びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke
宮沢賢治作
小林敏也画
絵本『黄いろのトマト 博物局十六等官キュステ誌』を読んだ。

実をゆーと…
『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』や『猫の事務所』『セロ弾きのゴーシュ』『よだかの星』などといった有名な作品と違って、どちらかとゆーとマイナーな作品だったので、全く期待せずに読んだ。

…が!
イイぜっ!!
コレ、イイっス!!
ちょっとイラストのタッチがパウル・クレーとか、安野光雅に似てるんで、
オリジナリティって意味ではイマイチかも知んねーけど、
単独の絵本としては、非常に完成度が高ぇ~と思う。
センスも良いし!
タイポグラフィもバッチリだし!
全てが計算され尽くしているカンジだ。
おそらく、この小林敏也って人は、そーとークレバーな人なのだろう。
「業師」っつーか。
そして、何よりも、色が素晴らしい!!
絵本としての完成度は、あるいは名作『よあけ』にも匹敵するかも知れねぇ~。
個人的には、『よあけ』の方がはるかに好みだが。
幾何学的な作品よりも、自由曲線による作品の方がスキなんで…。

特に後半の、幻想的なサーカスの象の描写は秀逸だ。
「白い四角なもの」としか本文では描かれていねーし、
イラストでも、「白いきれを四方にさげた、日本の蚊帳のようなもん」を忠実に描いているだけだ。
が…よく見ると、このイラストの背景は、象の輪郭になっているのだ。
又、各ページの下には、黄色いシミのよーなもんが付いているが、
よくよく見ると、黄色い色玉の中に、ノンブルが入っているのだ!
芸が細けぇ~っつーか、完璧主義っつーか…

全編、水彩画によるイラストだが
色のにじみ、組合せの計算がはぼカンペキに成されている。
「変に赤くどんより」なったお日さまや、ちぎれ雲、
サーカスに集う矢印たちの足元に映る影、
そして、ラスト2ページの、「まっくらな丘」から「あんまりの明るさ」への転調がサイコーだ!
さらに何より、主役である蜂雀が、ちっこくて実に愛らしい。
色も明るく、全体的に楽しい色調となっている。
「よくココまで作り込んだな~」とゆー印象だ。
コレは、ある意味、「偉業」と言って良いのかも知れねぇ~。

ペムペルとネリは毎日お父さんやお母さんたちの働くそばで遊んでゐたよ
d0012442_83592.jpg
黄いろのトマト

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-11-16 08:07 | 文学

雨ニモマケズ

宮沢賢治作
小林敏也画
絵本『雨ニモマケズ』を読んだ。
この本には、いちおー「画本」って書いてあるけど、
分類上、ここでは「絵本」ってコトにさせてもらうぜー。
めんどくせ~から。

コレは、没後、発見された、いわゆる「雨ニモマケズ手帳」の51~60頁だ。

小林敏也の版画が、味があって、かなりイイ。
特に、ユキヒョウが可愛いぜぇ~。
あと、ツバメとカエルも。
ただ、ちょっとザンネンだったのは…
本文と版画の中の文章が重複している点だ。
コレは、ハッキリ言って、どっちか1つで良かったと思う。
活字で本文を読んで、絵を見ると、絵の中にも同じ文章が描かれている。
クド過ぎんだろー、コレじゃ。

最近じゃ、版画なんて目にするコトはほとんど無くなったけど、
やっぱ、イイな~。
こーゆうのも。

俺も…
こんな俺でも、、
「サウイフモノ」になりたい。とは思う。
でも、きっと、永遠に無理だろーなぁ~。

サウイフモノニ
ワタシハナリタイ
d0012442_8423037.jpg
雨ニモマケズ

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-11-01 22:50 | 文学

花のうた

おーなり由子の絵本『花のうた』を読んだ。
うわぁぁぁ~っ、
中学生の女の子の詩みてーなのが、いっぱい…

すみません。
ごめんなさい。
無理です。
さよーなら。
お元気で。

d0012442_20315980.jpg
花のうた

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-05-29 20:33 | 文学

空のうた

おーなり由子の絵本『空のうた』を読んだ。
うわぁぁぁ~っ、
中学生の女の子の詩みてーなのが、いっぱい…

すみません。
ごめんなさい。
無理です。
さよーなら。
お元気で。

d0012442_20271643.jpg
空のうた

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-05-29 20:30 | 文学

しあわせな葉っぱ

おーなり由子の…
コレは、絵本なのか?マンガなのか?よくわかんねーけど、
『しあわせな葉っぱ』を読んだ。

ある日、アタマのてっぺんから、葉っぱが生えて来て…とゆー話。
と聞くと、カフカの『変身』みてーだけど、そーゆうシュールな話ではない。
何つーか…
教訓っぽい、っつーか。
説教くせぇ~っつーか。
俺みてーな天邪鬼には、全く向かない本だ。
コレは、もっと素直な人たちのための本だ。おそらく。

