びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

吉井武道館2009

年末恒例の「吉井武道館2009」に行って来た。
今回は…
前説なし、ゲストなし、替え歌なしだったけど、良かったんじゃねーかな~?
てか、要らねーだろ、前説?

今回は、今までで最もステージに近い席だった。
お陰で、ジョシュ・フリーズのド迫力のスティックさばきをたっぷり堪能させてもらったぜぇ~。
以前から、「ジョシュのドラムの音は、他の人とは全然違う」とは妻に聞かされてはいたんだけど…
俺のボンヤリとした耳には、違いがよくわかんなかったのだ。
でも、さすがにこんだけ近くで目の当たりにすると、俺の節穴の目にも、その違いがハッキリとわかったぜー。
お゛お゛お゛~~~っ!!
まるで「太鼓の達人」っつーか、鬼太鼓座!?みたいな。
ひょっとして…
「二天一流」の使い手ですか?みたいな!
いや、待てよ。
もしかしたら、「虎眼流」かも~?みたいな!!
何つーか、どシロートの俺には、全くわかんなかったんだけど、
ムエタイの蹴りのよーな、独特の叩き方をしているよーに見えた。
『バキ』に出て来る「鞭打」と言っても良い。
よーするに、ただ力ずくで叩くのではなく…
己れの肉体の中に「タメ」を作り出して、最大の破壊力を生み出す打ち方だ。
古来、武道には、必ず「奥義」と呼ばれるモノが存在するが、
実は、その内の多くは、全く同じモノではないか?とゆー話を聞いたコトがある。
世の中には、実に様々な流派があり、無数の「奥義」が存在する。
が、実際は、真実は一つしかなく、そこに至る道(技術・方法論)が無数にあるだけなのではないか?とゆーのだ。
『B.B.』に登場した「10cmの爆弾」、
ブルース・リーの「ワンインチパンチ」、
中国武術に於ける「寸勁」、
極真世界大会で松井館長が行なった掌による瓦割り…
これらは全て、同じモノなのではないか?
って、話が脱線し過ぎたか…!

途中でスティック折れちゃうんじゃねーか?とか、
終わったら、ドラムに穴開いてんじゃねーか?とか思いながら見た。

例によって、7~8割は女性客だったと思うんだが…
ほぼ全員がジャンプするもんだから、武道館が揺れていた。
船酔いしそーな勢いで!
今にも武道館が崩落すんじゃね~か!?と内心ヒヤヒヤしたぜ~。
昔、星新一だったか、筒井康隆だったかが
「中国に大量破壊兵器なんて必要ない。ただ、国民がみんな机に乗って、一斉に飛び降りるだけでいい。たったそれだけで、彼等は津波を起こし、地震を起こすコトが出来るのだから。そのパワーは、あるいは地軸をズラし、地球の軌道さえ変えてしまうかも知れない…!」と言ってたのを思い出しちまったぜ~。

おそるべし、吉井和哉!
おそるべしっ、吉井武道館!!

ちなみに、セットリストは…

JUST A LITTLE DAY
ALL BY LOVE
Do The Flipping
LIVING TIME
黄金バッド
Yar Blues(「ジョン・レノン スーパーライヴ 2009」で歌ったカヴァー曲)
ウォーキングマン
LONELY
CALL ME
FALLIN' FALLIN'
I WANT YOU I NEED YOU
魔法使いジェニー
BLACK COCK'S HORSE
BEAUTIFUL
TALI
ONE DAY
ビルマニア
ノーパン

BELIEVE
ルビー
WEEKENDER
FINAL COUNTDOWN
Shine and Eternity

…だった。
何か、毎年、良くなってくよーな気がすんな~。
それにしても、音楽不況も深刻なのに、
こんだけのファンに支えられて、好きなコトが出来て…
つくづく、幸せな人だなぁ~と思った。
食って行くために、やりたくもないよーなコトをやってる人が大部分なんだから…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-12-29 11:27 | 音楽
K-1が死んで久しい。
全女も倒産し、ハッスルも消滅しちまった。
(オマケに、インリンにギャラを払ってなかったのもショックだった!)

