びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

タグ:真木よう子 ( 15 ) タグの人気記事

週刊 真木よう子

9回「蝶々のままで」を見た。
タナダユキ脚本・演出・監督作品。
この監督の作品が見てみたくて、見た。
でも…
ザンネンながら、あんまり面白くなかった。
タイトルの「蝶々」は、真木よう子を指すらしい。
「ブスで根暗で無趣味な主人公が、ある日、突然、美容整形で真木よう子になったら…」とゆー話。
女性監督ならではの切り口を期待して見たんだが、逆にマイナスのよーな。
なーんか、暗ェ~し。
・真木よう子=美人=蝶々。
・過去の主人公=ブス=青虫。
とゆー対比も…何つーか、あまりにもフツーだ。
「美人になっても、中身は変わらないから、幸せになれない」とか、
「美人になっても、いいコトなんかなかった」とか、
「美人になったら、逆に、フツーの幸せが手に入らなくなった」とか…
すっげぇ~マイナス思考だよなー。
つーか、この作品のターゲットは誰ですか?みたいな。
オトコには、こんな話、つまんねーし、
オトコがターゲットじゃねーなら、あとはオンナしかいねーワケだが、
そもそも、オンナがこの番組を見てんのか?大いに疑問だ。
更に、オンナがこの作品を見て、共感出来るか?とゆーと、もっとアヤしい。
もしも、オトコもオンナもターゲットじゃねーとしたら…
ひょっとして、コレって、「業界の人のみをターゲットにした、真木よう子やタナダユキを売り込むためだけのプロモ」ですか~!?とさえ思える。
何にせよ、面白くねーモンは、面白くねーっス。

この作品の発想の起点は、「ある日、突然、真木よう子になっちゃったら…」とゆーネタだ。
全く同じストーリーでも、描き方一つで、いくらでも面白い話になったハズだ。
が、この監督は、敢えてソレをしていない。
「エンターテイメント?何ですか、ソレ?」みたいな印象を受ける。
ど~せなら、「真木よう子の穴」にして、色んな人が、誰でも真木よう子になっちゃったり、
男女が入れ替わって、オトコが真木よう子になっちゃったり…
って方が、はるかに面白かったと思うけどなー。
折角だから、美人にしときました。
あと、巨乳にも。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-05-31 13:40 | テレビ
「エピソード4ex」となっていた。
「過去を振り返る」とゆーカタチの…
よーするに、よくある総集編っつーか、映画版の長い宣伝みたいなカンジだった。
まぁ、久々にこの独特の雰囲気に浸れて、マンゾクだった。
でも…やっぱ、個人的には、カットされてない分、本放送時の方が楽しめたよーに思う。

それにしても、何度見ても、このラストシーンは、カッコイイよな~!?
ほとんど「反則」に近いけど。

映画版は、どーやって続ける気なんだろ~か?
フツーに、そのまんま続けるんだろーか?
一体、ドコまで構想があるのか、よくわかんねーけど…
まさか、コレ、『スター・ウォーズ』じゃねーよな!?
井上(岡田准一)=ルーク・スカイウォーカー
笹本(真木よう子)=レイア姫
尾形(堤真一)=ダース・ベイダー
麻田総理(山本圭)=皇帝
…なんてコトはね~よな!?
山本(松尾諭)と石田(神尾佑)が、C-3POとR2-D2だったりして!?
まさかな…?
そんなコト、ねーよな?
ハン・ソロも、ヨーダも、出て来ねーし。
尾形が井上の実の父親だったりしたら、笑っちゃうし、
笹本が実の妹だったら、尚更だもんな~?
でも、井上=ジェダイ(もしくはニュータイプ?)って想定は、結構、面白ぇ~と思うんだけどなー。
何か、全然、別の話になっちゃいそーだけど。

とにかく、映画版が楽しみだぜぇ~!
つづく。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-04-06 08:47 | テレビ

週刊真木よう子

第1話「ねぎぼうず」を見た。
つまらなかった!
スタッフもキャストも、錚々たる顔ぶれがそろってるってのに、肝心の初回がコレかよ!?
実をゆーと、ものスゲー期待してたので…
かなりショックだった。

妻「コレは…おっぱいを見せるためだけの番組ですか~?」
俺「あー……たしかに、そ~かも………」
絶句するしかなかったんスけど。

ホント…
企画としては、面白かったのになぁ~。
ザンネン。
たぶん、もう2度と見ねーと思う。
あっ…三木聡監督の回だけは、見よーかな?

