びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

タグ:スティーヴン・キング ( 33 ) タグの人気記事

【0.8点】

スティーヴン・キング製作、脚本のTVドラマ。
どーやら、複数のタイトルがあるらしい。
原題の『ストーム・オブ・ザ・センチュリー』をそのまま使ったタイトルも使われているよーだ。
思いっっっ切り、思わせ振りなワリには、何んにもない。
が、引っ張る力だけはあるので…
退屈せずに最後まで見られるものの、やっぱり特に何もないので、満足感もない。
災厄が実体化したよーな人物が現れ、人々に恐怖と無秩序をもたらしてゆく…
って、どっかで聞いたよーな話だと思ったら、キング自身の『ニードフル・シングス』に似ているのだ。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-10-31 23:51 | 地獄行き(それ以下)

グリーンマイル

【2点】

スティーヴン・キング原作、フランク・ダラボン監督、トム・ハンクス主演作品。
なんか…
世間では、「感動した」とゆー意見が多くみたいだが…
個人的には、そんなに感動するほどの作品ではなかった。
キリスト教的な意味合いが含まれていたのかも知れないが、俺にはよくわからなかった。
キングの原作の方は、6つの章を分冊にして、毎月1冊ずつ刊行して話題になった。
この作品では、怪優マイケル・クラーク・ダンカンの存在感が圧倒的で、この人を発掘したというだけでも、この作品には、充分、価値があるだろう。
この作品あたりから、以前と比べて、映画化作品もそれなりのクオリティをキープするよーになり、同時に、作家としてもスティーヴン・キングの再生が始まったよーに思う。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-10-30 23:14 | 地獄行き(それ以下)

黙秘

【2点】

スティーヴン・キング原作、キャシー・ベイツ主演作品。
キングには珍しく、ホラーではなく、サスペンス作品だ。
原題は、主人公の名前そのままの『ドロレス・クレイボーン』だ。
キングがキャシー・ベイツのために書いた作品らしい。
ベイツのアカデミー主演女優賞授賞作は『ミザリー』だが、演技としては、こっちの方がはるかに素晴らしいよーに思う。
個人的には、こーした道徳律の双眼鏡を逆から覗いたよーな作品は好きではないため、この点数としたが、コレは、キング作品としては、かなりちゃんとした映画だ。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-10-24 22:53 | 地獄行き(それ以下)

ニードフル・シングス

【0.8点】

スティーヴン・キング原作作品。
キャッスルロックとゆーキングの作った架空の町の物語。
町に骨董店が越して来て…
その店主は、町の人々の欲しいモノと交換に、金ではなく、風変わりな「ちょっとした願いごと」を要求する。
その「ちょっとしたイタズラ」は、実は、緻密に計算された邪悪な計画の一部なのだった…
って、あらすじを聞くと、結構、面白そーなんだけど、実際、映画を観てみると、メチャメチャつまらねぇ~。
作り方次第で、もっと面白くなったハズだと思うんだが…。
この頃のキング原作作品は、ハッキリ言ってサイアクだ!
まるで、詐欺の無限ループに陥った人みてーだ!
「今度こそ、面白いかも!?」
で、開けてみると「スカ」。
「コレは大丈夫じゃねーか!?」
で、開けてみると、またまた「スカ」。
そんなコトの繰り返しだ。
でも、いくら「スカ」を引いても、ごく稀に『スタンド・バイ・ミー』みたいな名作に当たったりするから、キング作品はやめらんねーんだよなぁ~…
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-10-23 22:56 | 地獄行き(それ以下)