セーム・シュルトがV4……!!
あり得ねぇ~。
今年こそはバダ・ハリがK-1を再生してくれんのかと、ちったぁ~期待してたんだが…
超・ど派手に玉砕しちまったし!
勝てたのによー。
優勝出来たのによォォォ~~~。
勿体ねぇ~。

ハッキリ言って…
シュルトが何連覇しよーが、俺の中では無価値だ。
なぜって、シュルトはK-1ファイターじゃねーからだ。
シュルトは、永遠に「K-1の枠の外」の人だ。
つーか、シロートだ。
最強のシロート。
哀しいぜぇ~。
「シロートが王者になる」ってコトは…
その競技の死を意味するからだ!

俺にとって、K-1とは…
1年に1回限りの、「夢の競演」だったのだ。
超ゴージャスな、ごちそうみてーなモンだったのだ。
基本的に、日本にキックボクシングなんて、あってねーよーなモンだったから、
マジで毎年、K-1が楽しみだった。
石井館長の理念では「K-1のKは、空手、キック、カンフー、喧嘩…Kのつく立ち技最強を決める場」とゆーモノだったが、
俺にとっては、かけがえのない「サラブレッドたちの競演」だった。
絶対に、見られるハズのないもの…
ソコでは、海外でさえ実現不可能なドリームマッチがごく当たり前に実現していた。
表向き「立ち技最強」を銘打ってはいたものの、
正しくは、公式ランキングとは全く無関係の、独自のルール・独自の競技として存在するモノだった。
ワンナイト・トーナメントとゆー名の、聖なる1回性。

K-1の歴史は、すなわちピーター・アーツとアーネスト・ホーストの歴史だった。
それが明らかになった時、プロモーターとして石井館長が考えた「次の一手」が、「外敵」だった。
当初、館長はビッグバン・ベイダーをK-1のリングに上げるコトを熱望していたらしい。
ソレは、すなわち「規格外の対戦相手と対した時…K-1はどうなるのか?」とゆー発想だ。
プロレス的、マンガ的な発想だが、「マンネリ打破」って意味では、おそらく正しい選択だったのだろう。
が…
具体的には、この企画はボブ・サップとゆーカタチで実現し、
結果、ホーストとゆー既に完成された選手を「キラー・ホースト」に進化させてしまった。
ホーストは、「KOアーチスト」であるコトをやめ、
「相手選手を肉体的に破壊して勝つ」とゆー禁断の領域に足を踏み入れてしまった。
つまり、「外敵」とゆー概念が、本質的に競技自体を変質させてしまったのだ。
思えば、この時から、既にK-1の「終わりの始まり」は始まっていたのかも知れねー。

そして、ついにシュルトがこの方向性を補完し、全てを終わらせた。
K-1の歴史に幕を引き、永遠に続く「ジャイアンのリサイタル」の時代が始まった。
コレは…悪夢以外の何者でもない。
ハッキリ言って、強けりゃイイってモンじゃねーのだ。
もし、そんなんだったら、何も素手で戦う必然性なんて微塵もねーし。
ナイフやピストルを使えば、シロートだって充分強くなるワケだし。
てか、1対1である必要すらない。
つーか、ミサイル1発で終わりだろ?
ボタン1つ押せばいーんだから。
俺は、そんなモン、別に見たかね~よ!
「弱い者いじめ」とか、「なぶり殺し」が見たいワケじゃねぇ~。
そもそも、「暴力行為」が見たいワケじゃねーのだ。
アートの域まで高められた「技術」の攻防が見たいのだ。
それは、「神の領域」と言っても良い。
格闘技による「究極のメニュー」「至高のメニュー」みてーなモンだ。

