びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

チーズスイートホーム

こなみかなた原作のアニメ作品。
第1話「チー、迷子になる。」を見た。
てか…みじかっっっ!!
正味2分くれ~しかねーんじゃねーのか、コレ~!?
せめて10分…
いや、5分にしてくれ~!
一瞬で終っちまった…
カワイかったけど。
d0012442_23193171.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-31 22:37 | テレビ
東京湾岸署と共に、『踊る3』もまた、始動するよーだ。
どーでもいいけど…
真矢みきでスピンオフ作ろ~ぜー?
あんまりスケールの大きくねーヤツを。
気の抜けたビールみてーなのを。
つーか、『踊る』シリーズじゃなくてイイんだけど。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-31 22:17 | ゴシップ/新作情報

ロス:タイム:ライフ

8回、真木よう子編を見た。
………つっ、つまらん!!
全く、意外性のねー展開にガッカリだ。
女部長の言動も、常識の範囲内だったし。
コレじゃ、あまりにもフツーだ。
せっかく、変わった設定なのに、肝心のストーリーが凡庸なんじゃ、話にならね~。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-30 23:07 | テレビ

栞と紙魚子の怪奇事件簿

9回を見た。
んで…
10回『ボリスvsクトルー』を見逃した~!
時間がズレてたらしい。
こんなコトなら、録画じゃなく、生で見ときゃ良かったぜぇ~。

ちなみに、この作品の原作…
知らねー内に、5冊も出てたよーだ。
1)栞と紙魚子の生首事件
2)栞と紙魚子と青い馬
3)栞と紙魚子 殺戮詩集
4)栞と紙魚子と夜の魚
5)栞と紙魚子 何かが街にやって来る
存在すら、知らなかった。
…と思ったら、「月刊ネムキ」連載だったらしい!
「ネムキ」と言えば、たしか、『百鬼夜行抄』も連載してたよな~?
夢枕獏の『キマイラ』も。
あなどれね~ぞ、「ネムキ」。
おそるべし、「ネムキ」!
本屋さん行っても、ねーんだよ、この雑誌はよー。
ホント、滅多に見かけねぇ~。
しかも…
オドロキなのは、この連載内容で、「少女マンガ誌」となっているコトだ。
あらゆる意味で、理解を越えた雑誌のよーだ。

この作品の舞台となる「胃の頭町」は、東京都武蔵野市御殿山にある井の頭恩賜公園(通称=井の頭公園)に由来しているよーだ。
また、この作品は、H.P.ラヴクラフトのパロディにもなっており、
段一知は、「ダンウィッチ」とゆー架空都市、クトルーちゃんは、「クトゥルー神話」をパロったネーミングとなっている。
諸星大二郎とゆーと、シリアスなホラーやSFのイメージが強いが、数こそ少ないが、ナンセンスやスラプスティック系の作品も描いているのだ。
その内、原作を探して、読んでみよーと思う。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-29 11:24 | テレビ

