びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

タグ:のだめカンタービレ ( 20 ) タグの人気記事

二ノ宮知子の『のだめカンタービレ』が、映画化されるらしい。
それも、2部作で!
パート1は、2009年12月、
パート2は、2010年春に公開予定。
ノイタミナ枠のアニメ版が、6.6%とゆー高視聴率を叩き出したコトと、決して無関係ではあるまい。
また、早くも2009年秋には、アニメ版の第3シーズンも決定しているよーだ。
のだめづくしだな~~~!!

おお~っ!
まさか映画になるとは思わなかったぜぇ~。
コレで、数年後にハリウッドリメイクされたりしたら、笑えるんだがなー。
コメディとしては、アメリカより、韓国とか、香港の方が面白ぇ~と思うけど。

スッゲー楽しみだ~。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-12-10 21:25 | ゴシップ/新作情報
4~5回を見た。

妻は、「アニメを見ると、ドラマを見たくなるよね~」と言う。
まぁ…
たしかに、そーだし、のだめやゆうこのキャラは、かなりドラマ版入ってるとは思う。
でも、前回のシーズン1よりは、完成度が高いんじゃねーか?とも思う。
エピソードも、随分違うし。
独特の「深み」を感じる。

のだめと千秋の痴話喧嘩のシーンは、ドラマに負けず、良かったぜー。
たしか、俺の記憶では…
ドラマでは、のだめは最初、ドロップキックを見舞ってたと思うんだが、
おお~っ!
ホントは、ローリングソバットだったんスか~?
やるじゃねぇーか。
一方の千秋のファイトスタイルは、ミョ~に合気道っぽく見えるのは、気のせいだろーか?
やっぱ、名場面だぜー、ココは!
『赤灯えれじい』のクロスカウンターに匹敵するなー。
欲を言えば、「走馬灯」か「お花畑」のカットが入ってたら、もうカンペキだったんだけどなー。

やっぱ、何度聴いても、ゴスペラーズのオープニングテーマ「Sky High」は好きになれねぇ~。
てか、この作品に合わねーと思う。
「スカイ・ハイ」っつったら、プロレスに決まってんだろ!?みたいな。
逆に、宮本笑里×solitaのエンディングテーマ「東京 et 巴里」は、スゲーいい!
この曲=『のだめカンタービレ 巴里編』と言っても過言ではないくらい、いいぜー。

「のだめカンタービレ 巴里篇」東京 et 巴里ブログってのが公開中らしい。
ヴァイオリニスト=宮本笑里(みやもとえみり)とフランス人シンガー=solita(ソリータ)の、交換日記みたいなヘンテコなブログだ。
CDの宣伝のためなのか?
それともアニメの連動企画なのか?
よくわかんねーけど、読んでみるかー…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-11-09 10:15 | テレビ
2~3回を見た。

結構、ドラマと違うんでビックリだ。
プラティニ国際指揮コンクールが、たった1話で終了!…って、早っ!!
ユ…ユンロンて誰!?
ターニャが、なんか、セクシー系なんですけど~?
それに、ターニャは、プラティニ国際指揮コンクールに行ってね~し!

1stシーズンよりも、アニメーションが不自然じゃなくなってる。
やっぱ、この話はイイなぁ~。
すぐじゃなくていいから、ドラマの続きも、いつか見てみたいと思う。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-10-26 19:39 | テレビ
『のだめカンタービレ 巴里編』が始まった。

げっ!!
パリの街並が、なんか…水墨画みてーなんですけど~!?
な、なにゆえ~~~???

あと…
オープニングの曲が、すげーヘン!!

ま、いーや。
例によって、ドラマでは省略されたシーンもあり、興味深く見た。
ターニャとフランクのキャラクターのルックスが、ドラマとはあまりにも違うのでビックリした。
大家のオバサンが太ってたり。
あの名シーン…
千秋とのだめの大喧嘩は、ドラマのオルジナルだったのか~?

