びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

<   2008年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

21世紀少年

『20世紀少年』の完結編=『21世紀少年』全2巻を読んだ。
てか、読まされた。

おおよそ、浦沢直樹のやりたかったコンセプトとゆーのは、見えていた。
話の基本は、『IT』。
技巧的に時間軸をイジりながら語るスタイル。
ソコに、「20世紀」文化をブチ込んでゆく。
猪木、ホーガン、矢吹丈、悪魔くん…
春波夫、小泉響子、常盤貴子…
キャラクターの顔や名前も、俳優や著名人に似せてあったりして、なかなか手が込んでいる。
モンちゃんは、ブッチャーなんだろーけど…ヘボピーにも見えたりして。

「音楽が世界を変える!」ってのは良かったんだけど、
最初の設定では、ケンヂはヘタクソのハズだったのに…
一体、いつの間に、上手くなったんスかね~?
ライヴにみんな集めるってのは、『黄泉がえり』みてーだった。

いちおーSFなんだけど…
この話にゃ、リアルさってモンが全くねぇ~。
ケンヂたちの側からの視点でしか物語が描かれてねーから、
「ともだち教」や「友民党」の成立過程や詳細も一切、不明だし。
「よげんの書」や「しんよげんの書」、
フクベエやカンナの超能力なども、出すには出したものの、
けっこーいーかげんな描き方で、「描き放し」っつーか、「投げ放し」っつーか…
「やる気なし」っつーか。
ウイルスはともかく、反陽子爆弾や巨大ロボットは、さすがにリアリティねーよな~。
初号機は、キャタピラに気球をくっつけただけだし!
アレが街を破壊したり、自衛隊を殲滅出来るとは、到底、思えねぇ~。
何つーか…
シリアスな設定のハズなんだけど、突飛過ぎて現実感ゼロだ。
『リアル鬼ごっこ』みてーだ。

それにしても…
ラストにコトー先生が出て来たのには、笑ったぜ~。

妻「結局、2代目ともだちはカツマタくんだったんだよね~?」
俺「まぁ」
妻「で、カツマタくんて誰!?そんな子いたっけ?」
俺「子供の頃、フナの解剖の前日に突然死んだ、よそのクラスの子だったみたいだけど…」
妻「じゃあ…実際は死んでなかったんだ?ウワサだけで」
俺「まぁ、そーゆうコトなんだろうね」
妻「だよね?ラストで、ケンヂが「20th century boy」を校内放送ジャックして流した時に、自殺を思いとどまったワケだから…」
俺「まぁ、そーなんだけど…浦沢直樹がこの作品でやろうとしたコトは、たぶん、そーゆうコトじゃなかったんじゃねーか?と思う。なぜか?っつーと…結局、犯人はカツマタくんだったワケだよねー?」
妻「うん」
俺「でも、この作品では、カツマタくんの顔は、ただの1度も描かれてねぇ~。
もちろん、ヴァーチャル・アトラクションの顔のデータは、正体を隠すために消去した、って設定なんだろーけど。
カツマタくんは、常にお面を被っているか、もしくはのっぺらぼうとして描かれてる。
最終的には、整形しちまって、元の顔なんかわかんなくなっちまうし!
つまり、カツマタくんは、この作品では描かれていないキャラクターなんだよ。
てか、意図的に描かなかったっつーか。
カツマタくんは、あくまでも少年時代の象徴であって、顔のある個人であってはならなかったんだよ。
この作品の骨子は、『大人になってから、子供時代の自分と遊ばねばならなくなった』不条理劇なんで…。
カツマタくんは幽霊でも良かったワケだ。
肉体を持った生身の人間じゃ台無しになっちまう。
むしろ、カツマタくんと特定せず、『じゃあ、アレは誰だったのか!?』って、リドルストーリーで終わった方が良かったんじゃねーか?とさえ思う。
それにしても…
盛り上がらねーラストだったな~。
万丈目がアトラクションの中で幽霊化してさまよってるってのもヘンな話だ。
納得したら、成仏して消えてゆく…ってのは笑ったぜ~。
ファンタジーかよ!
『少し不思議』みたいな?」
d0012442_111485.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-12-31 11:01 | コミック

