びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ハァァァ~~~!?
何スか、コレ!?
ホントにやる気あんのか、テレ東?

選手たちは一生懸命やってるんだろう。もちろん。
ただ…
ソレだけじゃダメなのだ。
なぜなら、コレは『元祖!大食い王決定戦』なのだから。
常人を遥かに超えて、「神の領域」を見せてくれなきゃ、真の『大食い王』とは言えねぇ~のだ。

アンジェラ佐藤は引退。
そして、魔女菅原は殿堂入りだぁぁぁ?
認めねーよ、そんなモン。
ざけんじゃねーよ。
「殿堂入り」って何だよ!?
勝手にキメてんじゃねーぞ!
明らかに強制引退だよな~。
そんなの、体のいい厄介払いじゃね~かよ!?
現に、さかなクンは5連覇してるワケだし。意味わかんねーんですけどー。
そもそも、「引退」の線引きは、あくまでも本人自らがするべきモノであって、
他人に強要されるよーなモノではない。
しかも、ヘンなガラクタみてーなトロフィーを路上で渡すだけって…
バカにしてんのかよ!?
ソレが「殿堂入り」した偉大な王者に対する態度かよ!?
アンジェラにしたって…慰留くらいしたらどーなんだ!?
今回は、ロシアンも三宅智子も局側から出場を拒否られたらしいし!
テレ東、サイテーだ…!!

家族愛とか、男泣きとか、男vs女とか…
バラエティですか?コレ~???みたいな。
結局、光上せあらが一番、印象に残ってたよーな…

終わったな…
『元祖!大食い王決定戦』は、競技として、完全に終わった。
『大食い』は死んだ。

ちなみに…
どーでもイイけど、「超新星(スーパー・ノヴァ)」ってのは、
「新しく出来た星」って意味ではない。
「星がその寿命を終える前に爆発する現象」のコトだ。
やっぱ、もーダメなんスかねぇ~?
俺にとっては、ホントに数少ない、大好きな番組だったんだが…

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-09-28 00:42 | バトル

GOLD

天海祐希主演の連ドラ。
全11回を見た。

視聴率は、『うぬぼれ刑事』に毛の生えた程度だったのがザンネンだったが、
個人的には、面白かった。
あんまり内容のある話じゃなかったが、充分、楽しめた。

早乙女悠里は、美しく、強く、そして正しい。
が、人知れず、時に人生に深く傷つき、哀しみ、苦しみ…
それでも、常に美しく、強く、正しくあろうとする、
人として、母として、女として。
「折れない心」を描いた作品だ。

早乙女悠里(天海祐希)を中心とする「早乙女一族サーガ」みてーな話だ。
イサベル・アジェンデの『精霊たちの家』を思い出した。
悠里と悠里をめぐる人々の奇妙な話が描かれる。
それ以下でも以上でもねぇ~。
コレで、もっとテーマを掘り下げてくれれば、サイコーだったんだが…。
謎の主婦占い師のエピソードとか、
近親相姦のエピソードとか、
エステの人事のエピソードとか…
結局のところ、全ては悠里を描くためだけのストーリーテリングになっているので、
作品に深みとゆーモンがまるでない。
「ハイ!この話終わり。ハイ、次!!」
みたいな。
たぶん、謎の主婦占い師はリカ(長澤まさみ)の母親だったんじゃねーか?と思うんだが…
亡き兄の遺児であるロンゲのにーちゃんや、
専属の運転手、
去って行ったエステの人も、
麻衣子(南沢奈央)も…
役目が終わったら、二度と出て来やしねぇ~し!
もーちょっと、キャラを立てても良かったんじゃねーか?と思う。

序盤~中盤にかけて、おそらく悠里のキャラを立てるためだったんだろーが、
必ずディベートのシーンが入っていた。
コレが俺にはツボだった。
悠里の話はいつも極論で、むしろ「啖呵」に近い。
おそらく、オーバーに描いている心算なのだろーが、
実は、俺の考え方にメチャメチャ近くてビックリした。
今まで俺の考え方に最も近かったのは、
『ダーマ&グレッグ』のラリーだったんだが。