薔薇のない花屋

9~11回(最終回)を見た。
信じられねーくらい、つまらなかった!
すげーショックだ。
前半は、ハッキリ言って、全くカンケーねー話(他人とカン違いされて、復讐される話)だったし、
後半で、しっかり人物像を掘り下げて描くのかと思ってたら…
惰性で「事後処理」を描いただけじゃね~かよ!
よーするに、全く意味のねー話だった!
ずっと謎のまま描いて来た英治(香取慎吾)とゆーキャラクターを掘り下げるコトなく、カタチだけハッピーエンドを見せられても…
とてもじゃねーが、感動なんか出来ねぇ~。
まぁ…
要は、最初から危惧してた通りの「単なるラブストーリー」に過ぎなかったワケだが。
ソレにしたって、浅過ぎだ!
「名も無き戦士」の話にしたって、コトバを出してみただけで、投げっ放しかよ!?
英治と舜(玉山鉄二)の過去に何があって、深く結びつくコトになったのか?
何が2人を変えたのか?
更に、舜と瑠璃(本仮屋ユイカ)、瑠璃と英治の過去を描かずに、この物語は終わらせるべきではなかった。
この物語は、本来…
「名も無き戦士」、すなわち「愛を知らずに育った子」が、両極端の道を歩んで成人する話だ。
そして、2人の運命を分けたのは、2人が知らないし、持ってもいない「愛」との向き合い方だった。
もう自分が今以上に傷つけられないように、舜は「他人を信じない」=「心を許さない」道を選んだ。
最初から期待しなければ、失望するコトもない。
だが、傷つけられないかわりに、彼は、永遠に愛を得るコトもないのだ。
逆に、英治は「傷ついても構わないから、他人を信じる」とゆー道を選んだ。
騙され、トコトン利用されて、何もかも失ってもいい…
それでも、いつか、愛を得られる可能性があるのならば…
っつー話だったハズだ。
「愛を知らない者が、信念の力によってついに愛を得て、他者と分かち合う話」でなくてはならなかったんだが…
提示したテーマを描く気がなかったとゆーのは、ガッカリっつーか、話にならねー。
だからドラマは、あんまり好きになれねーんだよ~…
月9なんて、やっぱ、俺のガラじゃねーんだ、きっと。
とゆー結論に達した。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-29 09:37 | テレビ

ノイタミナ 墓場鬼太郎

4~11回(最終回)を見た。
面白かった~!!
ハッキリ言って、今期のどのドラマよりも、はるかに面白かった!
ノイタミナの中でも、一番面白かったし。
ストーリーもさることながら…
とにかく、セリフがスゴかった。
想定外のセリフがポンポン飛び出して来て、何度となく爆笑させられた。
「アメリカ帰りの羽振りのいい男」が「オレの商売道具だ!」と言って、ガチャッとリボルバーを机に投げ出したり、
住む所まで世話してもらった恩人を「…じゃっ!」の一言で、アッサリ見殺しにしちまったり…。
妻は「溶かすのかっ!?」とゆーセリフがツボだったらしく…
もはや口癖になっている。
終いには、俺がマネして「溶かすのか~?」と言うと、「ちが~う!…と、か、す、の、かッ!?」とダメ出しされるまでになった。

出来れば、今後も、この路線を継続して欲しい。
続編をやるなら、是非、例のブツを…
『その後のゲゲゲの鬼太郎』をお願いします~。
他の作家だったら…
ジョージ秋山の『銭ゲバ』とか、『アシュラ』とか、『日本列島蝦蟇蛙』とか…!
原作通りの『デビルマン』とか!
それじゃ、エグ過ぎか!?
楳図かずおやつのだじろうは、ぜってぇ~、コワ過ぎてトイレ行けなくなると思う。
でも、『神の左手 悪魔の右手』なんかなら、ちょーどイイかも!?
まぁ、リアル『サザエさん』でもイイけど。

エンディングのシーンは、各話の原画が使われていたんだが…
一番最後の、「カツラをかぶった猫みたいなヤツ」だけは、結局、出て来なかった!
アレは、一体、何だったのか!?
スッッッゲ~~~楽しみにしてたのに~!!
ホントに生えるのか~!?
d0012442_2132996.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-23 00:41 | テレビ

栞と俺の怪奇事件簿

6、7、8回を見た。

『ゼノ夫人のお茶』
『闇の中』
『フランダースみたいな豚』…
どれも面白かった。
ハッキリ言って、今期のゴールデンタイムの連ドラのどの作品よりも面白い。
『フランダースみたいな豚』には笑った~!
すいません~、
バカを休み休み言うコで~!!

