びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

<   2008年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

週刊 真木よう子

9回「蝶々のままで」を見た。
タナダユキ脚本・演出・監督作品。
この監督の作品が見てみたくて、見た。
でも…
ザンネンながら、あんまり面白くなかった。
タイトルの「蝶々」は、真木よう子を指すらしい。
「ブスで根暗で無趣味な主人公が、ある日、突然、美容整形で真木よう子になったら…」とゆー話。
女性監督ならではの切り口を期待して見たんだが、逆にマイナスのよーな。
なーんか、暗ェ~し。
・真木よう子=美人=蝶々。
・過去の主人公=ブス=青虫。
とゆー対比も…何つーか、あまりにもフツーだ。
「美人になっても、中身は変わらないから、幸せになれない」とか、
「美人になっても、いいコトなんかなかった」とか、
「美人になったら、逆に、フツーの幸せが手に入らなくなった」とか…
すっげぇ~マイナス思考だよなー。
つーか、この作品のターゲットは誰ですか?みたいな。
オトコには、こんな話、つまんねーし、
オトコがターゲットじゃねーなら、あとはオンナしかいねーワケだが、
そもそも、オンナがこの番組を見てんのか?大いに疑問だ。
更に、オンナがこの作品を見て、共感出来るか?とゆーと、もっとアヤしい。
もしも、オトコもオンナもターゲットじゃねーとしたら…
ひょっとして、コレって、「業界の人のみをターゲットにした、真木よう子やタナダユキを売り込むためだけのプロモ」ですか~!?とさえ思える。
何にせよ、面白くねーモンは、面白くねーっス。

この作品の発想の起点は、「ある日、突然、真木よう子になっちゃったら…」とゆーネタだ。
全く同じストーリーでも、描き方一つで、いくらでも面白い話になったハズだ。
が、この監督は、敢えてソレをしていない。
「エンターテイメント?何ですか、ソレ?」みたいな印象を受ける。
ど~せなら、「真木よう子の穴」にして、色んな人が、誰でも真木よう子になっちゃったり、
男女が入れ替わって、オトコが真木よう子になっちゃったり…
って方が、はるかに面白かったと思うけどなー。
折角だから、美人にしときました。
あと、巨乳にも。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-05-31 13:40 | テレビ

ランボオ全詩

栗津則雄訳。
おお~っ、「全詩」かよー。
…と思って、一瞬、ヨロコんだんだが、
全部載ってりゃイイってモンでもねーらしい。
何つーか、コレ…
教科書ガイドみてーな訳だ。
短歌とか俳句とかの意味を、「~することだなあ」とか書いてあるヤツ!


栗津則雄訳 → 〔おお季節よ……〕

おお季節よ、おお城よ、
無疵な心があるものか?

おお、季節よ、おお、城よ、

幸福の魔法をおれは究めてきた、
誰にもこれは逃げられぬ。

ああ幸福万歳だ! ゴールの国の
鶏が歌い鳴くそのたびに。

だがしかし! もう何も欲しくない、
幸福に養われてきたこの命。

この呪縛! 身も魂も奪われて、
努める気持もすっ飛んだ。

このおれの言葉で何がわかろうか?
言葉は飛んで、逃げてゆく!

おお、季節よ、おお、城よ!

〔不幸に引かれてゆくならば、
気に入られぬは必定だ。

うんざりしたと馬鹿にされ、
きっとすぐさま、お陀仏だ!

―――おお、季節よ、おお城よ!〕




中原中也訳 → 『幸福

  季節(とき)が流れる、城塞(おしろ)が見える、
  無疵(むきず)な魂(もの)なぞ何処にあらう?

  季節(とき)が流れる、城塞(おしろ)が見える、

私の手がけた幸福の
秘法を誰が脱(のが)れ得よう。

ゴオルの鶏(とり)が鳴くたびに、
「幸福」こそは万歳だ。

もはや何にも希(ねが)ふまい、
私はそいつで一杯だ。

身も魂も恍惚(とろ)けては、
努力もへちまもあるものか。

  季節(とき)が流れる、城塞(おしろ)が見える。

私が何を言つてるのかつて?
言葉なんぞはふつ飛んぢまへだ!

  季節(とき)が流れる、城塞(おしろ)が見える!



―――んじゃ、最後に、ランボオの代表的な作品=『母音』を比較してみよー。

栗津則雄訳 → 『母音

A(アー)は黒、E(ウー)は白、I(イー)は赤、U(ユー)は緑、O(オー)は青、母音たちよ、
おれはいつかおまえたちの秘められた誕生を語ろう、
A(アー)、無残な悪臭のまわりを唸りとぶ
きらめき光る蝿どもの毛むくじゃらの黒いコルセット、

かげった入江。E(ウー)、靄と天幕の白々とした無垢、
誇らかな氷河の槍、白い王たち、繖形花(さんけいか)のおののき。
I(イー)、緋の衣、吐かれた血、怒りにくるった、
あるいは悔悛の思いに酔った美しい唇の笑い。

U(ユー)、循環期、緑の海の神々しいゆらぎ、
家畜の散らばる放牧場の平和、学究の
広い額に錬金の術が刻む小皺の平和。

O(オー)、甲高い奇怪な響きにみちた至高の喇叭、
諸世界と天使たちがよぎる沈黙
―――おおオメガ、あの人の眼の紫の光線!