アーツやホーストを神々とするならば…
いわば、シュルトはタイタン…ティターン族なのだ。
「夷狄」なのだ。
神ではない。

ヘビー級とはいえ…
シュルトの肉体は規格を外れ過ぎだ。
単に背が高いとゆーだけではなく、
腕も脚も、あまりにも長過ぎだ。
制空圏が違い過ぎるため、根本的に、勝負にならねー。
リーチの差で、対戦相手の攻撃は全く届かねーのに、逆にシュルトは好きなだけ、一方的に攻撃出来るのだ。
対戦者は、自分の攻撃を当てようと思ったら、シュルトの懐に飛び込んで行かねば勝機はゼロだ。
成す術なくタコ殴りにやられっ放しで負けるか?
あるいはリスクを冒して、一か八か、玉砕覚悟で飛び込んで行くか?
2つに1つしか、選択肢はねーのである。
そして、折角、飛び込むとゆー勇気ある選択をしても、
カウンターが待っているのだ。サイアクなコトに。
よーするに、大人と子供のケンカみてーなモノだ。
子供が、泣きながらメチャクチャにぶんぶん拳を振り回しているのを、
大人が、上から片手でガシッと子供のアタマをつかんでいるので、子供の攻撃は一切、当たらない…みたいな。
もっと言うと…
二階にいる人間と戦うよーなモンだ。
あるいは、騎乗し槍で武装した兵に、ナイフ1本で立ち向かうよーなモノ。
あるいは、サブマシンガン相手に拳銃1丁で挑むよーなモノ。
あるいは、ゾウと素手で格闘するよーなモノ。
…なのだ!
こんなの、ハンディキャップがあり過ぎるだろ!?
だって!
単純に、そもそも手すら届かねーのに、勝てるワケがねーじゃね~かよ!?

シュルトの試合を見ていると、いつも思い出すコトがある。
それは…
大石進とゆー剣客と、剣聖・千葉周作の一戦だ。
大石某も、シュルト同様の長身で…
1.6mものバカ長い竹刀を愛用していたため、誰もが大石の間合いに入る前に、突きにヤラレて負けてしまっていた。
コレは、シュルトと全く同じ状況だ。
そりゃそ~だろ!?
ただでさえ、竹刀とゆーより槍に近いよーなシロモノを、バカ長い腕で突き出して来るんだから!
が…
大石と立ち合うコトになった時、ナント!千葉周作は鍋のフタのよーな巨大な鍔をつけて来たのだ。
それは、鍔とゆーよりは、盾に近いよーなモノだったのだろう。
奇計に対し、奇計で応じたワケである。
だが、こんなモノは、所詮、真っ当な勝負とは言えない。
それこそ、キリがねーからだ。
シュルトの試合も同様だ。
俺の目には、非常に醜く、滑稽で無様にしか見えねー。
ソコには、「美学」がない。
シュルトは、けっしてサラブレッドにはなれない。
駄馬なのだ。

いつの日にか…
誰かがシュルトを斃す日が来て、
そのティターンの屍から、世界が…
K-1が再生する日が、やって来るのだろーか?

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-12-28 00:41 | バトル

JIN -仁-

村上もとか原作、森下佳子脚本、大沢たかお主演の連ドラ。
初回~10回を見た。
本放送時にノーチェックだったので…
再放送で一気に見た。

面白かった。
軒並み低調な今期ドラマの中で、20%越えの数字を叩き出した唯一のドラマだ。
スタッフ・キャスト共に、『セカチュー』~『白夜行』チームの多くが参加している。
…ので、作品の構造が、根本的に『白夜行』にソックリだ。
・倒述形式
・主人公のヒロインへ向けたモノローグが映像にカブされる
森下佳子の職人芸がつむぎ出す、この、もはや麻薬的とさえ言えるモノローグが実に見事だ!
過酷な運命に翻弄されつつも、尚もくじけず、悪戦苦闘する主人公の姿は、
スーパーヒーローではなく、等身大のヒーローとして、感情移入出来る。
どこまでもピュアでヒューマンな内容が胸を打つ。
バーン!と冒頭で大きな謎を提起して、それを大きなフックとして、ラストまでの求心力としている。
具体的にゆーと、
・胎児の謎
・タイムスリップの謎
・「包帯の男」の正体
この3つの謎だ。
特に、「胎児の謎」は、考えても絶対に解けないので、非常に強い求心力となる。
とーぜん、視聴者は、ラストまで、「あ~でもない、こ~でもない…」と、ずっと謎解きを考えながら、作品を鑑賞するコトになる。
ウマいよなぁ~。

途中、戸田菜穂の死のあたりで、「まさか…『ファイナル・デスティネーション』にはならねーよな~!?」と結構、ドキドキしたぜー。
基本的には、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と『バタフライ・エフェクト』を掛け合わせたよーな話で、
ソレに時代劇と医療ドラマをからめた、何つーか、「鵺」っつーか、「キマイラ」っつーか…
よーするに、「闇鍋」みてーな作品だ。
オリジナリティって意味では、特に見るべきモノはない。