20世紀少年

浦沢直樹の『20世紀少年』全22巻を読んだ。
てか、無理矢理、読まされた。

目の前に、ドーンと積まれて、
妻「ハイ、これ読んで」
俺「エエエ~ッ!?無理。早くて1ヶ月かかると思うけど~?」
妻「ダメ。TSUTAYAで借りた本だから、1週間で読まないと」
俺「げっ!!ムリムリムリムリ!!!!」
妻「ハイハイ。そんなコト言ってる間に、少しでも読む!」
俺「ひええ~~~っ………」

俺は、コミックを読むのが、異常に遅いのだ。
小説だったら、そんなコトねーと思うんだけど。

死ぬ気で読んだ。
つーか…
不本意ながら、読み飛ばした。
ホントは、映画を見るまで読まねーつもりだったんだけど。
だって、オチがわかってたら、見る気を失くしちまうかも知んねーから。

2~3巻読んで―――
妻「ねーねー、面白い?」
俺「いや!面白くねーな」
妻「………………」

5~6巻読んで―――
妻「面白くなって来た~?」
俺「いや!全然」
妻「………………」

半分読んで―――
妻「誰がともだちだと思う~?」
俺「根本的に、コレは、そーゆう話じゃねーと思うけど。
でも、まぁ…もしも仮に、そーゆう犯人探しの話だったとしたら…
俺だったら、ドンキーにするね。もしくは、ケンヂ」
妻「えええーっ、そぉなの~~~?」
俺「よーするに、コレって、“子供時代の記憶なんて、アテにならねー”って話だよな?
ともだちの正体は、このストーリーのフックになってるから、もちろん、最後まで明かされねーハズだ。
てコトは、出て来るヤツ出て来るヤツ、アヤしいヤツは、全員シロなんだよ。
だから、そーゆう意味で、犯人探しは意味がねぇ~。
コレは、そーゆう話なんだよー」

全部読んで―――
妻「えええ~~~っ?何コレ~~~?全然、終わってないじゃん!!なんで!?詐欺!?」
俺「『20世紀少年』22巻+『21世紀少年』2巻で完結らしいねー」
妻「何ソレ?終わってないってコト!?まぎらわし過ぎ!!」
俺「何か事情があって、やむなく一旦、連載を終えて…その後、新たに完結編として『21世紀少年』を描いたらしいよ~」
妻「で、面白かった?」
俺「いや!だから、面白くねーってば!
基本的に、この物語のプロットは、キングの『IT』と同じだろ?
『IT』の方が、1000倍面白ェ~よ。
ともだちの正体だけをフックにしてるから、話としてもメチャメチャ弱いし。
タラちゃんのマネなのか、クドカンのマネなのか、知んねーけど、時間軸をイジりまくりの展開はセコいし、非常~~~にうっとーしい。
こーゆうスケールのデカい話だったら…
もっと大河っぽく、骨太の展開にしねーと魅力ねぇ~でしょ?
確かに、色んな賞を総ナメにした作品だったんだけど…
リアルタイムで、連載で読んでたならともかく、単行本で読むと、どえらく冗長な作品だ。
長いワリに、意味もねーし。
この内容だったら、『もっとコンパクトに、1冊にまとめてくれよ!』ってカンジだなー」

あと、どーでもイイけど…
3つの時代のオッチョが、とても同一人物とは思えねぇ~くらい、あまりにも顔が別人なんスけど~?
それとも、「ハルク・ホーガン病」とか~!?
どんどんハルク・ホーガン化してゆくビョーキ………なワケねーか。
もちろん、映画版のオッチョ(豊川悦司)も、最後にはハルク・ホーガンになるんだよな~?
d0012442_948341.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-12-31 09:48 | コミック

吉井武道館2008

例によって、妻に拉致られて、「吉井武道館2008」に行って来た。
今年もロックスターを見て来たぜー。
妻の、ロックスター。
俺は…
今年も武道館でただ1人、バリバリ地蔵化して来たぜっっっ!!

「今年もヘンな神父が出て来たらど~しよう!?」とか言ってたら、
いきなりダチョウ倶楽部が出て来てビックリした。
「東西南北くるりんぱっ!」をやって、疾風のよーに去って行った。
なっ、なにゆえ、ダチョウが~…?