堀口大學訳 → 『母音

A(アー)は黒、E(ウー)は白、I(イー)は赤、U(ユー)緑、O(オー)青よ、母音らよ、
何時(いつ)の日かあれ語らばや、人知れぬ君らが生い立ちを。
Aはそも、痛ましき悪臭に舞いつどう銀蝿の
毛羽立てる黒の胸衣(むなぎ)よ、暗き入江よ。

またEは、靄と天幕(テント)の純白よ、
毅然たる氷河のきっ先、白衣の王者、繖形花(オンベル)のかすかな顫(ふる)え。
Iは緋衣(ひごろも)、喀(は)かれし血、怒りに或るは
悔悛に酔う人の、美しき朱唇(しゅしん)の笑(えま)い。

さてUは周期なり、緑なす海原の、神さびしわななきなり、
獣たちやすろう牧の平和なり、錬金の術を究むる
博士らの額の皺の平和なり。

Oはそも天のラッパよ、甲高く奇しき響の、
天界と下界をつなぐ沈黙よ、
―――オメガなり、神の眼の紫の光なり!

中原中也訳 → 『母音

A(アー)は黒、E(ウー)は白、I(イー)は赤、U(ユー)は緑、O(オー)は青、母音たち、
おまへたちの隠密な誕生をいつの日にか私は語らう。
A、眩(まば)ゆいやうな蝿たちの毛むくぢゃらの黒い胸衣(むなぎ)は
むごたらしい悪臭の周囲を飛びまはる、暗い入江。

E、蒸気や天幕(テント)のはたゝめき、誇りかに
槍の形をした氷塊、真白の諸王、繖形花顫動(さんけいかせんどう)、
I、緋色の布、飛散つた血、怒りやまた
熱烈な悔悛に於けるみごとな笑ひ。

U、循環期、鮮緑の海の聖なる身慄(みぶる)ひ、
動物散在する牧養地の静けさ、錬金術が
学者の額に刻み付けた皺の静けさ。

O、至上な喇叭(らっぱ)の異様にも突裂(つんざ)く叫び、
人の世と天使の世界を貫く沈黙、
―――その目紫の光を放つ、物の終末!



つーワケで、色々なランボオを読んで来たけど、ハッキリ言って、キリがねーから、そろそろこの辺でやめよーと思う。
んで、俺の個人的な好みで言うと…
やっぱ、小林ランボオがいちばん好きかも。

A(アー)はランボオ、E(ウー)は小林秀雄、I(イー)は堀口大學、U(ユー)は金子光晴、O(オー)は中原中也、詩人たちよ、
みんな、面白ぇ~ぞ、お前ら!
オメガなりィィィ~~~!!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-05-25 00:22 | 文学
まだやるんスか~?
続けられるモンなら、何でも、とりあえずやっとけ~!みたいな?
同じシチュエーションに別のキャラクターを放り込むだけで、1本映画が撮れちゃうんだから、お手軽なんだよなー。
でも…
基本的に、同じ話なんだけど。
続きでもなく、テーマがより深く掘り下げられるワケでもなく。
何本撮っても、同じ話。
ただ、キャラが違うだけ。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-05-24 22:02 | ゴシップ/新作情報
シリーズ最新作『007/慰めの報酬』もまだ撮り終わってねーのに、早くも次回作の原作候補が話題になっているよーだ。
とゆーのも、今年は、原作者=イアン・フレミング生誕100年に当たり、本国イギリスでは、かなり盛り上がっているらしい。
この『デビル・メイ・ケア』とゆー作品は、公認ボンド作家セバスチャン・フォークスによる初のボンド作品だ。
ちなみに、小説のジェームズ・ボンドシリーズは、
初代イアン・フレミングが14作、
2代目ジョン・ガードナーが14作、
3代目レイモンド・ベンソンが6作…
と書き継がれており、セバスティアン・フォークスは4代目となる。
その、記念すべき1作目『デビル・メイ・ケア』が、次回作の最有力候補か!?と騒がれているワケだ。
まぁ、浮かれるのもいーけど、少なくとも、今んトコ、イアン・フレミングの作品以外が映画化されたコトは、ただの1度もねーんだけどね…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-05-24 21:52 | ゴシップ/新作情報
ドリームワークスが、『黄泉がえり』のリメイク権を獲得し、2008年中に製作を開始するらしい。
ふぅ~ん…
一体、誰が歌うんだろ?
『黄泉がえり』は、ヘンなファンタジーみてーだったけど、案外、リアルに作れば、けっこー面白くなるかも?
『4400』と『スフィア』を足して、2で割ったよ~な…
J・J・エイブラムスだったらなぁ~。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-05-21 23:40 | ゴシップ/新作情報
エエエ~~~ッ?
コ、コレ…続くんスかぁ~?
実に、10年ぶりの続編なんだけど。
なぜか、ダニー&オキサイド・パン兄弟が監督になってるしー。
アーロン・クォック、イーキン・チェンは、前作に引き続き続投するよーだ。
ちょっと、楽しみかも~?
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-05-19 22:50 | ゴシップ/新作情報