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-23 00:38 | テレビ

未来講師めぐる

8~10回(最終回)を見た。
概ね、面白かった!
後半は、ず~っと同じ「手錠ネタ」をフックにしてたのが気になった。
永作(橋本じゅん)親子の話は、ちょっと陰惨で楽しくなかった。
後半、フナコシ含有率がガクン!と下がっちまったのもガッカリだった。
クドカンの、いつものパターンだけど…
後半は、「パターン崩し」に終始していた。
コレは、教科書通りだ。
塾長(武田真治)…ついに『ヅラ刑事』になってるし!
ひょっとして…最初から、コレがやりたくて、ずっとヅラネタを出してたのか~?
ちなみに、この作品…俺のアタマん中では、こんなキャスティングだった。
塾長=及川光博、
ユーキくん=生田斗真、
エロビデオ=大倉孝二…
それにしても、このドラマ…
フカキョン(深田恭子)は、ほぼ全編、食べまくり!だったよな~!!
『未来ナースめぐる』っスか!?
『未来ニンジャめぐる』でも、『未来シスターめぐる』でも…何でもイイから、やってくれ~!
うっせぇ、バ~カ!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-23 00:38 | テレビ

未来講師めぐる

6、7回を見た。
・「大親切アカデミー(仮)」→「大本気アカデミー」→「大先輩アカデミー」→「太先輩アカデミー」→「太陽光アカデミー」→「太田光アカデミー」→「お前達アカデミナール」→「マサルのおいしいアカデミー」に!
・「江口ヒデオ」→「エロビデオ」→「裏ビデオ」→「AV」→「AV男優」に!
・黒板消しがカステラ→チョークがかりんとう→腕時計がベーグル→黒板消しがバッテラ(コレは、教室に行く前に阻止された)→辞書がチョコ→黒板消しがカマボコ(しかも食いかけ!)に!
みちる(黒川智花)の毒舌キャラ、サイコ~!
でも、「地獄さ堕ちろっ!」っつーのは、妻がマネして困るんスけど~?
「あんたマンガ読んでただけだべ!?」「イライラすんだよ、ハ~ナ声がぁ~!!」「カツラァ~…はいじゃうか!?」には爆笑した。
死んじゃえよ!?
フィクション!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-22 23:42 | テレビ

未来講師めぐる

4、5回を見た。
・「大親切アカデミー(仮)」→「大本気アカデミー」→「大先輩アカデミー」→「太先輩アカデミー」→「太陽光アカデミー」→「太田光アカデミー」→「前達アカデミナール」に!
「おおたひかり」って、誰だよ!?
「アカデミナール」って、何だよ!?
「大」のハズが…すでに「太」ですらなく、「お」になっちゃてるし~!
やっと、看板が赤になった。
俺の予想では、塾長が自発的にどんどん変えて行くんじゃなくて…
いたずら書きとか、鳥のフンとか、不可抗力的に変わって行き、
見た目は、板を釘で打ちつけて足したり、ネオンになったり、床屋さんのグルグル回るヤツになっちゃったり…
するハズだったんだけどなー。
・「江口ヒデオ」→「エロビデオ」→「裏ビデオ」→「AV」→「AV男優」に!
・黒板消しがカステラ→チョークがかりんとう→腕時計がベーグル→黒板消しがバッテラ(コレは、教室に行く前に阻止された)→辞書がチョコに!(コレも、生徒に見つかって、みんなにあげて、食べられなかった)
・ついに、めぐる母(榊原郁恵)が登場!
・塾長(武田真治)のヅラネタがなくなって、かわりにユーキ(勝地涼)とのジャレ合いになっちまった…ザンネン!
いや~、モンスター(ジャガー横田)スゴ過ぎ!
どんどん、怪獣化してるし~!!
5回は、めぐる父(船越英一郎)が全く出なくて、ガッカリした。
知らない内に、もう、一通り、全てのネタを見ないと納得出来なくなっちまったよーだ。
ヘ~イヘイヘイヘイ、ヘ…!
フィクション!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-22 23:42 | テレビ