曲目は、
1)ビルマニア(新曲)
2)I CAN BE SHIT,MAMA
3)Do The Flipping
4)黄金バッド
5)SIDE BY SIDE
6)ルーザー
7)BLOWN UP CHILDREN
8)NAI
9)CALL ME
10)TALI
11)CREEP(カヴァー)
12)天国旅行
13)シュレッダー
14)SNOW(新曲)
15)バッカ
16)WEEKENDER

アンコール
17)崖の上のポニョ
18)I WANT YOU I NEED YOU
19)くちびるモーション
20)マンチー
21)見てないようで見てる
22)FINAL COUNTDOWN

アンコールで、「なっかなか出て来ねーなぁ~?」と思ってたら…
ナント!ポニョ父のコスプレで再登場するとは!!
しかも、そのまま最後まで歌っちまうし!!
ポニョ父っつーか、アルフィーの高見沢さんみてーにも見えたんだけど。

ちなみに、ウエンツと小池徹平、それにヘシーが会場に見に来てたよーだ。

エマとジュリアンのWギターは、カッコ良かったっス~!
エマは陶酔系。
ジュリアンは、毛足の長いモップ犬がノリノリで暴れまくってるカンジで。

俺は、よく「音楽の趣味が悪い」とか、「センスが悪い」と言われる。
何も音楽に限ったコトじゃねーんだが…
個人的に、正統的なモノに価値を認めねー傾向があるのは確かだ。
「何だよ!そんなの、フツーじゃねぇ~かよ!?」
と思ってしまうのだ。
もっと言うと…
論理的に到達出来る地点にいるモノには、一切、価値を認めねー。
それらをバッサリ切り落としてしまうと、一体、その後に何が残るか?とゆーと…
正統でないモノ…
すなわち、「異端」だ。
太陽と月にたとえるならば、月のよーな…
隠花植物のよーな…
日陰に咲く花。
マトモじゃねーモノ。
異形の芸術。
闇のアート。
おそらく、俺はそーしたモノしか、心から愛せねーのだ。
ひょっとして、ビョーキなのか、俺~!?

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-12-29 13:00 | 音楽

ジョナサンと宇宙クジラ

ロバート・F・ヤングの『ジョナサンと宇宙クジラ』を読んだ。

「九月は三十日あった」
「魔法の窓」
「ジョナサンと宇宙クジラ」
「サンタ条項」
「ピネロピへの贈り物」
「雪つぶて」
「リトル・ドッグ・ゴーン」
「空飛ぶフライパン」
「ジャングル・ドクター」
「いかなる海の洞に」
の10篇が収録されている。
けっこーバラエティに富んでいて…まるで福袋みてーだ。

「ジョナサンと宇宙クジラ」「リトル・ドッグ・ゴーン」「ジャングル・ドクター」「いかなる海の洞に」は、なかなか読みごたえがあった。

個人的には、「ジャングル・ドクター」がいちばん良かった。
久々に感動したぜ~。
愛を失くし、傷ついた男の魂を、美少女型エイリアンのドクターが癒してやる話。
…って書くと、何か、スゲーおバカっぽく聞こえちまうけど。
愛する者を失った男の底知れぬ絶望と、
最初は男に嫌悪を抱きながらも、徐々に彼の魂の美しさに気づき、彼を愛し始めるエイリアンの心情が克明に描かれている。
『たんぽぽ娘』にも似た、非常に美しい話だった。

ヤングとゆー作家は、100篇近い作品を発表してるのに、ほとんど本になってねーらしい。
日本で読める本は、コレで終わりだ。
どっかで、短編全集でも出してくんねーかなぁ~?
d0012442_2210132.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-12-29 12:57 | 文学

ピーナツバター作戦

ロバート・フランクリン・ヤングの『ピーナツバター作戦』を読んだ。

まぁ、楽しく読んだ。

でも、ヤングと言えば…
もちろん、有名な『たんぽぽ娘』の作者で、
SF作家でありながら、独自のロマンチックな作品ばかり書いている「変わり種」と言われている。
だから、そのつもりで、かなり覚悟して読んだんだが…
ちょっと意外だった。
なっ、何だよ?
わりとフツーのSFじゃん!?

「ピーナツバター作戦」は、『ドラえもん』にありそーな、ファンタジックな話だった。
「種の起源」は、ややロマンチックな要素はあるものの、フツーのSF。
「星に願いを」も「神の御子」も、いわゆる「ディストピアもの」で…
ダークで、非常に宗教色の濃い作品だ。
「われらが栄光の星」は、「さまよえるオランダ人」をモチーフにした作品。

個人的には、非常に映像的な「星に願いを」と「われらが栄光の星」が面白かった。
久々に読んだけど…
やっぱ、楽しーかも、SF~!
d0012442_22232088.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-12-29 12:18 | 文学
おお~っ、ついに『ウォッチメン』の復刊が決定したぜぇ~!!
2009年3月上旬発売だ。
何だか、出版社が小学館集英社プロダクションとかゆーワケわかんねーのになってたけど。
ま、読めりゃ、何だってい~や。