むしろ、この作品の魅力は、丁寧な人物描写と構成力、そして巧みな台詞まわしに尽きるよーに思う。
『包帯クラブ』でも感じたコトだが…
森下佳子とゆー脚本家の思考は、俺のそれと非常に似ているのかも知れねー。
特に10話で、登場人物が口を開く前に、台詞がわかってしまう、とゆー…
奇妙なデジャヴを何度も味わった。
小さな杯も、良きものでありんすよ。
大きな杯には、すぐ酒がなくなってしまいんす…

大きな器(竜馬)、小さな器(恭太郎)、美しい器(仁)…
とゆーエピソードがあったけど、
初音(水沢エレナ)の科白がよかったなー。
きっと…
俺の器は、小っちぇえ~んだろーなぁ~、と思った。
それこそ、粒子加速器と電子顕微鏡がね~と発見出来ねーくらいに。
タキオンかよ!?みたいな。
つーか、そもそも、「器」のカタチじゃなかったりして?
何か、「器」としては全く用を成さない、意味不明の物体かも知れねーぜ~。
「無用の長物」ってヤツ!?
でも、まぁ…
「器」ってのは、生まれながらのモノだって話だから、
ジタバタしたって、どーしよーもね~しなー。
d0012442_13382468.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-12-20 11:03 | テレビ

ノディエ幻想短篇集

シャルル・ノディエ著『ノディエ幻想短篇集』を読んだ。

実をゆーと、炉辺話ってコトで…かなり期待してたんだが…
想像と違って、ちょっとザンネンだった。
あまりにも文体が独特で、異常に修飾の多い語り口に苦しめられた。
『マルドロールの歌』を思い出しちまったぜぇ~。

「ベアトリックス尼伝説」は、比較的、読みやすかった。
何だか、『アデルの恋の物語』みてーなカンジだったが。
キリスト教の教訓話?って気もするが。

ハイクラウンチョコみてーな挿絵が、なかなかいいカンジだった。
トニー・ジョアノとゆー人らしい。
d0012442_10583565.jpg
ノディエ幻想短篇集

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-12-13 11:02 | 文学
なんと!
ナタリー・ポートマンが『高慢と偏見とゾンビ』の主演・プロデュースを努めるらしい。
ビックリだ。
もっとショボ~いカンジで映画化するんだと思ってたから。
しかも、あのナタリー・ポートマンがやるとは!!
二重にビックリだぜぇ~。

あらすじを聞いても、いまいちテイストが理解出来ね~んだけど…
『ショーン・オブ・ザ・デッド 』みてーなカンジに仕上がるのかな~?
何にせよ、映画としてのクオリティは、かなり高くなりそーだ。
面白くなるとイイなぁ~。
d0012442_8564854.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-12-12 08:56 | ゴシップ/新作情報
ケイ・トンプソン文
ヒラリー・ナイト絵
の絵本『エロイーズ、モスクワへいく』を読んだ。

どえらくロシアに対して批判的な作品で、ビックリした。
とは言っても、もちろん絵本だから、ストレートには描いてねーけど。
コミカルに描いてはいるものの、
よーするに「ロシア料理はマズいし、そこら中、スパイだらけ」って話なのだ。
実際にロシアに取材に行って描いた作品のよーなので、
おそらくその時に、かなりイヤな思いをさせられたんだろう。
他の作品と違って、ほとんど灰色で描かれてるし!
読んでても、あんまり楽しくねぇ~。
エロイーズらしくね~っつーか。
やっぱ、エロイーズはプラザホテルにいるのが一番なのだ。
何か、座敷童みてーだな~。
外交官なら、ロシア料理は、おいしいって言うはずよ。
はっきり言えば、てってーてきに、そうじゃないけど。


d0012442_0554596.jpg
エロイーズ、モスクワへいく

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-12-06 00:58 | 文学

エロイーズのクリスマス

ケイ・トンプソン文
ヒラリー・ナイト絵
の絵本『エロイーズのクリスマス』を読んだ。

一言でゆーと…
「エロイーズ流・てってーてきクリスマスの楽しみ方」だ。
クリスマス狂想曲、みたいな。
まるで嵐のよーなクリスマスだな~。

何でもかんでも…
しまいにゃ、ホテルのゴミ箱から拾ったゴミまでラッピングして、プレゼントしちゃうし!
食べて、食べて、食べて、
歌って、歌って、歌って、
プレゼントして、プレゼントして、プレゼントして…!
一生懸命、クリスマスを楽しむエロイーズの姿を見ていると、
「ひょっとして、人生を楽しむって、こーゆうコトなのかも?」とさえ思えて来る。

