っているかわからない」と言われ、危うく解雇されるところだったらしい。
ジョニデはビデオを家に持ち帰り、(事実上の)妻のヴァネッサ・パラディに見せたところ、「立派な演技だ」とはげまされ、そのまま演じきってしまったという。
そーいえば…そもそも、この作品に出たのも、子供たちの希望だったんだっけ?
d0012442_2254460.jpg
d0012442_2253281.jpg
d0012442_2245591.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-03-25 01:56 | 地獄行き(それ以下)
キャビアが妻の村に戻って、俺に何とホメられた、とか、俺からもらった手紙とかを妻に見せまくってやがるらしい。
なっ…何てコトしやがる~!!
やめてくれ~…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-03-22 23:28 | どうぶつの森