やっぱ、面白ぇ~。
でも、この放送は貴重だ。
原作者の二ノ宮知子が妊娠して、9月から産休に入ったため、原作は休載となったんで、
とーぶん続編は見られねーからだ。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-10-13 09:48 | テレビ

のだめ漬け

う゛う゛う゛っ…!!
正月以来、『のだめカンタービレinヨーロッパ』以外、見ていない。
てか、見させてもらえねぇ~。
なぜなら!
妻が、憑かれたよーに、毎日、『のだめ』を繰り返し見続けているからだっ!!
なっ、何がそんなに気に入ったんだ!?
妻的には、連ドラよりも、今回のスペシャルの方が良かったらしい。
4回目くらいまでは、回数を数えてたんだが…
最早、何回目だかわからねぇ~。
まるでのだめ状態なんスけど…
た、助けてくれ~~~
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-01-14 23:53 | テレビ
ブラボーッ!
素晴らしかった!!

第1夜は、千秋(玉木宏)編だった。
ビミョ~にみんな、髪型が違うよーな気がするけど。
あと、エリーゼ(吉瀬美智子)は、めちゃめちゃキャラが違ってたよーな…?
スペシャルなのに、本編と何ら遜色ない出来…
てか、海外ロケも入って、むしろグレードアップしてるかも!?
スペシャルじゃなく、パート2でも良かったんじゃねーか?とさえ思う。
タイトルバックやエンディングも、可愛い松の内バージョンになってたし!

新キャラのフランク(ウエンツ瑛士)とターニャ(ベッキー)がウザいんじゃねーか?とスゲー心配してたんだけど、どーやら杞憂だったよーだ。
2人とも、カンペキ!
実に見事に、導入部のエスコート役を演じてくれていた。

「負」のオーラ出しまくりの千秋は、『ハウルの動く城』みてーだったなぁ~。
千秋の指揮は、素晴らしかった!
豊穣で、光輝くよーなジャンの音楽に対して、
千秋の音楽は、深く、重厚で、哲学的で…
鮮烈な光と漆黒の闇の対比が、息をのむよーな精緻さで紡ぎあげられてゆく。
そして、千秋の、刺すよーな眼差し!
まるで、メフィストフェレスのよーだ!
黒い羽が!…って、カラスかよ!?
魂の、最後のひとしずくまで、しぼり出すよーな、完全燃焼の演奏だった。
欲を言えば、ジャン(ジリ・ヴァンソン)や片平(石井正則)のファイナルの演奏も聴いてみたかったな~。
にしても、千秋って、ホントにサディスティックなヤツだな~。
視聴率は、18.9%だったらしい。
ところで…「砂漠のプロメテウス作戦」って何だ~!?
ナメクジに塩をふるよーなコトを言わないで下さいよぉぉぉ!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-01-12 15:41 | テレビ
第1夜の「千秋編」に続き、第2夜は「のだめ編」だ。
天才ピアニスト=孫ルイ(山田優)という、かつてない強力なライバルの出現により、のだめは爆発的な進化を遂げる。
また、コンセルヴァトワールでは、のだめにとって初めての師=シャルル・オクレール先生(マヌエル・ドンセル)によって、のだめという「まだ誰にも磨かれたコトのない原石」が磨かれようとしていた。
孫ルイが弾いていたリストの「超絶技巧練習曲」をコピーして見せたものの、オクレール先生によって、あっさり否定されてしまう。
「テクニックに秀でた者など、他にいくらでもいる」と。
(が…!
実際には、この「超絶技巧練習曲」はとんでもね~難曲で、一流と称されるピアニストでも、コレを弾ける者は、ごくわずかしかいね~そーだ。
事実、この曲は「演奏不可能」とゆー理由で、何度も改稿されているし、決定稿となった今でも、「腕が3本必要」とまで言われているよーだ)
そして、のだめは、自らのアイデンティティの問題に直面する。
なぜ、何のために、ピアノを弾くのか?
さらに…作曲者が、その曲を通じて、何を表現したかったのか?
千秋の『ハウル』に対して、のだめは、『嫌われ松子』みてーだったな~。
テクニックではなく、譜面には記されていない、作者の「思い」をくんで、表現するコト…
加えて、「空間」とゆー概念まで、計算して、ピアノを弾けるよーになった。
曲を理解し、
正しく演奏し、
聴く人を楽しませ、
そして、自らも、共に音楽を楽しむ演奏…
もはや、「ピアノを弾く」のではない。
自らが、楽器となり、
「音楽そのもの」と化すのだ。
「人生の一部を音楽に費やす」のではなく、
「人生そのものを音楽に捧げる」のだ。
身も心も、何もかも。

