びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

<   2009年 05月 ( 41 )   > この月の画像一覧

『エイリアン』がリメイクされるらしい。
情報が錯綜してて、よくわかんねーんだけど…
リメイクではなく、エピソード0…すなわち、パート1の前日譚になる、って話もある。
また、ソレとは別に、たしか『エイリアン5』の企画も始動してたハズなんだが?
リドリー・スコット監督、シガーニー・ウィーヴァー主演で。

にしても!
『フットルース』『プレデター』『タイタンの戦い』『ベスト・キッド』『エルム街の悪夢』『ウォー・ゲーム』『ベスト・キッド』『ローズマリーの赤ちゃん』『箪笥』『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』『ゼイリブ』『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』『禁断の惑星』『グエムル 漢江の怪物』『エンゼル・ハート』『フェーム』『ヘルレイザー』『フランケンシュタイン』『ジキル博士とハイド氏』『スローターハウス5』『チャイルド・プレイ』『ピラニア』『マイ・フェア・レディ』『サスペリア』『ポルターガイスト』『クリフハンガー』『コナン・ザ・グレート』…
マジで、リメイク企画の嵐なんスけど~!?
[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-05-31 19:14 | ゴシップ/新作情報

くまとやまねこ

湯本香樹実ぶん
酒井駒子え
の絵本『くまとやまねこ』を読んだ。

非常に評価の高い作品だったので、読んでみた。

くまが、親友のことりの死を克服し、再生する話。
この本は…いきなり、冒頭でことりが死ぬ。
子供の本なのに、実にショッキングな始まりだ。

非常にストレートに死が描かれている。
最終的に、くまはやまねこによって、とゆーよりは、
音楽によって救われる。
つまり、この本は、「音楽の癒し」を描いた作品なのだ。
くまにとって、ことりの死は、あまりにも辛かったので…
ただ音楽に救われるだけでなく、ついには音楽と同化してしまうまでに至る。
おそらく、くまにとって、
自ら音楽になりきるコトこそが、唯一の苦痛からの開放だったのだろう。
まるで出家のよーだと思った。
くまにとって、音楽はある意味、宗教となったのだろう。
生きる糧に。

くまはエラいなー。
ちゃんと死と向き合い、受け入れ、再び自分の人生に戻って行ったから。

非常にコンセプトのしっかりした本だ。
デザインも素晴らしい。
色も、紙質も、カンペキに計算され尽くしている。
いつも、酒井駒子の作品は、赤がワンポイントになっているんだが…
この作品では、ダークなピンクに置換されている。

ちなみに…
湯本香樹実は、「ゆもとかずみ」と読むらしい。
「ゆもとかじゅみ」じゃないんだ~?

そうだよ、くま。
d0012442_14295839.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-05-31 10:49 | 文学

きつねのかみさま

あまんきみこ作
酒井駒子絵
の絵本『きつねのかみさま』を読んだ。

非常に評価の高い作品なので、読んでみた。
まぁ…
特に面白くはなかったけど、子供の本としては、良い本なのかも知れねー。

きつねの仔は水色の目で、人間の子供は赤い目に描かれている。
女の子の赤いリボンが綺麗だ。
相変わらず…
赤のアクセントが、実に効果的だ。
おおなみ こなみ
ぐるっと まわって
きつねの め
d0012442_18503122.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-05-31 10:16 | 文学
ガァァァ~~~ン!!!
『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語の』続編は、ストップモーション・アニメになる予定らしい。
ガッカリだ~。
『コララインとボタンの魔女』を見て、自分もやってみたくなっちまったんだろーか?
いや、ストップモーションがキライってワケじゃねーんだが…
なにも続編でやらなくてもいーじゃねーかよ~。
考え直してくんねーかな~?
[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-05-30 10:06 | ゴシップ/新作情報

栗本薫、死す

栗本薫(中島梓)が亡くなった。
これで、ザンネンながら、単独作家による世界最長小説=『グイン・サーガ』は、126巻で絶筆となっちまった。

でも…
実をゆーと、俺は、栗本薫の作品は1冊も読んだコトがね~のだ。
それでも、いちおー読者なのだ。
あとがきだけの読者。
随分、読ませていただきました~。あとがきだけ!
新刊が出ると、必ず読んでたもんなー。

ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-05-27 23:51 | 日々のうたかた
やったぜ~~!!
『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』の続編の企画があるらしい!
楽しみだー。
実をゆーと、期待してたんだけど…
随分、間があいちまったから、もーダメかと思ってたぜ~。
ジム・キャリーとエミリー・ブラウニングは、とーぜん出るんだろーな~?
パート2と言わず、3本でも4本でも撮ってくれよー。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-05-27 23:34 | ゴシップ/新作情報

うろんな客

エドワード・ゴーリーの絵本『うろんな客』を読んだ。

「ある日、突然、ペンギンのミイラみてーな奇妙な生き物が勝手に家に入って来て、そのままいついてしまう」とゆー話。
生き物は、次々と悪さをする。
家族は、ひたすらそれに耐えねばならない…

