びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ねこぢるだんご

『ねこぢるだんご』を読んだ。

なっ、なんと!
こないだ読んだ『ねこ神さま』よりも、残虐テイストがはるかにパワーアップしてやがるじゃね~かよ!!
とは言っても…
具体的に、他のマンガと比べて、この作品の描写が過激とゆー意味ではない。
もっと過激な作品なんか、いくらでもある。
要は、「描き方」とゆーか…
「対比」とゆーか、「バランス感覚」なのだ。

にゃーことにゃっ太とゆー可愛い(けど無表情な)仔猫のキャラクターが、残虐な出来事に出会うワケだが、
あくまでも、常に彼らの役割りは「傍観者」であり、彼ら自身が傷つくコトはけっしてない。
ただ無表情に、凄惨きわまる事件を見守るだけだ。
そしてソレを、彼らは素直に現実として受け入れる。
ただ一言、「ああ…死んじゃたにゃー」とか、つぶやきながら。

よーするに、この一連の作品で行なわれているコトは何か?とゆーと…
すなわち「臭いモノにはフタをしろ」の逆の行為なのだ。
世の中の醜い部分のフタを、片っ端から引っ剥がしてるワケだ。
「ねこぢるとゆー作家の存在意義は、この一点に尽きる」と言っても過言ではない。

にゃーこやにゃっ太の無表情な瞳は、世の無常を映し出す。
まるで「死生眼」のよーだ。
解脱した聖者のそれのよーにさえ見える。

ただ…
こーした「醜悪な現実」は、たしかにその通りなんだが…
正しいんだが…
ハッキリ言って、そんなこたー誰でも知ってるのだ。
ねこぢるは、ひたすら汚いもののフタを開けまくってるだけで、その先の作業を全く行なっていない。
言わば、ねこぢるとゆー作家は、「告発者」に徹しているのだ。
言いっ放し、投げっ放し、広げっ放し…なのだ。
ホントは、この先を描くべきだし、読みたいのだが…
「問題は提起したにゃー。あとは自分で考えるにゃ~」ってコトらしい。
d0012442_13532440.jpg
ねこぢるだんご

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-02-20 09:47 | コミック
カート・ヴォネガット著
アイヴァン・チャマイエフ画
の絵本『お日さまお月さまお星さま』を読んだ。

ヴォネガットの絵本があったなんて知らなかったぜぇ~!
と思って、ワクワクして読んだんだが…
つまらなかった~!!
陳腐だ。イマジネーションが。
この程度なら、誰だって思いつく。
こんなんだったら、別に、ヴォネガットである必要は全くない。
別の作家で良かったと思うし、
あるいは、いっそ文章なしの方が、はるかに面白い絵本になったハズだ。

実は、この本は、企画モノなのだ。
チャマイエフが先にイラストを描き上げ、
ヴォネガットがそのイラストを見て、物語を付ける…とゆー企画だ。
コレは、ハッキリ言って、企画倒れ以外の何者でもない。
つーか、そもそも、ヴォネガットは、そーゆう類いの作家ではなかったのだろう。おそらく。
「スゲー面白い企画を思いついちゃったから、どーしてもやってみたかった」んだろーけど、
それにしたって、適性ってモンがあるだろ~?
どーしてもコレでやりたかったのなら、絵本ではなく、
短編集にするべきだった。
全く同じ絵に、ヴォネガット1人ではなく、複数の作家に物語を付けさせて…
5~10作品くらい、毛色の違う作品があれば、かなり面白い本になっていたと思うんだがなぁ~。
ザンネン。

アーメン。
d0012442_1750420.jpg
お日さま お月さま お星さま

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-02-20 09:38 | 文学

マルグリット・ユルスナールの『火 散文詩風短篇集』を読んだ。
たった2葉だが、野中ユリの挿画が良かった。
ちなみに、本名はマルグリット・ド・クレイヤンクールで…
ユルスナール(Yourcenar)は、クレイヤンクール(Crayencour)のアナグラムとなっているらしい。


この作品は、

この本が決して読まれぬことを望む。

とゆー一文で始まる。
おお~っ、カッコいい書き出しだなー、と思って期待して読んだんだが…
どーも、この作品は、いわゆる文学作品とゆーよりも、個人的な文章に近いらしく、

パイドラーあるいは絶望
アキレウスあるいは嘘偽
パトロクロスあるいは運命
アンティゴネーあるいは選択
レナあるいは秘密
マグダラのマリアあるいは救い
パイドーンあるいは眩暈
クリュタイムネーストラーあるいは罪
サッポーあるいは自殺

とゆー風に、歴史上の人物や神話の登場人物を採り上げているんだが…
ここで語られる物語は、全く違う物語なのだ。
登場人物の名前こそ同じだが、内容は全く別の話だ。
リ・イマジネーションとゆーか…
つまり、ここで行なわれているのは、
様々な登場人物とそのシチュエーションを借りて、作者自身の意見とゆーか、心情を綴っているワケだ。
よ~するに、極端な話、物語なんて、ど~でもイイってコトだ。
コレはある意味、非常に個人的な日記にも似ている。
だからこそ、「読まれぬことを望む」で始まっていたのだ。
まるで、文学少女の解りにくい日記を盗み読みしてるよーなカンジだったぜ~。
作者の同性愛志向も、俺にはよくわかんなかったしなー…

いないとき、あなたの姿は拡がって、宇宙を満たすほどになる。亡霊のような、流動性のものになる。いるとき、あなたの姿は凝縮し、あなたは最も重い金属、イリディウムや水銀のような重みを持つにいたる。その重みが心臓の上におちかかるとき、私は死ぬ。
d0012442_13485963.jpg
火 散文詩風短篇集

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-02-20 09:09 | 文学

橋の上の人たち

ヴィスワヴァ・シンボルスカの詩集『橋の上の人たち』を読んだ。
シンボルスカはポーランドの詩人で、ノーベル文学賞を受賞している。
国民的詩人らしい。

が…
何なんスかね~、この訳は?
い~のか、コレで?