後は、ちゃんと映画さえ公開されれば、もー何もゆーコトはねーんだけどな~。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-12-29 03:51 | コミック
ディズニーが、2010年公開予定の映画「ナルニア国物語」シリーズ第3作=『ナルニア国物語 第3章 朝びらき丸 東の海へ』の制作から手を引くらしい。
理由は「予算上の都合」ってコトだが…
『火星シリーズ』とか、『パイレーツ・オブ・カリビアン』に金がかかるから、こんなシリーズに金を出してらんねー…ってコトなんスかね~?
途中で放り出すんだったら、最初からやるなよー。
「ナルニア国物語」は7部作だから、
まだ5本も残ってんだぞ~?
どーしてくれんだよ~?
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-12-29 03:41 | ゴシップ/新作情報
やったぜ~!!
『ウォッチメン』の日本公開が、2009年3月28日に決定した。
全米公開は、2009年3月6日だ。

でも…
たしか、ワーナーと20世紀フォックスの映画化権をめぐる訴訟は、まだ決着してねーんだよな~?
判決は、2009年1月20日に下るらしい。
なのに、早くも公開日を決定しちまうとは、
強気とゆーか、無謀とゆーか…
20世紀フォックスは、公開中止を求めているだけに、まだまだ予断を許さねー状況だ。

頼むぜ~。
もう映画は出来ちゃってんだから、公開中止だけはやめてくれよ~。
d0012442_23102144.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-12-22 23:20 | ゴシップ/新作情報

犬さんちの猫あそび百珍

『犬さんちの猫あそび百珍』とゆー本を読んだ。
この本は、小説でもエッセイでもない。
いわゆる「ハウツー(How to)本」てヤツだ。

がっ!
ここで言う「猫あそび」とゆーのは、「猫・と・遊ぶ」とゆー意味ではない。
ナント…
この本は、「猫・で・遊ぶ」ための指南書なのだ!!

「猫に切手を舐めさせる」とか、
「バナナの皮を背負わせる」
「寄り目にさせる」
「うっとり目にさせる」
「はぐはぐさせる」
「猫拓をとる」
「人語を教える」
「コスプレさせる」…
といった微笑ましい遊びから、
「耳をつかんで持ち上げる」
「足の指で猫の耳をつかむ」
「強制腹筋させる」
「みかんのネットをアタマにかぶせる」
「骨をポキポキさせる」
「投げ上げて、素手でキャッチする」
「耳を裏返す」
「顔をビロ~ンと引張る」…
といった、かなり過激な遊びに至るまで、実に100種類もの遊びが網羅されているのだ。

ハッキリ言って、中には、動物虐待に見えるよーなモノもある。
この本の著者は、「常に猫のキモチを考え、くれぐれも節度と愛情をもって行なうこと!」と再三、念を押しているが。
おそらく、この著者は、かなりの愛猫家に違いない。
奥さんが、猫に嫉妬するくらいだから。

んで、読んだ感想は?とゆーと…
ザンネンながら、あまり面白くなかった。
たぶん、ウチにも猫がいたら、きっとその場で全部ためして、もっと楽しめたハズだと思うけど。
まさか、近所のノラ猫で、全部ためすワケにはいかねーもんな~。
d0012442_0332013.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-12-21 00:33 | 文学

風のガーデン

10~11回(最終回)を見た。

暗ェ~けど…いい話だった。
あんまり、ストーリーらしいストーリーはなかったけど。
生と死、そして家族の絆の物語。
映像詩みたいな、淡々とした作品だった。
まぁ…その分、ベタベタしてなくて、良かったのかも。
最初の方は、イヤイヤ見てたんだけど、最後は、かなり真剣に見てた。

ラストは、絶対、ルイのよさこいで終わると確信してたんだが、見事にハズされた。
まさか、平原綾香でシメるとは思わなかったぜ~。
でも、ハッキリ言って、失敗だったと思う。
「カンパニュラの恋」よりも、「ノクターン」の方が、はるかにイイし!
あんな風に、女優として平原をクローズアップする必然性は、全くなかったと思うし。
いつものエンディングの方が、1000倍イイっすよ~。
あー、勿体ねぇ~。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-12-20 22:52 | テレビ