グラフィック・デザインは、「真白な紙を、文字や写真やイラストで埋めてゆく作業」だ。
同様に、絵画は、「キャンバスを、絵の具で」…
彫刻や建築は、「空間を埋めてゆく作業」だ。
そして、
音楽は、「縦・横・高さ」の空間+時間、とゆー「時空連続体」を、音で埋めてゆく作業に他ならない。
いわば…
音楽とは、「空間を音によってデザインする行為」なのだ。

のだめは、覚醒しつつある。
千秋が「俺は、覚悟しておいた方がいい…」と言っていたよーに、この先、どんだけ化けるか?誰にもわからない。
俺の目には、のだめはクラシックのピアニストよりも、ジャズピアニストとしての方が、才能を100パーセント発揮出来るよーに思うんだが。
視聴率は、21%だった。
そして、ついに千秋は「ヘンタイの森」へ…!?

当初、「ヨーロッパ編は、ドラマ化不可能」と言われてたんで、続編は諦めてたんだけど、ホントに素晴らしい出来だった!
もう、のだめ=上野樹里、
千秋=玉木宏、以外は考えられねぇ~!!
時間がかかってもイイから…出来れば、このまま最後まで見てーなぁ~。
さすがヨーダでしょ?
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-01-12 15:41 | テレビ
2008年新春スペシャルドラマとして、『のだめカンタービレ』が2夜連続放送されることが発表された。
今度は、留学後のパリ編だ。
コミックはまだ完結してないみたいだし、第2部は海外編だし…ドラマ化は難しいんじゃないか?って言われてたし…
まさか、ホントに続くとは思わなかった!
秋に、約3週間の海外ロケが予定されているらしい。
メチャメチャ楽しみだ~!
[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-07-11 23:10 | ゴシップ/新作情報

のだめカンタービレ

アニメ版の「のだめカンタービレ」が終わった。
ドラマでははしょってたエピソードとかも見られて良かったけど…
ハッキリ言って、毎回、ドラマのシーンを思い出してしまった。
結局、如何にドラマが良く出来ていたか?を再確認するカタチになった。
アニメ版を見て感じたのは…
この作品の重要な要素の1つである演奏シーンがアニメでは難しい、とゆーコトだ。
予算的な問題なんだろーが…
いつも演奏シーンになると、動かねぇ~!
紙芝居みてーになっちまって…
実写と比べてしまうのだ。
媒体の違いは充分、わかってるつもりなんだが…
ど~しても、ドラマは良かったなぁ~!って思ってしまうのだ。
しかも、アニメと同じトコで終わるとは…
もっと先まで見たかったのに。
まぁ、たぶん、ココで第1部が完結なんだろーけど。
やっぱ、ドラマ版をも~1回、観よう…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-07-07 10:17 | テレビ

のだめカンタービレ

楽しみにしていたアニメ版の『のだめカンタービレ』が始まった。
久々のノイタミナ枠だ。
『獣王星』をたった1回でリタイヤして、
『働きマン』は1回も見なかったから。
………おおお~っ、同じだ!?
驚くほど、ドラマ版と同じだ!!
やっぱ、イイなぁ~、この話。
ドラマのDVDが出たら、もう1回、観よう…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-01-13 00:29 | テレビ