あと…
エンディングの映像と楽曲が、もぉ~カンペキだ!
ハイスピ-ドカメラの高精細な映像が、断片的に過去の思い出と共に、ズバッズバッと次々に映し出されてゆく。
心臓をわし摑みにされたよーなカンジだ。
『風のガーデン』のエンディングも大好きだったんだが、
コイツもイイぜぇ~。
ちなみに、主題歌は、Superflyの「Wildflower」だ。
女の財布は見せるだけ!
d0012442_121277.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-09-20 09:38 | テレビ

ホタルノヒカリ2

ひうらさとる原作、綾瀬はるか、藤木直人主演の連ドラ。
全11回を見た。
かなり面白かった。
軒並み低調な夏ドラの中にあって、唯一、常に15%前後の数字を叩き出していたのも流石だぜ~。

コ、コレはっ…!!
まるでのだめと千秋そのものじゃねぇ~か!?
本来、のだめで見たかった2人のシーンを、そのままホタルとぶちょおでやっちゃったカンジだ。
個人的には、パート1より、はるかに面白かった。
つーか、パート1は、基本的に「素敵女子vs干物女」がテーマだったのに対し、
パート2は、「干物女とぶちょおと干物男子(しかも若い!)」と「干物女とぶちょおとぶちょおの元カノ(しかもカンペキな女性!)」の三角関係がテーマなので…
より純粋なラブコメに深化しているのだ。
三角関係とはゆーものの…
ま、一貫して、2人の互いに対する気持ちが1ミリもブレねーので、
メチャメチャ安心して見てられるカンジではあったけど。
むしろ、2人の、一向に進まねー恋愛関係の方がずっと気になっちゃったりして。

「縁側」とゆーキーワードで深くつながっている2人…
よーするに、2人とも、外では社会人としてバリバリ働いていて、
OFF=「縁側」=プライベートの価値観を共有出来るとゆー関係だ。

にしても、
「おばーちゃんのよーな愛に一生包まれていたい」ってのは…
ホタルはものスゲー甘えん坊だよな~。
それでも、今回は、結婚に向けてホタルなりに頑張っていた。
最終的に、「ぶちょおの縁側になりたい」って思えただけでも、かなりの進歩だぜー。

ぶちょお父(石坂浩二)には笑った!
だって…ホタルそっくりじゃん!!
つまり、ぶちょおにとって、ホタルは父親に代わるモノだったんだ~?
ナルホドねぇ~。

ホタル≒父親=縁側=おばーちゃん≒ぶちょお

って公式が成り立つワケだ。
コレじゃ、他人が2人の間に入れるワケがねーよな~?
なんか、結婚しちゃったみてーだけど…
んなコトど~でもイイから、この作品…ずっと続けてくんねーかな~?
パート3でも、スペシャルでもいーんで。
ハッキリ言って…
いっそ、この2人は永遠に寸止めでも構わねーです、俺は!

ゴロゴロゴロゴロ~…!
d0012442_22545894.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-09-18 09:48 | テレビ
スティーヴン・キングの『ダーク・タワー』シリーズは、
TVシリーズ+3部作映画化で進行中らしい。
どちらもロン・ハワードが監督するよーだ。
TVシリーズはともかく…
映画版は、誰か他の監督にチェンジしてくんねーかなぁ~?
ま…シャマランよりはいくらかマシだけど。

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-09-12 02:31 | ゴシップ/新作情報
ディーン・クーンツの『オッド・トーマス』シリーズの映画化が計画されているらしい。
スティーヴン・ソマーズが関わっているよーだ。
映画化はイイけど…
よりによって、スティーヴン・ソマーズかよ~。
ちょっとビミョ~だなー。
ロブ・ライナーとかだったら、もっと素直に喜べたのによー。
ヘンにちゃち~子供だまし映画にならなきゃいいが。
でも、まぁ…M・ナイト・シャマランよりはマシか?

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-09-12 01:42 | ゴシップ/新作情報