びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

鹿男あをによし

4~10回(最終回)を見た。
面白くはなかった。
『あしたの、喜多善男』同様、雰囲気だけはあるドラマだった。
ほとんど起伏なく、ひたすら淡々と語り切った、とゆー印象だ。
もー少し、意外な展開があれば良かったのに。
ホントにそのまんまだった。
コメディとしても…
中途半端っつーか。
妻は、エンディングの曲がえらく気に入ったよーで、毎回、目を輝かせて鹿と一緒に走っていた。
妻の結論としては、「やっぱり玉木宏は、千秋センパイじゃないと、あんまりカッコ良くない!」っつーコトだった。
以上。
マイ鹿です!!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-22 23:40 | テレビ
5~最終回=11回を見た。
予想通り…
あんまり面白くなかった。
それでも、頑張っていた方だとは思う。
アニメの1stシーズンを見ていなければ、コレはコレで「こんなモンだ」と納得して見ていたかも知れねぇ~。
確実に、映画版よりはマトモだったし、
原作よりも完成度は高かったよーに思う。
かなり原作を忠実に消化して行ったので、ラストはとても心配だった。
この時間帯のドラマで、このキャストで、あの原作のオチにしたら…
ぜってぇ~、苦情の電話が殺到してたハズだ。
社会問題になってたかも?
ラストは、はぐ(成海璃子)の作ったハチクロサンドのエピソードで、キレイに終らせていた。
竹本(生田斗真)の食いっぷりだけは良かったけど…。
全体に、もーちょっと、コミカルで楽しいタッチの方が良かったんじゃねーかな~?
ロールケーキ1本食いとか、はぐのトンデモ料理とか、森田の部屋のナゾのメカとかのエピソードは、バッサリ切られてたもんな~。
飽くまでも、キレイな恋愛ものにしたかったよーだ。
でも、そのせいで、平凡な作品に落ち着いてしまった、ってカンジだ。
ザンネン。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-20 22:32 | テレビ

あしたの、喜多善男

5~最終回=11回を見た。
つまんなかった。
例によって…
何事もなく、終わった。
良くも悪くも、コレが飯田譲治だ。
『アナザヘヴン』も、ちょーどこんなカンジだったもんな~?
最後に、フツーにイイ話になっちまって…
個人的には、もっと、どんでん返しとか、意外な展開があった方が好みだ。
「全ては、自殺未遂をして、昏睡状態の喜多善男(小日向文世)が見た夢だった」とゆーオチを予想してたんだが。
まさか、こんな話を、全部現実で終らせるとは…!
飯田譲治って人は、独特の雰囲気を作り出すのが上手い。
「和製デヴィッド・リンチ」と言ったら、ちょっとホメ過ぎだが。
妻は、この雰囲気が大好きみたいで…
毎回、ダマされる。
もーちょっと、不思議テイストが強い方が良かったなー。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-20 22:31 | テレビ

ロス:タイム:ライフ

7回、常盤貴子編を見た。
つまんなかった~!
ガッカリだ。
姐さん、スゲー安っぽいし。
セリフもアングルも、全部ヘン!
匕首を見せびらかしてんじゃねーよ!!
『緋牡丹博徒』を観て、全部、撮り直せよ!!
そして、何よりも!…この画には、美学を感じねぇ~!!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-20 22:31 | テレビ

ロス:タイム:ライフ

初回、4回を見た。
全10話、1話完結形式で、それぞれ10人の役者が主役を演じる作品だ。
全回、見るつもりで初回の瑛太のを見たんだが…
「弾丸が、少しずつ近づいて来る」っつーのは、エグいよな~。
妻が「こんな…死んじゃうのが最初から決まってるよーな話は見たくない」って言うんで、基本的には見ないコトにした。
上野樹里、常盤貴子、真木よう子の回だけ、見よーと思う。