一見、不条理な受難劇のよーだが、
この「うろんな客」とは、実は、「子供」のコトであるらしい。
えらくつまんねー解釈だが、確かにそ~考えると、何もかも、つじつまが合うのだ。
「ヒトは、最初からヒトとして生まれて来るのではない。ヒトになるのだ」っつーワケだ。
ヒトになる前の子供は、エイリアンっつーか…
よーするに、一種の「怪物」なのだ。
俺は、なぜか、ハンバートハンバートの『怪物』を思い出しちまったぜ~。
d0012442_21563761.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-05-24 23:23 | 文学

MR.BRAIN

初回を見た。
木村拓哉主演の連ドラ。

つまらなかった。
まぁ、予想通りだったが。
もー、何だか、スーパーマンみたいで…
「脳挫傷のため、脳が異常に活性化した」とゆーのと、
「クモに噛まれて、クモ人間になった」とゆーのと、
ほとんど違いはねーように思うが。
マンガみたいっつーか、非常に薄っぺらな話だった。
対象年齢3歳~せいぜい中高生ってカンジだ。

ハッキリ言って…
予算も時間も、勿体ねーと思う。
綾瀬はるかも、勿体ね~し。
木下優樹菜はわかったんだが、一体、SHIHOはどこに出てたんだ?
[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-05-24 16:11 | テレビ

白い春

2~6回を見た。

面白ぇ~。
つーか、いい作品だ。
思いっきり、ベタだけど。
思いっっっきり、テレフォンパンチなんだけど。

だって…
視聴者には、第1話を見た段階で、「さち(大橋のぞみ)は春男(阿部寛)の実の娘だ」ってバレバレなのに、
結局、5話まで引張ったもんなー。その話で。
あえて「落としどころ」を予想させて、ソコに至るまでをじっくり丁寧に描いてゆくカンジだ。

まぁ、日本人は、昔から、ワンパターンな話が大好きだからな~。
『男はつらいよ』とか、『水戸黄門』とか…
今やってる『必殺仕事人』もそーだけど、時代劇は、ほとんどワンパターンだ。
落語だって、そ~だ。
すでに知ってる話を楽しむのだ。何度でも。

よく考えると、この話の設定って、「かなり無理がある」ってか、不自然だよなー。
「理想的な家族」として描かれてる村上家の3人は、
実は、何のつながりもねー他人同士だし。
栞(吉高由里子)と勇樹(遠藤雄弥)と春男だって、みんなアカの他人だし。
恋人ですらない。
3人が住みついてる屋上のプレハブは、家賃いらねーみたいだし。
ハッキリ言って、ほとんどファンタジーの世界だ。
あり得ねー。
ど~考えても、この話…
最後は春男が死んで終わりのよーな気がしてならねー。
ホントに天使になって、終わり。
くっ、暗ぇーなぁ~~~…。

あと…
あのヘンテコな視聴者プレゼント(春男キャラグッズ?)は、欲しくねーよなぁ~!!
パンか何かにしとけば良かったのに…

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-05-23 23:37 | テレビ

BOSS

ほぼ全滅状態の今期、唯一の勝ち組ドラマ。
3~6回を見た。

4~5回の「木本(戸田恵梨香)誘拐篇」は、ハッキリ言って、
「前後編にする必要があったのか!?」って気もしたが、面白かった。
ゲストの殺人犯(山田孝之)と天海祐希の心理戦が、なかなか良かったぜ~。

6回のゲストは天才女子高生役の志田未来だった。
面白かった!!
今期のドラマの中で、ベストのエピソードだったかも。
『ガリレオ』よりも、『ヴォイス』よりも…
はるかに面白かったぜ~。
天海祐希vs志田未来!
スッゲ~緊迫感だった。
やっぱ、刑事ドラマは、こ~じゃなきゃなー。

根本的に、刑事ドラマってジャンルに新鮮さを感じねー。
従って、一切、キョーミも期待もなかったんだが…
「新設された特別犯罪対策室」っつー設定は上手いなー、と思った。
ある意味、コレで、「何でもアリ」の状況を作り出すコトに成功しているからだ。
何をやっても、そもそも比較の対象が存在しねーから、不自然じゃねーし。
どんなに場違いなキャラクターを出してもオッケーだし。
はみ出し者の寄せ集め…
つまり、「駄目チームを優勝に導く」とゆーストーリーだ。
コミカルな部分とシリアスな部分のブレンドが絶妙だ。
個人的には、ホントはもーちょっと、天海ねーさん以外のキャラも活躍してくれた方が好みなんだが。

それにしても…
毎回、ラストに出て来るデート(?)シーンは、
おそらく、過去の話とリンクしてるんだろーけど…
果たして、今後、事件と関わって来んのかな~?
シワ、最高~~~!!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-05-23 08:09 | テレビ