太王四神記

5、6、7回を見た。

何か…
『朱蒙(チュモン)』みてーな話になって来たなー。
ずっと、王位継承権の話に終始している。
にしても、腑に落ちねーのは…

・「チュシンの星」の下(=すなわち、王となる運命の下)に生まれたのは、タムドク(ペ・ヨンジュン)。
・「朱雀の神器の守り手」は、スジニ。

―――のハズなのに、なぜ、キハ+ホゲで「朱雀の神器」が作動するのか!?
てか、タムドク+キハとか、タムドク+スジニで一切、作動しね~のは、ヘンじゃねーか!?
火天会のジジイが、なんか、アヤしい小細工でもしてんだろーか?
基本的に、火天会は全ての神器を独り占めして、最終的に、世界を支配するコトが目的のハズだ。
だから、タムドクが邪魔ってコトか?
でも…
そもそも、真の王がいないと、他の神器が反応しねーから、集めらんねーと思うんだが!?

今回、「朱雀の神器の守り手は2人いる」とか言ってたが…
もしも、そーだとしたら、今後の展開は決まったよーに思う。

・どちらか一方の守り手(たぶんキハ)が、黒朱雀と化し、暴走する。
・黒朱雀を鎮めるため、彼女は殺される。もしくは自殺する。
・もう1人の守り手(たぶんスジニ)が朱雀を受け継ぎ、タムドクと結ばれて、ハッピーエンド。

とゆー流れだ。
まぁ…
この3人の三角関係は、もともと転生した瞬間から、すでに決定済みなワケだが。

それにしても、残りの青龍・白虎・玄武の神器は、一体、いつになったら出て来るのか?
ほとんど描く気がねーとしか思えねぇ~。
また、神話編の時みてーに、最後の方で、黒朱雀が暴走した時に、チョロっと出て来て終わりじゃねーだろーなぁ~?
この物語は、今んトコ、タムドクとその恋愛だけをメインに描いている。
もーちょっと、色んな人の運命が、複雑に交錯した方が、話としては面白いんだがなー。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-05-18 20:13 | テレビ

2クール

3~7回を見た。

ガァァァ~~~~ンンン!
録画を失敗して、4回「同窓会」を見逃しちまった~!!

3回「赤ちゃん」、5回「描かれる」、6回「差し入れ」…
と見て来て、7回「つくし図書館」で、いきなりドラマになってるし!!
しかも、突然、吉岡秀隆が出て来た時にゃ、
「え゛え゛え゛え゛え゛~~~~っっっ!?」
TVの前で、妻と2人で絶叫しちまった。
「なななっ、何で?どーして?どーゆうワケで~~~!?」

今回は、荻上直子脚本・監督だったんだ~?
なんか、得した気分だ。
「カナブンになった横山さん」の話。
来館者のいない、司書だけの図書館で。
『天国の本屋』みてーな、フシギな雰囲気の話だった。
ももが、特別出演していた。
『ロス:タイム:ライフ』の温水さんみてーに、毎回、ももを出して、
最終回は、もも編にすれば良かったのに~。

ハンバートハンバートのエンディング曲も、結構、クセになるかも。
毎回、同じなのに、最後まで見ちまうんだよなー。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-05-18 20:13 | テレビ
『スパイダーマン』の新作は、2本同時に製作するらしい。
やっぱ、スタッフもキャストも「総とっかえ」なんだろ~か?
007みてーに、「過去に戻る」んならともかく…
『スーパーマン』や『X-メン』みてーに、製作費の高騰のために、監督やキャストが変わってゆくのは、あんまり好きじゃねーなぁ~。

最近の映画業界は、日米ともに、コストダウンに必死とゆー印象だ。
収益の見込める大作は、2~3本、同時製作して、「ローリスク、ハイリターン」かつ短期の利益回収を狙っている。
まぁ…
大作は大作で、リッチでい~んだけど、
個人的には、別に3本作るのに10年かかったって、全然、構わねーし、
どっちかってゆーと、もっと細かい、チープだけど味のある秀作がいっぱいあった方がイイんだよな~。
ハッキリ言って、大作って、公約数的な大味なモノが多いし…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-05-17 20:40 | ゴシップ/新作情報

ナミダ: Feat.aco

タカチャとかゆー人の『ナミダ: Feat.aco』を聴いた。
別に、タカチャって人には、全くキョーミなかったんだが…
acoの歌声に飢えてたんで、つい、手を出しちまったのだ。

んで、実際、聴いてみると…
やっぱ、コイツ、邪魔!!
でも、acoの部分はイイなぁ~。
青山テルマの例の曲より、個人的には、コッチの方が、はるかに好きだ。
ホント、acoの声は素晴らしい。
いつもの曲と、随分、違うけど、こーゆうのもイイっス。
早く、次のアルバム出してくんないかなぁ~。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-05-17 20:37 | 音楽