とりあえず、上野樹里の看護師編を見た。
まぁ…
フツーにいい話だった。
ラストも前向きなメッセージになってたし、今回は妻も納得だったよーだ。
いつもはチョイ役の温水さんが、ほぼ主役級になっていた。
後日、休みの日に街を歩いてたら、親子連れが歩いてて…
子供が、一生懸命、父親に説明していた。
子供「あのね~、のだめは死ななかったんだよー!いつもは、みんな、最後に死んじゃうのに。のだめだけは、延長戦になって、生きてたんだよ~?」
父親「ふ~ん。良かったねぇー」
そっかー。
もう、上野樹里は、上野樹里じゃなくて、「のだめ」なんだ~?としみじみ思った。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-20 22:30 | テレビ

斉藤さん

最終回=11回を見た。
いや~、良かった~。
真野(ミムラ)が。
真野だけが。
斉藤(観月ありさ)なんか、どーでもイイ。
けっしてドラマとしてつまらなくはなかったが、実に短絡的で薄っぺらな話だった。
ここで描かれた斉藤とゆー人物に関しては、言いたいコトはヤマほどあるが…
いちいち書いても、うっとーしいだけなので、割愛する。
てか、書く価値もねー。
斉藤と真野を、足して2で割ると、ちょーどイイのかも知れねぇ~。
斉藤とゆーキャラを立てるための演出だったんだろーけど…
全編を通して、斉藤が真野を呼び捨てにしてんのは納得行かねー。
三上さん(高島礼子)を呼ぶ時は「さん」付けなのに!
斉藤のセリフが、ミョ~にオトコっぽくて…
なんか、レズの人みてーだった。
d0012442_23263211.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-20 22:29 | テレビ

The O.C.

第21話「グッバイ・ガール」を見た。
タイトルを見て、イヤな予感はしてたんだが…
ガァァァーン!!
アンナ(サミーラ・アームストロング)がピッツバーグに帰っちまった!!
このドラマで、いちばん好きなキャラクターだったのに~!!
ハッキリ言って、俺の中で、このドラマは既に死んだ。
ライアン(ベンジャミン・マッケンジー)とマリッサ(ミーシャ・バートン)、セス(アダム・ブロディ)とサマー(レイチェル・ビルソン)のカップルなんか、俺は全くキョーミねぇ~んで。
このドラマ…
どーもストーリー展開がヘタクソだな~。
『ロズウェル』みてーだ。
つまるところ、アンナとゆーキャラクターは、「セスとサマーをくっつけるだけ」のために存在した、とゆーコトらしい。
最低だ。
まぁ、考えてみれば、ルーク(クリス・カーマック)だってそーだ。
最初はライバルとして颯爽と現れたのに…
今じゃ、キャラクターまで変えられちまって、単なるおバカキャラだ。
マンガだと、こーゆう「行き当たりばったり」な展開は多い。
でも、ドラマや映画、小説でこーゆうストーリーテリングはダサい。
「問題発生→あっさり解決」とゆーサイクルを、あまりにも何度も繰り返されると…
さすがにバカらしくなって来る。
いわゆる「予定調和」「ご都合主義」の極みだからだ。
登場人物を主人公の「引き立て役」や「踏み台」に使うのも結構だが、度を越すと作品が薄っぺらになってしまう。
つまり…
その作品世界では、全ては主人公のためだけに存在する。
ってコトは、その他の登場人物は、いてもいなくて同じなのだ。
てか、ストーリー自体、あってもなくても一緒だ。
どこまで行っても、「ライアンとマリッサ、セスとサマーは素敵なカップル。良かったね?」
っつーだけの話に過ぎねー。
何だそりゃ~!?
d0012442_14354828.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-20 14:06 | テレビ
『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』のスペシャルが、製作発表じゃなく、いきなり、19日から撮影開始だ。
放送日は未定らしい。
最終回のラストが矢文だったので…
続きそーな予感はあったものの、既に芦屋瑞稀(堀北真希)の正体がバレちまってるから、作っても面白くならねーだろ~と思っていたんだが、
今回は、半年後の話で、
佐野(小栗旬)と中津(生田斗真)が、瑞稀と過ごした夏休みの最後の1週間を回想する…とゆー内容になるらしい。
総集編じゃねーみたいだから、スゲー楽しみだ~!
また、中津のカン違いが見られると思うと!!
でも、別に、スペシャルじゃなくても、
いっそ、パート2でも良かったんだけどなぁ~…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-20 02:01 | ゴシップ/新作情報