それにしても…
アメリカにリンゴアメを手作りする文化があるとは知らなかったなー。

「われはロビーにいくなり、
クリスマスを
ばらまくなり!」
d0012442_21523266.jpg
エロイーズのクリスマス

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-12-05 21:54 | 文学

あなたの人生の物語

テッド・チャンの『あなたの人生の物語』を読んだ。

テッド・チャンとゆー人は、非常に寡作な作家で、この本に収録された8つの短編が、発表された作品の全てらしい。
しかも!
デヴュー作で、いきなりネビュラ賞を最年少記録で受賞し、
さらに、そのわずか8作で…
ネビュラ賞を3回、
ヒューゴー賞を5回、
ローカス賞を6回、
スタージョン賞を1回、
星雲賞を1回も受賞しているのだ!!

非常にクレバーで技巧的な作家だ。
「物理学の定理を文学に変換する」とゆー離れ業を行なっている。
ボルヘスとか、カルヴィーノを連想させる。
まぁ、たしかにスゴいとは思うんだが…
こーゆうのは、イマイチ、俺の好みじゃね~かも?
サルトルに触発された作品もあるみてーだが…
コレだったら、サルトルの方がイイし。
何つーか…カタイのだ。
ガチガチにカタイ。
俺は、もっとヤワラカい方が好きだ。
個人的には、
ラファティじーさんとか、
ヴォネガットとかの方がイイぜぇ~。
「アタマで書く」タイプの作家より、
語り部タイプの作家の方が好きなのだ。
ま、カンゼンに好みの話だが。

が…
「七十二文字」と「地獄とは神の不在なり」は、かなり面白かった。
世界観を構築するのが非常に上手い作家だ。
惜しい。
マジで、惜しい!
もっとふくらませて、ばっちりテーマを組み込んで、長編として仕上げれば、間違いなく不朽の名作になっていただろーに…!!
このままじゃ、何つーか…
「習作止まり」っつーか、
「アイデア」止まりっつーか、
「作品以前」っつーか…
この本を読んでると…まるで偉大な画家の素描を眺めているよーな気分にさせられる。
あー勿体ねぇ~。
d0012442_16102674.jpg
あなたの人生の物語

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-12-05 10:19 | 文学

エロイーズ

ケイ・トンプソン作
ヒラリー・ナイト絵
の絵本『エロイーズ』を読んだ。

ニューヨークのプラザホテル最上階で、たった1人で暮らす6歳の女の子のお話。
しかも、ナニー(乳母)つき!
しかも、家庭教師つき!
プラザホテルは巨大なお城さながらで、
エロイーズはまるでお姫さまのよーだ。
いたずらし放題。
ルームサービスだって、頼み放題。
長距離電話も、し放題。
落書きし放題。

ママは超リッチで、超多忙。
いつも世界中を飛び回っている。
エロイーズは孤独だけど、
周囲の大人たちが、いつもあたたかく見守っている…
つーか、実をゆーと…最初、読んだ時は、自縛霊か座敷わらしの話か?と思ったんだが。

む゛む゛む゛っ…!?
コ、コレって、どっかで読んだよーな気がすんな~?
気のせいかなぁ~?
と思って読んでたら、
!!!!!
そ~だ!!
『バカ姉弟』にそっくりじゃねーかよ!?
日本の下町が、ニューヨークになっただけで。
ひょっとすると、この作品は、『バカ姉弟』のネタ元なのかも知れねー。

エロイーズは活発で悪戯っ子だけど、超現実的なコだ。
一般的には、魅力的なのかも知れねーけど…
健全過ぎるっつーか、当たり前っつーか、
あまりにも、フツーだよな~。
ま、別にい~けど。
個人的には、『ローズ・イン・タイドランド』のジェライザや、
『エミリー・ザ・ストレンジ』、『アメリ』、『赤毛のアン』、『ジョゼと虎と魚たち』、『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』、『ビートルジュース』、『パンズ・ラビリンス』…
のよーな、特異な世界観をもった、エキセントリックな子供たちの方が好感が持てるんだがなー。
つけておいてね
ありがとう

d0012442_10372644.jpg
エロイーズ

[PR]
by inugami_kyousuke | 2009-12-05 09:13 | 文学