『週刊真木よう子』は、も~いいや!
次は、『週刊真矢みき』にしてくれ。
別に、エロなんか入れなくてイイから。
ストーリーで勝負してくれよ。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-04-06 01:51 | テレビ
やっぱ、映画化するらしい!
スタッフもキャストも、そのままで。
2009年公開予定。
たしかに…その方がイイと思う。
この作品は、スペシャルや2ndシーズンをやるよりも、映画で、ちゃんとしたエピソードを作っていった方がぜってぇ~イイ。
年1本のペースで、とりあえず、5本くらい撮っちゃって下さい!
もー、ハッキリ言って、『踊る』シリーズなんかど~でもイイ。
当分、こっちメインでお願いしたいっス~。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-04-05 12:12 | ゴシップ/新作情報

ロス:タイム:ライフ

8回、真木よう子編を見た。
………つっ、つまらん!!
全く、意外性のねー展開にガッカリだ。
女部長の言動も、常識の範囲内だったし。
コレじゃ、あまりにもフツーだ。
せっかく、変わった設定なのに、肝心のストーリーが凡庸なんじゃ、話にならね~。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-03-30 23:07 | テレビ

SP(エスピー)

最終回を見た。
面白かった。
やっぱ、全員、生きてたか~!!
でも…いくらなんでも、全員、気絶はしねーと思うが。
いや~、スッゲー所で終わるなぁ~!
『激!!極虎一家』みてーだ。
まぁ、相変わらず、アクションとしては、ユルめの話ではあるけど。
テロリストがなぜ3人必要だったのかも不明だし。
マヌケなナイフ男が、井上(岡田准一)に対するオトリだってのは良しとしても…
狙撃男の存在意義は、ど~考えたって、全くねーと思うんだが?
わざわざペイント弾で狙撃する必要が、どこにあるのか?
実弾で撃ってれば、その1発で全て終わってたモノを…
意味わかんねぇ~!!
3人とも、実弾で、同時に狙う…ってんなら、わかるんだが。
それとも、ヤツらの目的は、最初から、首相暗殺ではなかったのか!?
「大義」って何なんだ!?
続編もイイけど…
俺は、このドラマは、コミカルなシーンの方が好きなんだよな~。
深夜の帯番組でイイから…
是非、『裏SP』作ってくんねーかなぁ~?
でも…
つづく。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-01-29 22:41 | テレビ

SP(エスピー)

10回を見た。
面白かった。
が、何だか、よくわかんねー回だった。
例によって、井上(岡田准一)の妄想シーンと現実の境界が曖昧で、わかりにくい。
つーか、ひょっとして…コレ全部、井上の妄想なのか!?みたいな。
でもな~、こーゆうシリアスモードに入っちゃうと、コミカルな部分の比率が激減しちゃうんだよな~。
今まで、せっかく作って来た砂の城を「ぶっ壊して終わり」じゃありませんよーに!
映画版か、続編作って欲しいんスけど~?
3人のテロリスト…
あり得ねぇ~!!
でも…
つづく。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-01-29 22:40 | テレビ

SP(エスピー)

9回を見た。
面白かった。
この作品は、基本的に「事件(警護)現場」と「デスクワーク風景」を交互に映してゆく構成になっており、
いわゆる「ON」と「OFF」…
言い換えると、「動」と「静」、「緊張」と「緩和」の対比を成すよーに計算されている。
「動」の場面では、シリアスなアクションやサスペンスを見せ、
「静」の場面では、コミカルなギャグを見せる。
このプロット自体は、『踊る大捜査線』や、そのネタ元である『機動警察パトレイバー』と何ら変わらない。
が…
この作品の「静」の場面には、従来の作品みてーに、「ぬるま湯」的なダラダラ感がない。
意図的に排除されているのだ。
コミカルでありながら、ビミョ~な緊張感を全編、保っている。
この緩急こそが、この作品のキモと言っても過言ではない。
この感覚…少なくとも、俺は好きだ。
てか、日本の刑事ものの、幼稚園みて~なベタベタした馴れ合いがキライだ。
しかし、最終話で、やっとエピソード4か…!
エピソード0を足しても、全5話で完結かぁ~。
このペースだったら、2クールくらい見たかったっス~。
つーか、もっと壮大な話でも良かったかも?
この作品は、岡田准一単独主演になってるから、他のメンバーには、ほとんど焦点が当たらない。
1話ずつくらい、彼等のエピソードがあっても良かったなー。
でも…
つづく。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2008-01-29 22:40 | テレビ

SP(エスピー)

7回を見た。
面白かった…の、かな?
てか、ひょっとして、まだ続くのか?とさえ思った。
やっと、「馬ズラ警護編」が終わった。
基本的に、面白ェ~んだが…
やっぱ、3回も引張るのは長過ぎると思う。
3回も引張って、このオチとなると…かなりソンした気分になってしまう。
このオチならば、もっと簡潔に、1話完結で見せるべきだった。
せっかく面白い作品なのに、こんなブツ切りで見せられたら、面白いモンも面白くなく見えてしまう。
勿体ねぇ~。
必ず、ラストにフックを仕掛ける、とか…
もーちょっと見せる工夫をした方が良いと思う。
あと、第3話は、コミカルなテイストが不足していたよーに感じた。
この作品は、『踊る大捜査線』や、その元ネタである『機動警察パトレイバー』同様、シリアスな部分とコミカルな部分の比率が非常に重要なのだ。
つづく。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-12-24 01:24 | テレビ

SP(エスピー)

8回を見た。
面白かった。
今回は、文句なく面白かった。
いっ…いきなり、エピソード0に戻ってるし!!
面白い構成だ。
笹本(真木よう子)が、後輩の山本(松尾諭)を可愛がるシーンと、庶務課の原川(平田敦子)と井上(岡田准一)のカラミがサイコーだ。
疫病神…なのか?
つづく。
[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-12-24 01:24 | テレビ