斉藤さん

5~10回を見た。
ゆっ、許せねぇ~!
てめェ~、斉藤(観月ありさ)!!
真野(ミムラ)に対して、ヒド過ぎだろ!?
真野を傷つけるのがコワくて、引越しするコトを言い出せず…
「お前はウザいんだよ!」って言って、自分が悪者になれば済む…って、フザケんなよ!
中学生の別れ話かよ!?

言いたいコトはわかるけど…
何だか、非常に浅いドラマに思えてならない。
何の証拠もないのに、「…だと思う」とか「…らしい」とかゆー伝聞情報のみを鵜呑みにして、他人を誹謗中傷するなんて!
「正しい」「正しくない」、以前の問題だ。
ハッキリ言うが、「ソースのない情報」など、何の価値もねー。
んなコトぁ~、常識だ!
いちいち、んなモンに踊らされるヤツは、バカだけだ。
ウラくらい、きちんと自分で取れよ!
だいたい、議員なんかに自分の言いたいコトだけ言って、スッキリしてる場合か!?
友人と本音で話せねー、お前の方が、よっぽど問題だ!!
真野に謝りやがれ!!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-18 23:18 | テレビ

赤灯えれじい

愛のクロスカウンター!!
イヤ~、久々にいいモン見せてもらったぜぇ~!
チーコ最高!!
この作品を読み続けて来て良かった。
のだめのマウントポジション→チョークも良かったけど…
やっぱ、立ち技こそが格闘技の華だよな~。
マジで、なんで俺、この作品読んでんだろー?
ラブストーリーなんか読まねーのに。

そーいえば…
結婚当初、俺はまだコミック誌を買っていた。
自然と妻も読むよーになって、ある時、「何を読んでるか?」って話になって…
お互いに、全く別の作品を読んでいるコトが判明した。
妻「え~っ、なんでアレ読まないの?面白いのに~!」
俺「だって、アレ、戦ってねーじゃん」
妻「???何それ?どーゆう意味?」
俺「意味もくそもねー。基本的に、俺は、戦ってる作品しか読まねーって意味だよ」
妻「ええ~っ?わかんない!なぜ~?」
俺「オトコのマンガは、そーゆうモンなんだよ。コレは文化と言っていい。殴り合いが基本だ!むしろ、戦わねー作品は邪道だ」
妻「理解出来ないんですけど~!」
俺「オンナのマンガだって、目がバカでかかったり、髪の毛がミドリとかキイロだったりして、充分ヘンじゃねぇ~か!線が異常に細くて、どこから背景で、どこまでキャラクターなのか、わかりづらくて、疲れんだよ~!無意味にゴチャゴチャしてて…」
妻「えーっ、ソレじゃあ、どーゆうのがイイわけ?」
俺「決まってんだろ!背景なんかいらねー!主人公は、パッと見て、すぐわかるよーに太い線で描くんだよ~!竹ペンで!筆でもいいけど」
妻「エエエ~ッ?汚いよ、そんなの~!」
俺「汚くない!いちいち薔薇が背景になってる方がヘンだっつーの」
この不毛な議論は、双方の合意に至らぬまま、延々と繰り広げられるのだった…

話がそれちまったが…よーするに、それくらい、俺はラブストーリーなんか読まねー。
でも、この作品はイイよな~。
『ハチクロ』なんかより、はるかにイイ。
いつか、「ノイタミナ」でやんねーかな~?
それとも、こーゆうのは、オトコにしかわかんねーんだろ~か?
d0012442_22121960.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-17 23:51 | コミック