びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

タグ:トム・リーミイ ( 1 ) タグの人気記事

コレは、トム・リーミイの唯一の短編集だ。
ずっと探していた。
デビューして、すぐに死んでしまったから、彼の著作が読めるのは、この本と、もう1冊…
唯一の長編小説だけしかない。
『トウィラ』は衝撃的だった。
須永朝彦の『天使』や花輪和一や鈴木清順の『木乃伊の恋』を想い出した。
独特の作風は、たしかに魅力的なんだが…
個人的には、メチャメチャ「好きだ」とは言えないな~。
ダークなのは、別に、全っ然、構わねーんだけど、何つーか…異常に病的で、邪悪なのだ。
生理的な嫌悪感を喚起させるんだよなー。
異質な光芒を放つ、貴重な作家ではあるが。
d0012442_12391246.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-02-03 13:19 | 文学