びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

タグ:スティーヴン・キング ( 33 ) タグの人気記事

IT/イット

【82点】

●これは映画ではない。TVのスペシャル版である。
●スティーブン・キング原作の作品は大抵、つまらねーが、コレは別。非常に上手い作りになっており、前半はフックだらけで、力まかせに後半へと引張る仕掛けが施されている。TV特有の「チャチさ」もあるものの、それも含めて楽しめる人には、かなり面白いハズである。
まぁ、出世作の『キャリー』は別としても、『炎の少女チャーリー(それにしても、すげータイトルだ。原題は「ファイア・スターター」なんだが…)』『シャイニング』『死霊伝説(笑える。吸血鬼に襲われた女性が、「キャ~ッ!!」とか悲鳴を上げながら、グーパンチで吸血鬼を殴り倒したシーンでは、爆笑してしまった。タイトルもヒドい。「死霊」流行りだったんだろ~が、なぜ吸血鬼ものなのに「死霊」なんスか?ちなみに、原題は「セイレムズ・ロット」という、キングの創造した架空の町の名前がタイトルになっていた。言うまでもなく、コレは、かのラヴクラフトの「アーカムズ・ロット」へのオマージュである)』『クリスティーン』『チルドレン・オ ブ・ザ・コーン』『ペットセメタリー』『デッドゾーン』『クージョ』『ブロス』『ローズレッド』『ダーク・ハー フ』『バトルランナー』『ミザリー』『黙秘』『地下室の悪夢』『スリープウォーカーズ』『ランゴリアーズ』『悪魔の嵐』『ニードフル・シングス』『グリーンマイル』『ドリームキャッチャー』…ちょっと思い浮かぶだけでも、かなりの数に上るが…これらと比べれば、かなり面白いんじゃねーかと。
(それにしても、よく文句を言いつつも、こんだけ見たもんだ!マジで、我ながら、開いた口が塞がらね~です…)
d0012442_19322930.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-06-02 19:27 | 地獄行き(それ以下)
【5点】

正直、かなり迷ったが、結局、また最後まで見てしまった…。
毎回、ダマされるとわかっていて、結局、全部見てしまうのである。マジでキング原作の映画って、ほとんど見ている気がする…。昔、TVでやっていたUFO番組や、川口探検隊や、徳川埋蔵金や、超能力で行方不明者を探す番組と似ているかも知れない。否、ひょっとすると、俺自身がダマされたいのかも知れない…!?
d0012442_958837.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-03-20 22:28 | 地獄行き(それ以下)
【5点】

●デンマークのTV作品(こっちの監督は、なんとあの『ダンサー・イン・ ザ・ダーク』『ドッグヴィル』のラース・フォン・トリアーである!)のパクリかと思ったら、フツーにリメイクだった。やっぱ、いつも通りスティーヴン・キング作品は、、ホラーなのにちっともコワくない。ごくフツー。…って、キングはソレでいいのだ。つーか、たぶん、ソコがいいのだ。毎回、文句を言いながら、また次も見てしまうのである。4~6巻が出たら、結局全部、見てしまうんだるなぁ~と思う。フシギだ…
●デンマーク作品のどろどろした不気味さは一掃され、逆に透明感のあるハイセンスな映像に生まれ変わっている。(特に、冒頭のテーマ曲のビデオクリップのような映像は秀逸!)が、オリジナルは特にストーリーもなく、その不気味さだけがウリだったので、それを失くしてしまうと、この作品には何も残らない。ソコを上手く、しゃべるアリクイと一見するだけでギョッとする扮装の謎の少女というキャラクターだけで引っ張ってゆくのは見事、というか流石である。
●何か、最初の主題歌の部分がなぜかムショ~に好きなのである。自分でも理由はわからないが、クライヴ・バーカーの『ダムネーション・ゲーム』を想い出すのである。コレって、本編とは何の関係もないのだが、映像も音楽も美しく、クセになりそうだ!そーいえばツインピークスの時も、あのネットリとした麻薬的なテーマ曲にヤラレたんだったっけ…。TVシリーズにとっては、コレもまた、大切な要素の一つなんじゃないかと思う。(ちなみに、メインテーマはIVYの「Worry About You」という曲らしい)
d0012442_9591768.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2005-01-03 19:58 | 地獄行き(それ以下)