子供の頃も、
「推薦図書」なんてシールが貼ってある本は、死んでも読まなかったからな~。
意地でも、読まなかった。
「感想文を書け」なんて言われたら、一切、読まずに書いたから。
あとがきの丸うつしとか、他人の感想文の丸うつしとかすらしなかった。
全部、想像のみで書いた。いくらでも。
ったく、ろくでもねーガキだな~。
…って、俺か~?
d0012442_201451.jpg
しあわせな葉っぱ

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-05-29 20:05 | 文学

ラブレター

おーなり由子の絵本『ラブレター』を読んだ。

人を愛する気持ちを描いた作品だ。
「あばたもえくぼ」みたいな話。
つーか、この出来損ないのドラえもんみてーなのは、一体、どーゆう生き物なんスかねぇ~!?
とても地球上の生物とは思えねーんですけど!?
バケモノっつーか…
いくら「あばた」っつっても、限度があんだろ~?みたいな。

すき

d0012442_247566.jpg
Love Letter

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-05-20 22:42 | 文学
おーなり由子の絵本『モーラと私-An endless green field of hope』を読んだ。
子供の「見えない友達」の話。

あまり面白くない。
ってか、フツー。
『いけちゃんとぼく』と『ミラクル7号』を足して2で割ったよーな作品。

例によって、一切、「毒のない話」だ。
「毒にもクスリにもならない」ワケじゃなく、
クスリにはなる。
おーなり由子の作品は、「こころのクスリ」みてーな本ばっかだが、
みんな、ほんのり甘いんだよなぁ~。
ベタ甘じゃねーけど。
もっと苦くてもイイのに。
「このクスリ…たぶん良く利くと思うけど、ひょっとしたら、飲むと死んじゃうかも知れない」
くらいがイイなぁ~。俺は。
d0012442_2521373.jpg
モーラと私

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-05-20 22:41 | 文学
おーなり由子の絵本『うれしいことインタビュー』を読んだ。
たぶん、幼児向けの本だ。
ホンキでつまらなかった。
幼児の頃に読んだら…
ひょっとしたら、ハマってたのかも知れねーけど。

よーするに、「インタビューごっこ」の話。
ヒネリも何もない。
ただひたすら、動物や物にインタビューし続ける。
それだけの話。

あと…
気のせいか、猫のあつかいが悪かったよーな気がするんだけどなー。
ま、別にい~けど。
d0012442_12371088.jpg
うれしいことインタビュー
[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-05-20 22:39 | 文学
おーなり由子の絵本『ミルクのお茶 Girl friends’ milk tea』を読んだ。
「犬の絵本」シリーズ。

「犬の絵本」と言っても、犬の生態を描いてるワケじゃねぇ~。
アニメ版『銀河鉄道の夜』みてーに、登場人物を「擬犬化」してるだけだ。
『銀河鉄道』は、猫だったけど。
女同士の親友の話。

いい話…なんだろーな、たぶん。
俺にはよくわかんねーけど。
ミルクだらけの まぬけなお茶
d0012442_2391522.jpg
ミルクのお茶

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-05-17 23:11 | 文学

ねえ、マリモ

やまだけいた文
さかざきちはる絵
の絵本『ねえ、マリモ』を読んだ。

………?
ってカンジだ。
映画『ねえ、マリモ』を絵本化した作品。

なぜ「………?」なのか?っつーと、
この本のターゲット(読者)が、一体、ど~ゆう世代を想定して書かれているのか?イマイチよくわかんねーのだ。
活字もデカいし、絵も単純なので、
一見、幼児向けの作品にも見える。
が、描かれている内容は?とゆーと…
「ペットの死」なのだ。
果たして、ホントにこの作品を読んで、幼児が「死」とゆー概念を理解出来るんだろーか!?
ヒジョ~に疑問だ。
だとすると、
実際のターゲットは大人ってコトになるワケだが…
ちょっと大人が読むには、間延びしたカンジだし。
んじゃ、コレ…一体、誰が読むってんだ!?
まさか、「犬のための絵本」でもあるまいし…
ハッキリ言って、コンセプトが甘い。
「映画グッズの1アイテムとして、とりあえず出しときゃ売れんだろ」程度の志しか感じられねぇ~。


それと、やっぱ…
「愛してくれて
ありがとう」
じゃなくて、
「大好き」
だと思うんだけどなぁ~。最後は。
犬は「愛してくれてありがとう」なんて、絶対に言わねーと思うんだよな~。
この「愛してくれてありがとう」って言葉には、
「感動させてやろう」「泣かせてやろう」とゆー作り手の打算が、スケスケに見えちまってて、バカっぽいのだ。
もしも、ホントに犬がしゃべったら…
そんな客観的な意見なんかじゃなく、
もっと強い、
もっとストレートな、
ホントに純粋な気持ちを単純な言葉で伝えるハズだ、と思うのだ。
それは、
「ありがとう」
でも
「好きだった」
でもなく、
「大好き」。
この世で一番、単純で、強い言葉。
絶対、この言葉以外はあり得ねーと思う。
少なくとも、俺は。
d0012442_23124044.jpg
ねえ、マリモ

[PR]
by inugami_kyousuke | 2010-05-17 23:00 | 文学