どうなの、哀れな人間さん
わたしの分野じゃ進歩があったわよ


とか…

あらだめ、誤解しないで
字を書いたこんな変な紙、そっちに引っ込めて。


とか…
何だよ?このアリャリャな翻訳はよ~?
何か…女をバカにしてねーか?
コレって、詩だよな?
なにゆえ、こんな口語体で訳すかな~?
しかも、メチャメチャ不自然だし!!
ハッキリ言って…口語としても詩としてもヘンだと思う。
おそらく、翻訳自体は正しいんだろーけど、
こんなバカっぽくされちまって、作者が可哀想だ。
ザンネンながら、ここまでされちまうと…
原文の内容を全く想像出来ねぇ~。
d0012442_1433968.jpg
橋の上の人たち

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-02-20 08:35 | 文学

つみきのいえ

加藤久仁生絵
平田研也文
の絵本『つみきのいえ』を読んだ。

第81回アカデミー賞短編アニメ賞を受賞したアニメを絵本化した作品らしいが…
単に絵本として見ると、平板で、面白味に欠ける。
ありがちとゆーか、
特に新鮮さを感じね~し、魅力もね~し。
何つーか…絵コンテを見せられているよーなカンジだ。
ひょっとしたら、アニメの方はもっと良かったのかも知れねーが。
やっぱ、せっかく絵本にするのなら、ただそのまんまじゃなく、
もっと絵本でしか出来ねぇ遊びとゆーか、
工夫とゆーか、仕掛けを考えるべきだったと思う。
d0012442_1552953.jpg
つみきのいえ

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-02-20 08:16 | 文学
えっ!?
えええ~~~~っ!?
たしか、『大魔神』は、映画でリメイクのハズだったのに…
いつの間に、TVドラマに格下げになっちゃったんスかね~?

しかも、『大魔神カノン』って…
「ヒロイン(カノン)と大魔神がつながってる」っつー意味なんだろーか?
まさか…
大魔神=ヒロイン(カノン)じゃねーよな~?
ヒロインが、怒るとムクムクムク!って、大魔神に変身する、とか?
ハルクみてーに。

ヒロインが、祈りの歌で大魔神を復活させるらしい。
ありがちだなー。
モスラかよ?みたいな。
製作費は10億円で、全26話。
なっ、長ぇ~な~!深夜番組のワリには。

なんか…
かなりビミョ~なカンジだなー。
新・大魔神のデザインも、ヨロイを着てなくて、なぜか裸だし!
そもそも、『大魔神』は、時代劇だから成立してたんだが、
現代劇にしちまったら、悪役は、一体、どーすんだ~?
敵は?テロリストとか?
悪い政治家とかをつまみ上げて、ぶん殴ったりするんだろーか?
んでもって、ビルを破壊して…?
って、どっちの被害がデカイんだか。

映画だったら、見てみたかったんだがなー。
ザンネン。
でも、たぶん、いちおー見ると思うけど。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-02-14 22:16 | ゴシップ/新作情報
突然、サム・ライミ監督とトビー・マグワイアが降板し、世界中を驚愕させた『スパイダーマン』シリーズ最新作のその後だが…
2012年夏全米公開予定とは言われているものの…

・3D映画として製作する
・続編ではなく、前日譚として、若き日のピーター・パーカーを描く(すなわち、キャスト・スタッフを一新してシリーズを再起動する)
・ダークなテイストの作品にする

とゆー基本ラインが決定しているだけで、具体的には、まだ「始動している」とゆー状態には程遠いように思える。
監督も未定だし、
主演のピーター(スパイダーマン)役もまだ決まっていない。
ザック・エフロン、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー、ローガン・ラーマン…
などとウワサはされているが、
『スパイダーマン4』の予算は約72億円とも言われており、
(ちなみに、『スパイダーマン』の予算は約125億円、『スパイダーマン2』は約180億円、『スパイダーマン3』は約232億円だった)
3D作品で、しかもVFXも多用するアクション作品としては、かなり低予算映画であるコトがわかる。
っつーコトは、ハッキリ言って、主演はほぼ無名に近い、よーするにギャラの安い俳優になる可能性が非常に高いハズなのだ。

ソニー・ピクチャーズとサム・ライミ監督の対立は、
「もっとジャンジャン悪役を出せ!」
「いやだ。今回は悪役は1体にして、じっくり描きたい」
とゆー内容だった、と聞いていたが、実際は、問題はそれだけではなかったよーだ。
ライミ版の『スパイダーマン4』の脚本は、
「ピーターは恋人メリー・ジェーンと破局し、新たな恋に落ちる。また、悪役のヴァルチャーが本当の父親であったと知り、スパイダーマンとして倒さねばならない葛藤が描かれ、ラストではスパイダーマンのマスクを脱ぎ捨てる」…とゆー完全にオリジナルな(原作を無視した)内容だったらしい。
ん~、どーせなら、いっそ、アメコミ版じゃなく、
小池一夫+池上遼一版を原作にしちゃったらど~っスかねぇ~?
まぁ、その場合…版権がどーなるのか?よくわかんねーけど。

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-02-07 11:23 | ゴシップ/新作情報