びぶりお・まにあの詩


by inugami_kyousuke

カーズ

【12点】

ヤバい!
この作品を観ると、街のクルマが、ぜんぶ顔に見えて来るぜっ!!
俺は、クルマ好きじゃね~んで…
別に、多少、速かろーがカッコ良かろーが、クルマがしゃべろーが…
全くキョーミね~んだけど。
クルマ好きには、きっとメチャメチャ楽しー作品に違いない。
が、しかし!
それでも、ピクサーの技術は、相変わらず素晴らしい。
細部に至るこだわりは、他社の追随を許さね~。
キャラクターの動きが独特で…
『アイスエイジ』に近い。
キャラクターの移動速度の緩急が絶妙だ。
画面の端っこの、えっれぇ~細かいトコロまでバラバラに動いていて、滑らかなアスファルトの上を滑走する感覚を実感出来て、すっげ~キモチいい!
よーするに、「実力もあって、成功して、チヤホヤされて…舞い上がり、完全に自分を見失っていた者が、突然、強制的に、今までとは全く違う環境に放り込まれ、環境から学び、奢りを捨てて、自分を見つめ直し、本来の自分を取り戻す」話。
d0012442_17261694.jpg
d0012442_1726187.jpg

[PR]
by inugami_kyousuke | 2007-08-22 23:56 | 地獄行き(それ以下)