ダーク・ハーフ

【1点】

スティーヴン・キング原作、ジョージ・A・ロメロ製作、監督、脚本作品。
ダーク・ハーフ…つまり、自分のペンネームが殺しに来る話。
ヒジョ~につまらなかった!
この頃のキングは、サイアクだ。
「キング・オブ・ホラー」と呼ばれ、新作は必ずベストセラーになり、更に映画化される…
世界のホラーの巨匠たちとも親交を結ぶよーになり、「コラボ」っつーんですか?
「共作」や「競演」といった試みもするよーになった。
でも、作品の内容的には、つまんねぇ~モンが多かった。
てか、もともとキングの作品は、ホラーなんだけど、コワくないのばっかなんだけど。
原作の時点で、すでにつまんねーんだから、ソレを映画化して面白いハズがねぇ~!!
この作品は、キング自身もリチャード・バックマンとゆーペンネームを使っていたコトから着想した作品だ。
ちなみに、バックマン名義の作品は『ハイスクール・パニック』『死のロングウォーク』『ロードワーク 最後の抵抗』『バトルランナー』『痩せゆく男』『レギュレイターズ』の6作で、
日本では、最初から「リチャード・バックマン(スティーヴン・キング)」とゆー売り方をした。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-10-21 08:13 | 地獄行き(それ以下)

スリープウォーカーズ

【0.1点】

スティーヴン・キング脚本作品。
ジョン・ランディスやマーク・ハミルが出ていたり、キングをはじめ、トビー・フーパー、ジョー・ダンテ、クライヴ・バーカーまで出ている。
おまけに、挿入曲はエンヤだ。
でも、なんか…
何もかも、ムダだ。
すんげーショボいんですけど~?
コレじゃ、TVで観ても怒るかも…。
『キャットピープル』の方が、100倍面白い。
と言っても、『キャットピープル』だって、そんなに面白いワケじゃないんだが…。
ハッキリ言って、キングは脚本家には向かねーんじゃねーかと思う。
ひょっとすると、奥さんの方が向いてるかも知れない。
ちなみに、キングの奥さん=タビサ・キングも作家としてデビューしている。
『スモール・ワールド』は、いまいちだったけど、着想自体は面白かった。
荒木飛呂彦が『ジョジョの奇妙な冒険』の「ストーンオーシャン」でパクってたっけ。
まさか…
『クリスティーン』でクルマ好きをターゲットにしたから、今度は猫好きをターゲットにしたってコトなのか?
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-10-19 23:09 | 地獄行き(それ以下)
【1点】

スティーヴン・キング原作作品。
原作は『やつらはときどき帰ってくる』とゆー短編だ。
ホラーだけど…ちっともコワくねーし、面白くもねぇ~。
でも、キング作品は、ソレがフツーだが。
で…ブロスって何なんだ!?
『IT/イット』みたいな話。
てか、『IT/イット』はテレビ作品だが、この映画よりも、はるかに良く出来ている。
どっちもB級であるコトにかわりはねーんだが…
なまじ似ているだけに、モロに成功例と失敗例みたいなカンジだ。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-10-18 22:47 | 地獄行き(それ以下)

クリープショー2/怨霊

【1点】

スティーヴン・キング原案作品。
ジョージ・A・ロメロは監督ではなく、脚本で参加したよーだ。
なんか…
思いっっっ切り、「内輪で楽しく作ってます~」みたいな。
っても、観る方は、そんなに楽しくねーけど。
コレをTVでやってくれたら、けっこーウレシかも?
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-10-18 22:37 | 地獄行き(それ以下)

クリープショー

【1点】

スティーヴン・キング脚本、ジョージ・A・ロメロ監督作品。
可もなく不可もなく…
ってカンジだ。
いちおーホラーだが、全くコワくはない。
基本的に、こーしたオムニバス形式の作品の99パーセントはつまらね~と相場が決まっている。
コレも、決して面白いワケではないが、わりとマシな方だと思う。
ストーリーを楽しむとゆーよりも、むしろ雰囲気を楽しむよーな、たわいない作品だ。
全体にダークなテイストではあるものの、ポップな雰囲気もあり、とてもロメロの作品とは信じがたい。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-10-16 23:08 | 地獄行き(それ以下)

地下室の悪夢

【0.1点】

スティーヴン・キング原作作品。
なっ、何だこりゃ~?
原作は、もーちょっと面白かったよーな気がしたんだが…
悪い意味でモロにB級。
か・な・り…つまらねぇ~!
TVか自主製作ならともかく、劇場公開作品でコレは、いくらなんでも、ちょっとヒド過ぎだ!
ホントに面白い作品を作る気があったのか、非常に疑問だ。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2006-10-13 22:28 | 地獄行き(それ以下)